グリコアルブミン, GA (glycated albumin) 
平成23年7月7日より院内実施

外注会社: BML(〜平成23年7月6日まで:測定方法: HPLC法)

 

臨床的意義
 
グリコアルブミン(GA)は、アルブミンの生体内半減期が17〜23日であることから、過去2週間程度の血糖コントロール状態を反映して変動するといわれてきた。近年の理論的および実験的研究では、HbA1cは過去100日程度、GAは過去40日程度、フルクトサミンは過去30日程度の加重平均血糖を反映していると報告されている。GAの生成速度がHbA1cの4〜6倍であることやアルブミンの血中半減期が短いことから、GAはHbA1cよりも血糖値の変動に比較的速やかに応答して推移する。すなわち、GAは、赤血球寿命の短縮やHbの産生や性状に異常が生じてHbA1cの測定値が信頼性に欠ける場合、短期間に加療の効果を把握したい場合、HbA1cではとらえられない比較的短期の急激な血糖コントロール状態の変動を追跡したい場合、などに有用な指標となる。GAは、アルブミンの血中半減期変動や加齢が測定値に影響を与える。例えば、少年期や成人と比較して、蛋白質の代謝回転が大きく血清蛋白質の濃度が低くなる乳幼児期において若干低値を示す。GAは、食事や運動などにより急激に血糖値が変動した場合でも変化せず、日内変動もみられない。

異常値を示す疾患
高値疾患: 肝硬変、甲状腺機能低下症、栄養摂取障害

低値疾患: ネフローゼ、甲状腺機能亢進症、大量失血

測定方法: 酵素法

測定機器: 
日本電子BM8040(平成26年3月24日より)

日本電子BM2250(平成23年7月7日より)

基準値: 11.0〜16.0%(平成23年7月7日〜
      
11.3〜16.7%(平成23年7月6日まで)

採取容器:茶)生化学一般用分離剤入り試験管

関連項目

血糖
1,5AG
フルクトサミン
HbA1c


先頭に戻る
       糖質関係ページに戻る