消化器内科 独自HP

消化器内科とは

消化器内科では,食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆嚢・胆管・膵臓の炎症や腫瘍などの病気を診断し,薬物,内視鏡,超音波,血管造影などの手技を用いての治療を行っています。

医師のご紹介

医師
消化器内科長
岡田 裕之 教授
(光学医療診療部)
[消化管・腫瘍]

スタッフ

高木章乃夫 准教授 [肝臓]
河原 祥朗 准教授(光学医療診療部) [消化管・腫瘍]
能祖 一裕 診療講師 [肝臓]
白羽 英則 講師 [肝臓]
中村進一郎 講師 [肝臓]
平岡佐規子 助教 [消化管・炎症性腸疾患]
池田 房雄 助教 [肝臓]
大西 秀樹 助教 [肝臓]
加藤 博也 助教 [胆・膵]
原田 馨太 助教(光学医療診療部) [消化管・腫瘍]
川野 誠司 助教 [消化管・腫瘍]
岩室 雅也 助教 [消化管・肝再生研究]
神崎 洋光 助教(がんプロ) [消化管・腫瘍]
安中 哲也 助教(GIMセンター) [肝臓]
松本 和幸 助教(光学医療診療部) [肝・膵]
杉原 雄策 助教(県南西部(笠岡)総合診療医学講座) [消化管]
竹内 康人 助教(新医療研究開発センター) [肝臓]

※[ ]内は専門領域

外来診療医・曜日別診療領域
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
外来診療医 准 教 授
助  教
医  員
講  師
助  教
医  員
教  授
准 教 授
講  師
助  教
医  員
助  教
医  員
教  授
助  教
医  員
曜日別
診療領域
消化器病
(消化管・肝臓・胆膵)
消化器病
(消化管・肝臓・胆膵)
消化器病
(消化管・肝臓・胆膵)
消化器病
(消化管・肝臓・胆膵)
消化器病
(消化管・肝臓・胆膵)

ページトップへ

診療体制

月曜から金曜まで,消化管,肝臓,胆・膵の3つの領域の専門スタッフが外来診療を行っています。入院診療では患者さんごとに講師/助教,医員,レジデントの3人が主治医となって診療に当たっています。

治療方針

消化器内科カンファレンスや,他科との合同カンファレンスで検討したエビデンスに基づいた方針に従い治療を行っています。可能な限りクリティカルパスを用い効率よく質の高い治療を心がけています。

得意分野

診療内容

消化器内科は,主に消化管疾患,肝臓病,膵・胆道疾患を専門分野として診療しています。
食道炎,食道静脈瘤,食道がん,胃・十二指腸潰瘍,胃がん,小腸疾患,大腸がん,大腸ポリープ,潰瘍性大腸炎,クローン病などの消化器疾患や膵炎,膵がん,胆石症,胆管がんなどを,内視鏡的に診断するだけでなく,積極的に内視鏡的治療を行っています。胃・十二指腸潰瘍や胃悪性リンパ腫との関係が注目されている H. pylori 感染も細菌学・病理学教室と連携し診断治療に当たっています。また,近年増加している炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)に白血球除去療法などの特殊治療法を,積極的に導入しています。
肝臓病の診療は半世紀にわたり,地域の中核医療機関として活動して参りました。急性肝炎,慢性肝炎の治療法は年々進歩しています。次々と開発される新たなB型肝炎,C型肝炎治療薬は治験段階より取り組み常によりよい治療法の開発に取り組んでおります。命に関わる劇症肝炎では,的確で早急な診断により集学的な治療を行い,外科と連携を取って肝移植も積極的に行っています。自己免疫性肝炎や原発性胆汁性肝硬変(PBC),原発性硬化性胆管炎(PSC)など自己免疫性肝疾患の診断治療は,患者さんの病期に応じた適切な治療を行い,近年増加傾向にある非アルコール性脂肪肝炎(NASH)についても,綿密な症状評価による治療選択を行っています。末期肝疾患に対しては,外科と連携して中国四国地方全域で肝移植の適応評価,術前・術後管理に取り組んでいます。
また,肝がんに対してもラジオ波焼灼療法を中心に、肝動注療法や分子標的薬治療などの新しい治療を取り入れながら治療効果を上げると同時に,患者さんのQOLを大切にした治療を行っております。

ページトップへ

外来受診のご注意

初診の方
再来の方

ページトップへ

高度先進・特殊医療

保険診療で実施している技術

自由診療(保険適用外)

◎ピロリ菌専門外来
2013年2月にヘリコバクター・ピロリ感染症の除菌治療の保険適用が拡大されました。内視鏡検査で慢性胃炎を認めた方で、ピロリ菌感染診断で陽性と判明した方は全員除菌適用となりました。
但し二回までです。
三回目からは保険治療での除菌は不可です。(除菌適用者の約3%)。
三回目以降の除菌治療をご希望の患者さまを対象としてピロリ菌専門外来(自由診療)を開設いたしております。

対象となる方
  • 保険適用疾患で今までに二回除菌治療をしたが,ピロリ菌が消えなかった方(三回目の除菌を希望される方)
診療費用
診療費用はすべて自費になります。保健診察費に準じて算定します。
行う検査内容によって異なりますが,大体20,000円程度です。

