呼吸器・アレルギー内科 独自HP

呼吸器・アレルギー内科とは

肺がんを中心とした悪性腫瘍,気管支喘息,肺気腫,肺線維症,膠原病関連肺疾患,肉芽腫性肺疾患,びまん性汎細気管支炎,慢性呼吸不全疾患の診断・治療を行っています。

医師のご紹介

医師
呼吸器・アレルギー内科長
木浦 勝行 教授
[呼吸器・臨床腫瘍・分子標的治療]

スタッフ

金廣 有彦 准教授 [呼吸器・アレルギー・喘息]
佐藤 晃子 助教 [呼吸器・臨床腫瘍・分子標的治療]
大橋 圭明 助教 [呼吸器・臨床腫瘍・分子標的治療]
市原 英基 助教 [呼吸器・臨床腫瘍・分子標的治療]
二宮  崇 助教 [呼吸器・臨床腫瘍・分子標的治療]
宮原 信明 教授(保健学科) [呼吸器・アレルギー・喘息]
堀田 勝幸 教授(新医療研究開発センター) [臨床腫瘍・分子標的治療]
田端 雅弘 准教授(腫瘍センター長) [臨床腫瘍・分子標的治療]
久保 寿夫 助教(腫瘍センター) [臨床腫瘍・緩和医療・分子標的治療]
早稲田公一 助教(総合内科) [呼吸器・アレルギー・喘息]
片山 英樹 助教(緩和支持医療科) [臨床腫瘍・緩和医学・分子標的治療]
西井 研治 非常勤講師 [禁煙外来]

※[ ]内は専門領域

外来診療医・曜日別診療領域
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
外来診療医 教  授
准 教 授
助  教
教  授
助  教
准 教 授
助  教
准 教 授
助  教
教  授
助  教
曜日別
診療領域
午前 呼吸器・アレルギー 呼吸器・アレルギー 呼吸器・アレルギー 呼吸器・アレルギー 呼吸器・アレルギー
禁煙外来
午後 呼吸器・アレルギー
(予約のみ)
呼吸器・アレルギー
(予約のみ)
呼吸器・アレルギー
(予約のみ)
呼吸器・アレルギー
(予約のみ)
呼吸器・アレルギー
(予約のみ)

ページトップへ

診療体制

毎日,専門スタッフにより外来診療が行われています。入院治療では,毎週全患者さんの治療方針や経過についての検討が行われます。また,呼吸器外科,放射線科との合同検討会が定期的に行われ,総合的な治療方針が検討されます。

治療方針

悪性疾患,難治性良性呼吸器疾患,ともに全員に病名の告知を行い,期待される効果のみならず,予想される副作用も詳しく説明し,インフォームドコンセントを得てから治療を開始しています。

得意分野

肺がん,乳がん,卵巣がん,胚細胞腫瘍,軟部組織腫瘍,胃がん,大腸がん,頭頚部腫瘍など広範囲な固形腫瘍系に対するがん化学療法。特に肺がんに対する外科手術あるいは胸部照射を化学療法と併用する集学的治療。 気管支喘息患者さんに対する早期インターベンション(吸入ステロイド薬,気管支拡張薬,抗アレルギー薬など)。肺気腫,慢性呼吸不全に対する在宅酸素療法。アレルギー疾患の診断,治療。

対象疾患

肺がんを中心とした固形腫瘍で化学療法の適応疾患,気管支喘息,好酸球性肺炎,慢性閉塞性肺疾患(COPD),特発性間質性肺炎,肉芽腫性肺疾患,膠原病肺,過敏性肺炎,びまん性汎細気管支炎,睡眠時無呼吸症候群,呼吸器感染症,薬剤・食物・昆虫アレルギーなど。

診療内容

呼吸器・アレルギー内科は主として,胸部腫瘍性疾患,呼吸器・アレルギー疾患の診断・治療を行っています。
胸部腫瘍性疾患では特に肺がんの治療を最も専門的に行っており,世界的にも非常に良好な治療成績を報告しています。また,最新の抗がん剤を使用し多剤併用療法,外科手術あるいは胸部照射を化学療法と併用する集学的治療法,新規分子標的薬剤などの最新の臨床試験・治験を行っています。この場合,原則として全員に病名の告知を行い,期待される効果のみならず,予想される副作用も詳しく説明し,インフォームドコンセントを得てから治療を開始しております。
その他,乳がん,卵巣がん,胚細胞腫瘍,軟部組織腫瘍,胃がん,大腸がん,頭頚部腫瘍など広範囲な腫瘍系に対してがん化学療法を行っています。 呼吸器・アレルギー疾患では,気管支喘息,COPD,特発性間質性肺炎,膠原病肺,サルコイドーシス,びまん性汎細気管支炎,及び慢性呼吸不全プラチナ製剤の減感作療法などの診療を積極的に行っています。特に気管支喘息患者に対しては,吸入ステロイド剤を早期導入することにより,効果的な発作の予防が可能となっています。また,肺線維症,膠原病肺,サルコイドーシス患者においては,気管支ファイバースコープにて採取した気管支肺胞洗浄液の解析により,治療計画を立案しております。肺気腫に対しては,手術適応を慎重に判定するとともに,慢性呼吸不全状態の患者さんに対しては,積極的に在宅酸素療法を指導しております。

ページトップへ

外来受診のご注意

診療時間は原則として月曜から金曜日の午前中です。初診の方は原則他の医療機関からの紹介状と予約が必要です。外来受診は予約制ですので,予約のない患者さんは当日の診察が遅れる場合があります。ご了承ください。

ページトップへ

主な検査・医療設備

肺機能検査

肺気量分画,フローボリュームカーブ,肺拡散能評価などを行い,閉塞性肺疾患及び間質性肺疾患の診断,治療効果の判定を行っています。また,肺がんなどの化学療法あるいは放射線療法を行う患者においては,治療にともなう肺障害の早期発見に有用です。さらに,慢性の咳を主訴とする患者には,気道過敏性試験を行い,喘息その他の疾患の鑑別に役立てています。

気管支ファイバースコープ検査

肺がんなどの悪性腫瘍患者に対して組織診,細胞診を行い,確定診断を得る目的で行っています。また,サルコイドーシスなどのびまん性肺疾患患者においては,組織診のみならず,気管支肺胞洗浄液中の細胞分類,表面マーカーの解析,及びサイトカインの測定などにより,病態の解明と治療方針の決定に役立てています。 250例を超える気管支鏡検査,EBUS-TBNA,シースガイド下生検など超音波機能を持った気管支鏡検査も積極的に行っており,以前は手術でしか得られなかった胸の中心部のリンパ節病変の診断などもより低侵襲に行うことができるようになりました。新規,迅速診断システムも確立し,より高い精度での診断を可能になりました。

在宅酸素療法

肺気腫をはじめとする慢性閉塞性肺疾患や間質性肺炎などの患者さんに対して,酸素濃縮器を用いた在宅酸素療法を施行しており,すでに多数の患者さんにおいてQuality of Life の向上が認められております。

写真

ページトップへ