麻酔科蘇生科 独自HP

麻酔科蘇生科とは

麻酔科蘇生科の外来は,大きく分けて"麻酔と手術を安全に行うために手術前の患者さんの身体の状態を評価する外来(術前外来)"と,"痛みを診療する外来(ペインセンター)"の2つがあります。

医師のご紹介

医師
麻酔科蘇生科長
森松 博史 教授
[麻酔科学,集中治療医学]

スタッフ

武田 吉正准教授(集中治療部)[麻酔科学,集中治療医学]
佐藤 健治准教授(麻酔蘇生学)[麻酔科学,ペインクリニック]
岩崎 達雄准教授(小児麻酔科)[麻酔科学,集中治療医学]
小林  求講師
(周術期管理センター)
[麻酔科学,集中治療医学]
賀来 隆治助教[麻酔科学,集中治療医学,ペインクリニック]
清水 一好助教[麻酔科学,集中治療医学]
松﨑  孝助教[麻酔科学,集中治療医学,ペインクリニック]
松岡 義和助教[麻酔科学,集中治療医学]
佐々木俊弘助教[麻酔科学,集中治療医学]
末盛 智彦 助教 [麻酔科学,集中治療医学]
谷口  新 助教 [麻酔科学,集中治療医学,ペインクリニック]
林  真雄助教[麻酔科学,集中治療医学]
金澤 伴幸助教[麻酔科学,集中治療医学]
杉本健太郎助教[麻酔科学,集中治療医学]
鈴木  聡助教[麻酔科学,集中治療医学]
谷 真規子助教[麻酔科学,集中治療医学,医学教育]

※[ ]内は専門領域

麻酔科外来(術前外来):医科外来診療棟4階
 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
術前外来佐々木 俊弘小林 求松﨑 孝 賀来 隆治松岡 義和
ペインセンター外来(痛みの外来):歯科外来診療棟3階
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
痛みの外来(予約) 賀来 隆治 休診 休診 休診 休診 休診 休診 松﨑 孝
谷口 新  
  佐藤
健治
 
神経ブロック
(透視下)
担当医     担当医
新患外来
(午前のみ・予約)
担当医       担当医

★ 初診・再診ともに完全予約制です。

ページトップへ

術前外来

岡山大学病院では手術時の麻酔は局所浸潤麻酔を除きすべて麻酔科医が行います。従いまして術前外来診察は我々が担当するすべての患者さんが対象です。
術前外来は医科外来診療棟4階にあります。月~金曜日の毎日,診察を行っています。診察する医師は麻酔科指導医あるいは麻酔科専門医です。
術前外来では,手術を行う際の麻酔が安全に行われることを目的に患者さんの全身状態を診察させていただきます。術前から術後までの周術期管理を適切かつ安全に行い,手術や麻酔のリスク(危険度)を最小限にするよう努めます。各科での検査結果をもとに麻酔や手術の安全性が保たれるかどうかを判断します。血液検査をはじめレントゲン検査や超音波診断装置を用いて心肺機能やその他の合併症を詳しく評価・検討します。これらをもとに患者さんに最も適した周術期の計画を立てた後に麻酔の内容とリスクをわかりやすく説明します。
麻酔に関してわからないことや不安な点がありましたら遠慮なくご相談ください。

ペインセンター(痛みの外来)

写真

ペインセンター外来受付

写真

歯科麻酔診察室・処置室

ペインセンターはあらゆる痛みに対する診療を行うところです。岡山大学病院では,麻酔科蘇生科が歯科麻酔科と連携してペインセンターを運営しています。
"痛み(ペイン)"は本来,体に起こった異常を知らせる警告信号の役割をもっています。しかし痛みが強い場合や長く続く場合には,生活の質や範囲が制限されてしまいます。このような痛みが3ヶ月以上続くことを慢性痛と呼び,生活の質を大きく低下させるため社会問題にもなっています。慢性痛は,傷や神経など体の苦しみに加えて,仕事や家事ができないなど心の苦しみを伴うことが多いため,われわれは多くの専門家とともに痛みの診療を行っています。

岡山大学ペインセンターの3部門

ペインセンターは,あらゆる痛みからの解放を目指して,痛みの診療に加え,痛みの研究や新しい治療法の開発を行っています。ペインセンターは次の3部門から構成されています。

写真 写真

外来待合室

診療体制

ペインセンター外来は,2012年4月に新しく歯科外来診療棟3階に移転しました。麻酔科蘇生科あるいは歯科麻酔科の医師が診療します。

治療方針

初診時には十分に時間をとり,痛みとともに患者さんが何にお困りかをお聞きするようにしています。そして,必要に応じ診断のために,血液検査,レントゲン,CT,MRIなどの検査を行います。治療手段としては,神経ブロック療法,薬物療法,リハビリテーション療法などがありますが,患者さん個別に方針を考えます。また,各科と密接に連携して痛みを総合的に診療しています。

得意分野

写真

特殊透視下ブロック

ペインセンターでは,下記の診療を得意としています。

対象疾患

ペインセンターでの"痛み診療"の対象疾患としては,以下のようなものがあります。他にもご不明な場合がありましたらお問い合わせください。

ページトップへ

診療内容

問診に十分な時間を取り,診断には問診票を用いながら痛みの原因を探ります。そして,CTやMRIなどの必要な検査を追加して診療を行います。
一方,当科では神経ブロック治療を得意としており,適応を考慮して積極的に行っています。これに加え痛みに適した薬物治療,リハビリテーション科と連携した理学療法,さらに心理的社会的な原因による痛みへのアプローチも含め,個々の患者さんにあった痛みの治療を行います。また診療の必要性に応じて入院体制も整えています。

外来受診のご注意

ペインセンターは歯科外来診療棟3階にあります。
初診・再診とも予約制となっています。初診の方はかかりつけ医から,総合患者支援センターへご連絡をいただき,受診予約をしてください。また紹介状をご持参ください。
予約の変更やご質問などは,ペインセンター外来へご連絡下さい。
(受付直通電話:086-235-7955)

ページトップへ

高度先進・特殊医療

保険診療で実施している技術
写真

エコーガイド下神経ブロック

写真

X線透視下神経ブロック

先進医療として届け出を行っている技術
臨床研究として実施している技術(岡山大学倫理委員会承認済み)

主な検査と説明

ペインセンターで行われる主な検査には以下に挙げるものがあります。

ページトップへ

医療設備

外来での治療
写真
写真

ペインセンターでは移転に伴い,4床の処置室ベッドを個室化しました。プライバシーに配慮しつつ診療を行い,治療後にも快適に安静をとることが可能です。

手術室での治療
IVRセンターでの治療

ページトップへ