消化管外科 独自HP

消化管外科とは

当科では,食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肛門などの管腔臓器における悪性腫瘍や良性疾患および機能障害に対する外科治療を担当しています。腹腔鏡・胸腔鏡を用いた低侵襲の内視鏡手術も積極的に行っており,機能温存とともに術後の早期回復を実現しています。また,手術だけでなく,内視鏡による診断・治療や,消化器がん化学療法も行っております。

医師のご紹介

医師
消化管外科 科長
藤原 俊義 教授
[胃外科・消化管外科・先端医療]

スタッフ

白川 靖博 准教授・副診療科長 [食道外科・内視鏡外科・内視鏡治療]
香川 俊輔 准教授(低侵襲治療センター) [胃外科・内視鏡外科・化学療法]
西ア 正彦 講師 [胃外科・内視鏡外科]
岸本 浩行 講師(低侵襲治療センター) [大腸肛門外科・内視鏡外科]
寺石 文則 助教・外来医長 [大腸肛門外科・内視鏡外科]
野間 和広 助教 [食道外科・内視鏡外科・内視鏡治療]
田邊 俊介 助教(NST担当) [食道外科・内視鏡外科・内視鏡治療]
黒田 新士 助教(新医療研究開発センター) [胃外科・内視鏡外科]
近藤 喜太 助教(低侵襲治療センター,
炎症性腸疾患センター)
[大腸肛門外科・内視鏡外科]
矢野 修也 助教(卒後臨床研修センター) [大腸肛門外科・内視鏡外科]
母里 淑子 助教(低侵襲治療センター) [大腸肛門外科・がん遺伝子診断]
菊池 覚次 助教(低侵襲治療センター) [胃外科・内視鏡外科]

※[ ]内は専門領域

外来診療医
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
外来診療医 午前 藤原 俊義
白川 靖博
香川 俊輔
近藤 喜太
黒田 新士
香川 俊輔
西ア 正彦
矢野 修也
藤原 俊義
白川 靖博
岸本 浩行
寺石 文則
香川 俊輔
野間 和広
藤原 俊義
白川 靖博
香川 俊輔
寺石 文則
母里 淑子
午後 田邊 俊介
近藤 喜太
黒田 新士
香川 俊輔
矢野 修也
藤原 俊義
白川 靖博
岸本 浩行
香川 俊輔
寺石 文則
母里 淑子
前田 直見

ページトップへ

診療体制

消化管外科では,食道(白川・野間・田邊・前田)・胃(藤原・香川・西ア・黒田・菊地)・大腸(岸本・寺石・近藤・母里・矢野)の各臓器ごとにグループ診療体制をとっており,きめ細やかな診療をおこなうこととしております。

治療方針

私たちのモットーは「安全で安心な外科治療の実践」であり,そのために適切な症例に適切な術式を選択し,細やかな術後管理を行うよう心がけています。手術を行う全症例に関して,各グループを超えて全体のカンファレンスにて治療方針を決定しており,耐術能の評価や糖尿病,循環器疾患などの術前治療には麻酔蘇生科や内科をはじめとする他科の協力を得てチーム医療を行っています。

得意分野

対象疾患

診療内容

食道
大腸・小腸
写真
写真
写真
写真

ページトップへ

高度先進・特殊医療

保険診療で実施している技術
臨床研究として実施している技術

主な検査と説明

消化管内視鏡検査

拡大内視鏡検査や特殊光内視鏡検査NBI(Narrow Band Imaging)も導入し,従来の内視鏡検査に比べより苦痛が少なく,短時間で見落としの少ない検査が可能となりました。

CT検査

術前検査としては必須のCT検査も,高速ヘリカルCTの導入と,熟練した放射線科医の読影により正診率の画期的な向上と検査時間の短縮が図られています。

写真
PET-CT検査

がんの原発及び転移に対する診断能力が非常に高く近年脚光を浴びています。岡山画像診断センターとの連携により,患者さんのご都合に合わせて当科外来で随時予約をお取りできます。

特殊検査

これらの特殊検査を希望される方は随時受け付けておりますので遠慮なく申し出てください。

ページトップへ