血液・腫瘍内科 独自HP

血液・腫瘍内科とは

白血病,リンパ腫,骨髄腫などの造血器腫瘍や骨髄異形成症候群,再生不良性貧血などの血液疾患の診断・治療を行っており,中国四国地域の造血幹細胞移植のセンター施設となっています。

医師のご紹介

医師
血液・腫瘍内科長
谷本 光音 教授
[血液・造血幹細胞移植]

スタッフ

前田 嘉信 講師 [血液・造血幹細胞移植]
松岡 賢市 講師 [血液・造血幹細胞移植]
近藤 英生 講師(総合内科) [血液・造血幹細胞移植]
藤井 伸治 講師(輸血部) [血液・輸血部]
田端 雅弘 准教授(腫瘍センター長) [臨床腫瘍・分子標的治療]
西森 久和 助教 [血液・臨床腫瘍]
吉田 将平 助教 [血液・造血幹細胞移植]
片山 英樹 助教(緩和医療学) [臨床腫瘍・緩和医療]
市原 英基 助教(がんプロ) [臨床腫瘍・分子標的治療]
浅野  豪 助教(新医療研究開発センター) [血液・造血幹細胞移植]
黒井 大雅 助教(GIMセンター) [血液・造血幹細胞移植]

※[ ]内は専門領域

外来診療医・曜日別診療領域
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
外来診療医 講  師 教  授
講  師
講  師 講  師 医  師
曜日別
診療領域
午前 一般内科,
血液・腫瘍
一般内科,
血液・腫瘍
一般内科,
血液・腫瘍
一般内科,
血液・腫瘍
一般内科,
血液・腫瘍
午後 血液・腫瘍
(予約)
血液・腫瘍
(予約)
血液・腫瘍
(予約)
血液・腫瘍
(予約)
血液・腫瘍
(予約)

ページトップへ

診療体制

毎日,専門スタッフにより外来診療が行われています。入院治療では,毎週全患者さんの治療方針や経過についての検討が行われます。造血細胞移植では,医師,看護師,歯科医師,薬剤師,精神科医師,リハビリ科医師などによる合同カンファレンスが毎週行われ,病気の多面的な問題に対応しています。

治療方針

各疾患における世界の科学的エビデンスや治療ガイドラインに基づきながら,患者さん一人一人について,ていねいな対話による治療を実践しています。また治療後のクオリティ・オブ・ライフに関しても特に配慮しています。

得意分野

すべての造血器疾患に対する薬物療法と造血細胞移植治療による集学的治療,特にリンパ腫と白血病の化学療法。同種造血細胞移植療法は年間50〜60例を実施しています。

対象疾患

白血病,リンパ腫,骨髄腫などの造血器腫瘍や,骨髄異形成症候群,再生不良性貧血,多血症骨髄線維症などの難治性造血障害。また溶血性貧血,悪性貧血,鉄欠乏性貧血,血小板減少性紫斑病,血友病などの凝固異常症などあらゆる血液疾患を対象としています。

診療内容

血液・腫瘍内科,呼吸器・アレルギー内科は主として,血液疾患,呼吸器・アレルギー疾患,腫瘍性疾患の診断・治療を行っています。
血液疾患では,白血病,骨髄異形成症候群(MDS),リンパ腫,骨髄腫などの造血器腫瘍性疾患のみならず,再生不良性貧血,溶血性貧血,多血症,あるいは血小板減少性紫斑病,凝固異常症,AIDSなどあらゆる疾患の診断・治療を専門的に行っております。特に造血器腫瘍性疾患では,新薬の治験や新しい臨床試験,造血幹細胞移植など最先端の治療を行っております。造血幹細胞移植は全国の国公立大学病院で1.2倍を競う実施数であり,非血縁者間骨髄移植(骨髄バンク)や臍帯血移植などすべての種類の造血幹細胞移植を行っています。
呼吸器・アレルギー疾患では,気管支喘息,肺気腫,肺線維症,膠原病肺,サルコイドーシス,びまん性汎細気管支炎,及び慢性呼吸不全などの診療を積極的に行っています。特に気管支喘息患者に対しては,吸入ステロイド剤を早期導入することにより,効果的な発作の予防が可能となっています。また,肺線維症,膠原病肺,サルコイドーシス患者さんにおいては,気管支ファイバースコープにて採取した気管支肺胞洗浄液の解析により,治療計画を立案しております。肺気腫に対しては,手術適応を慎重に判定するとともに,慢性呼吸不全状態の患者さんに対しては,積極的に在宅酸素療法を指導しております。
固形腫瘍では肺がん,乳がん,卵巣がん,胚細胞腫瘍,軟部組織腫瘍,胃がん,大腸がん,頭頚部腫瘍など広範囲な腫瘍系に対してがん化学療法を行っています。特に肺がんの治療を最も専門的に行っており,世界的にも非常に良好な治療成績を報告しています。また,最新の抗がん剤を使用し多剤併用療法,自己末梢血幹細胞移植を併用した大量化学療法,外科手術あるいは胸部照射を化学療法と併用する集学的治療法,生体防御医学講座と連携したがんワクチン療法,新規分子標的薬剤などの最新の臨床試験を行っています。この場合,原則として全員に病名の告知を行い,期待される効果のみならず,予想される副作用も詳しく説明し,インフォームドコンセントを得てから治療を開始しております。

ページトップへ

外来受診のご注意

診療時間は原則として月曜から金曜日の午前中です。初診の方は原則他の医療機関からの紹介状と予約が必要です。外来受診は予約制ですので,予約のない患者さんは当日の診察が遅れる場合があります。ご了承ください。

ページトップへ

主な検査と説明

移植以外の領域

主な検査・医療設備

末梢血幹細胞採取

輸血部と連携し,白血病,悪性リンパ腫などの造血器腫瘍,及び肺小細胞がん,乳がん,卵巣がんなどの固形腫瘍患者を対象に,G−CSFなどのサイトカインの投与後に成分採血装置を用いて末梢血幹細胞を採取,保存しています。

血液細胞核酸増幅同定検査

病理・病態学教室と連携して,白血病,悪性リンパ腫などの造血器腫瘍の診断ならびに治療計画のために遺伝子を用いた検査を導入しています。また,先天性凝固異常症の遺伝子診断を行っています。

フローサイトメトリー・免疫組織検査

輸血部・検査部・病理・病態学教室と連携し,白血病,悪性リンパ腫などの造血器腫瘍の診断ならびに治療計画のためにフローサイトメトリー・免疫組織検査を導入し,細胞の表面マーカーの解析や末梢血幹細胞数の測定を行っています。

骨髄検査

骨髄穿刺・生検により骨髄細胞を採取し,検査部と連携して,細胞分類と白血病細胞などを検出することにより骨髄機能の評価と造血器腫瘍の診断を行っています。さらに採取した細胞の表面マーカーの解析や染色体検査を行い,血液疾患の精密検査を行っています。

血小板凝集能検査,凝固因子活性測定

検査部と連携し,血小板凝集能,及び第[, \因子やその阻止因子の測定を行い,先天性,後天性の出血性,血栓性疾患の診断を行っています。

無菌病棟(BCR)

無菌病棟には14床の無菌病室を備え,造血幹細胞移植を行っています。無菌病棟内では,食事を温めたり,シャワー入浴,さらに簡単なリハビリテーション運動もできるようになっています。

写真 写真 写真

ページトップへ