耳鼻咽喉科 独自HP

耳鼻咽喉科とは

耳・鼻・のど・頸部の疾患の診断・治療を行っている。新生児から高齢者まであらゆる年齢を対象に,内科的治療から外科的治療,リハビリテーションに至るまでを行っています。

医師のご紹介

医師
耳鼻咽喉科長
西﨑 和則 教授
[耳疾患・難聴]

スタッフ

岡野 光博 准教授 [鼻・副鼻腔疾患,アレルギー]
假谷  伸 講師 [耳疾患,鼻・副鼻腔疾患]
折田 頼尚 講師 [頭頸部腫瘍(甲状腺腫瘍),耳疾患]
小野田友男 助教 [頭頸部腫瘍]
片岡 祐子 助教 [小児耳鼻咽喉科,難聴・耳疾患]
前田 幸英 助教 [神経耳科(めまい,難聴)]
野田 洋平 助教 [頭頸部腫瘍]
檜垣 貴哉 助教 [鼻・副鼻腔疾患,アレルギー]

※[ ]内は専門領域

外来診療医・曜日別診療領域
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
外来診療医等 予約再来
患者のみ
講  師 教  授
准 教 授
講  師
予約再来
患者のみ
准 教 授
講  師
曜日別
診療領域
午前 予約外来
予約検査
(再来のみ)
一般外来
副鼻腔外来
嗅覚外来
甲状腺腫瘍外来
一般外来
耳外来
頭頸部腫瘍外来
  一般外来
頭頸部腫瘍外来
午後     アレルギー外来
補聴器外来
言語聴覚外来  

ページトップへ

診療体制

毎週火・水・金曜日に外来診療を行っています。いずれの日も耳・鼻・頭頸部の専門の医師がそれぞれ診察に当たることにより,専門性の高い医療を目指しています。

治療方針

入院患者さんに対しての治療に関しては,医局員で週2回のカンファレンスを行い,その妥当性を検討しています。また,外来患者さんに対しても,随時専門グループ内での検討を行っています。患者さんのニーズやQOLを考慮しつつ,十分なインフォームドコンセントの上で,治療方法を選択しています。
平成24年4月に頭頸部がんセンターが開設され,関連する他科と共同で診療にあたっています。

得意分野

対象疾患

診療内容・専門分野

幅広い耳鼻咽喉・頭頸部外科領域の疾患に応えられるよう診療を行っています。

1.耳疾患・難聴

慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎などに対して中耳手術を行っています。難聴・耳鳴に対しては各種精密聴力検査により,原因の追及に当たっております。また中途失聴者に対する人工内耳埋込術と術後のリハビリを行っています。主として加齢による難聴者に対しては補聴器のフィッティングを行っています。

2.小児難聴

小児難聴の早期発見と言語訓練を難聴児通園施設「岡山かなりや学園」と提携して行っています。新生児・幼児への脳波・聴力検査・遊戯聴力検査を行えます。高度難聴児に対しては人工内耳埋込手術及び術後の言語訓練を行っています。 また遺伝子解析の手法を用いた,難聴の原因解明も行っています。

3.神経耳科

加齢などによって生じる聴力低下に対し,語音聴力検査などの精密聴力検査を行い,補聴器のフィッティングを行っています。
めまいについて,精密平衡機能検査,画像診断を行っています。

4.補聴器

加齢などによって生じる聴力低下に対し,語音聴力検査などの精密聴力検査を行い,補聴器のフィッティングを行っています。

5.副鼻腔疾患

内視鏡を使った侵襲の少ない,副鼻腔炎に対する手術を行っています。また嗅覚障害に対する精密検査や治療を行っています。

6.鼻アレルギー

アレルギー性鼻炎に対する抗原の精査及びアレルゲン免疫療法・生活指導を行っています。さらに保存的治療で効果がない方に対しては,手術も行っています。

7.頭頸部腫瘍

口腔がん,咽頭がんなど,耳鼻咽喉・頭頸部外科領域のがんに対し,形成外科,脳神経外科,消化管外科,放射線科,口腔外科(再建系)の各分野と協力し,手術・化学療法・放射線治療など総合的な治療を行ってきました。2012年4月には、関連する他科と共同で頭頸部がんセンターを設立し,患者さんの治療方針をキャンサーボードという多職種(各科医師,言語聴覚士,理学療法士,栄養士,看護師,社会福祉士など)で検討する体制をとり,さらに充実した治療を行っています。
岡山大学病院頭頸部がんセンターHP:http://www.okayama-u.ac.jp/user/ohnccpky/

8.甲状腺腫瘍

甲状腺(副甲状腺)腫瘍全般に関する診療を行っています。診断の中心的役割を果たすのは超音波(エコー)検査で、必要性が認められれば穿刺吸引細胞診を行います。できるだけ不要な手術はお勧めしないこと、また治療が必要な場合には可能な限り患者さんの意見を取り入れることを心がけています。

9.扁桃・咽頭疾患

慢性扁桃炎が原因となって腎臓など他臓器に障害を及ぼす病巣感染症の精査及び扁桃摘出術を行っています。また睡眠時無呼吸症候群に対する精密検査や口蓋形成術も行っています。

ページトップへ

外来受診のご注意

初診の方は当科の外来日(火・水・金)の午前中(8:30〜11:00)に受診してください。二回目の診察からは症状・疾患により一般外来・専門外来・精密検査に振り分けさせていただきます。外来日の一般外来は午前中のみです。午後の専門外来は原則として予約制となっております。専門外来を受診される方は受診時に次回の予約をしてください。

ページトップへ

主な検査と説明

ページトップへ

主な検査・医療設備

聴力検査
写真

通常の純音聴力検査に加えて,以下のような精密聴力検査を行っています。語音聴力検査(言葉の聞き取りの検査),自記式聴力検査,ティンパノメトリー,アブミ骨筋反射検査,耳鳴検査,脳波聴力検査,耳音響放射,幼児に対する遊戯聴力検査。また補聴器フィティングと人工内耳の言語訓練が可能な設備があります。

言語機能検査・知能検査

言語発達についてご心配がある方に言語機能検査や知能検査を実施しています。

平衡機能検査

電気眼振計あるいは赤外線フレンツェル眼鏡による精密平衡機能検査(頭位・頭位変換眼振検査,滑動性眼球運動検査,視運動性眼振検査,温度眼振検査)や重心動揺検査を行っています。

鼻・副鼻腔機能検査

鼻腔通気度計による精密鼻腔機能検査,オルファクトメトリーを使った嗅覚検査を行っています。

アレルギー検査

鼻汁好酸球検査や誘発試験に加えて,スクラッチテストなどの抗原検査を行っています。

アプノモニター

睡眠時無呼吸に対する検査を行っています。

超音波検査法

耳下腺,顎下腺,頚部腫瘍やリンパ節,甲状腺腫瘍の診断のひとつとして,超音波検査を施行しています。超音波検査はとても安全な検査で,重要な神経,血管,筋肉,骨と腫瘍との位置関係を正確に把握できるだけでなく,良性と悪性の区別もある程度つけることができます。さらに詳しい良悪性判定が必要な際には、エコーガイド下での穿刺細胞診や組織診を行っています。

その他の検査

電気味覚計を使った味覚機能の評価を行っています。

手術設備

手術用顕微鏡を使った耳・声帯の微細手術,手術用内視鏡を使った侵襲の少ない副鼻腔手術を行っています。また,鼻アレルギーや副鼻腔炎などの鼻疾患の手術だけではなく,耳疾患や咽喉頭疾患の手術にもレーザーを使用しています。

ページトップへ