周術期管理センター 独自HP 周術期管理チームHP

周術期管理センターとは

写真

周術期管理センター(通称PERIO:Perioperative management center)は,岡山大学病院で手術を受けられる患者さんに対して,快適で安全,安心な手術前・手術中・手術後の環境を効率的に提供するために,2008年9月に全国の病院に先駆けて発足した周術期管理を専門にチーム医療を行う組織です。

運営体制

周術期管理センターを支えるメンバーは麻酔科医師,歯科医師,看護師,薬剤師,理学療法士,管理栄養士,歯科衛生士,歯科技工士,臨床工学技士の「手術」というキーワードで集められたスペシャリストです。各々が連携しつつ,手術を受けられる患者さんをサポートします。

運営方針

写真

周術期管理センターでは手術が決まった外来時点から手術に向けた心身の準備をサポートし,術中から術後においては早期回復を目指した疼痛管理やリハビリテーションを実施しています。目指しているのは患者中心の周術期管理であり,患者さんが「手術という目の前の山を登るのは自分自身」と自覚することを大切にしています。そして,手術に臨む患者さんを,周術期(手術が決まった時点〜退院まで)を通して多職種のチームが支えます。

その他のサービス

写真

術後疼痛管理は手術後の予後を成績を左右するものであり,積極的に取り組んでいます。 症例に応じ,硬膜外鎮痛並びに麻薬の静脈内投与による安全で効果的な鎮痛を行うことで,術後をより快適にすごしていただけるように努めています。手術翌日には麻酔科医師,看護師,薬剤師,臨床工学士合同の術後疼痛管理ラウンドを行い,患者さんが「痛みのない術後」を「安全」に過ごせるように、万全のアフターケアをしています。

ページトップへ