連絡先
岡山大学病院光学医療診断部
電 話)086-235-7670 FAX)086-235-7670
岡山大学病院消化器内科外来
電 話)086-223-7151(代表) FAX)086-235-6943
岡山大学病院地域医療連携室
電 話)086-235-7205 FAX)086-235-6761

主な検査と説明

ページトップへ

主な検査・治療・医療設備

消化管内視鏡検査
写真

上部消化管(食道・胃・十二指腸):通常の上部消化管内視鏡検査(いわゆる胃カメラ)はもちろんですが,内視鏡治療として食道静脈瘤破裂に対する硬化療法や結紮術,潰瘍出血に対する止血術,ポリープや早期の咽頭がん,食道がん,そして胃がんに対する切除術を最新の機器を駆使して行っております。
小腸:カプセル内視鏡やバルーン内視鏡を用いて小腸出血や腫瘍の診断,さらに,出血に対する止血術やポリープ切除術を行っています。
下部消化管(大腸):検診などで便潜血陽性を指摘され,来院された患者さんに対して大腸がんを早期に発見する目的で大腸内視鏡検査を積極的に行っております。大腸ポリープや早期大腸がんに対する内視鏡による治療も行っております。
膵・胆道:この領域では内視鏡による総胆管結石の砕石術や閉塞性黄疸に対する内視鏡的ドレナージやステント留置(IVR)も行い, あらゆる膵・胆道疾患の病態に対応できるよう最新のテクニックや機器を駆使しています。また, 切除不能な膵・胆道がんに対しても抗がん剤とIVRや治療内視鏡(IVE)を駆使して患者さんのQOLを高める治療を行っております。

肝生検・腹腔鏡検査

肝疾患の進行度と活動性を把握する目的の検査で,ウイルス性肝炎や自己免疫性肝炎の診断や予後の判定に有用です。肝組織について通常の組織染色と共に免疫組織染色を行い,炎症程度の把握やウイルスの同定を行っています。検査のための予約入院も受け付けています。

腹部超音波検査

平成23年4月に,中央診療棟2階に超音波診断センターがオープン致しました。超音波診断センターにて腹部部門専任の検査技師・医師が毎日検査を行っております。東芝・日立アロカメディカル各社のハイエンドの超音波診断装置を導入し,従来より質の高い検査を行えるようになりました。
各科の専門性の高い症例についても,各科の医師と共同し検査を行っております。
特に肝がんの診断につきましては早期発見・早期診断を心がけており,CT・MRI画像を参照しながら検査を行っております。また肝細胞がん・転移性肝がんの診断,肝がん治療後の残存病変の検出,胆膵腫瘍性病変の診断のため適宜造影超音波検査を行っております。

経皮的ラジオ波焼灼療法(radiofrequency ablation:RFA)

肝がんの治療では,開腹を必要としない根治的治療法であるRFAを2001年より行っております。安全で正確,疼痛の少ない治療を行うべく,人工胸水・人工腹水・治療支援画像等を適宜併用し,他施設で治療困難な病変にも対応しております。

IVR検査・治療

平成25年4月に,総合診療棟1階にIVRセンターがオープンいたしました。肝がんのほとんどの症例でIVR-CT装置を用いCT-angiography(CTHA,CTAP)を撮影し,がんの存在部位を正確に把握した上で経カテーテル肝動脈化学塞栓療法(TACE)を行っています。

進行肝がん治療

進行肝がんに対しては,肝動脈への留置リザーバーからの肝動注化学療法・肝動注用抗がん剤のワンショット肝動注を行っています。また看護師・薬剤師から構成される内服化学療法サポート外来と連携し,外来にて分子標的薬治療を行っています。門脈内腫瘍塞栓・IVR治療が困難な病変に対しては,放射線科と連携し定位放射線療法を含む放射線療法を行っております。これらを組み合わせた集学的治療を行うことでQOL改善・予後改善を目指しています。

血漿交換・血液浄化療法

劇症肝炎では,血液中に老廃物や肝細胞再生を妨げる物質が蓄積しており,これらを除去するため血液浄化療法を,低下している凝固因子や再生促進因子などを補う目的で血漿交換療法を行います。急性型では半数以上の患者さんの救命が可能となってきました。生体部分肝移植・脳死肝移植も行われるようになりましたが,血漿交換療法の効果が見られない時に適応となります。

胆膵

扱う疾患: 膵がん,胆管がん,胆嚢がん,十二指腸乳頭部がん,といった膵胆道系の悪性腫瘍に対する治療を積極的に行っています。
また,総胆管結石,急性胆嚢炎,急性膵炎,慢性膵炎,自己免疫性膵炎,膵石症,術後胆管狭窄などの治療も行っています。
検査手技: 内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP(endoscopic retrograde cholangio pancreatography))は難易度の高い手技ですが,当院では年間600例を超える症例を施行しており,ハイボリュームセンターとして,安全,確実に施行することが可能です。
また,他施設からの難症例も当院へ紹介していただき,加療を行っています。
超音波内視鏡(EUS(endoscopic ultrasonography))は近年,胆膵領域の検査,治療に欠かせない手技となりつつありますが,施行可能な施設はいまだそれほど多くないのが現状です。当院では年間500例程度の検査,治療手技を行っています。
ダブルバルーンERCP(DB-ERCP(double-balloon ERCP))は特殊なERCP手技です。胃を手術で切除した症例などでは通常のERCPが困難な場合があります。このような症例に対しても本手技により,ERCPが可能です。

ページトップへ