乳腺・内分泌外科 独自HP BCTR

乳腺・内分泌外科とは

乳腺,甲状腺,副甲状腺の疾患を対象とした専門科です。他科との協力の下に検査や治療(手術・薬物療法)を行います。

医師のご紹介

医師
乳腺・内分泌外科長
土井原博義 教授
[乳腺外科・内分泌外科]

スタッフ

松岡 順治 教授 [緩和支持医療科]
平  成人 准教授 [乳腺外科・内分泌外科]
枝園 忠彦 助教 [乳腺外科・内分泌外科]
溝尾 妙子 非常勤講師 [乳腺外科・内分泌外科]
岩本 高行 助教 [乳腺外科・内分泌外科]
池田 宏国 助教 [乳腺外科・内分泌外科]
河内 麻里子 医員 [乳腺外科・内分泌外科]

研修生

 
安部 優子 [乳腺外科・内分泌外科]
鳩野 みなみ   [乳腺外科・内分泌外科]
西山 慶子   [乳腺外科・内分泌外科]
河田 健吾   [乳腺外科・内分泌外科]
高橋 侑子   [乳腺外科・内分泌外科]
吉岡  遼   [乳腺外科・内分泌外科]
突沖 貴宏   [乳腺外科・内分泌外科]
宇野 摩耶   [乳腺外科・内分泌外科]

※[ ]内は専門領域

外来診療医
 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
外来診療医午前 松岡教授
河内医員
岩本助教
土井原教授
枝園助教
池田助教
松岡教授
平准教授
土井原教授
枝園助教
溝尾非常勤講師
平准教授
池田助教
午後   土井原教授
(若年性,家族性乳がん外来)
平准教授
枝園助教
池田助教
平准教授 土井原教授
(若年性,家族性乳がん外来)
枝園助教
平准教授

ページトップへ

診療体制

スタッフ
松岡順治(緩和支持医療科教授),平 成人(乳腺専門医),枝園忠彦(乳腺専門医・内分泌外科専門医),岩本高行(乳腺専門医),溝尾妙子(乳腺専門医),池田宏国,河内麻里子

治療方針

得意分野

当院は日本乳がん学会認定施設であり,世界標準の治療を提供すると共に,大学病院として将来を見据えた研究と専門医育成のための教育を行っています。また,看護師,薬剤師とのチーム医療を実践しています.乳がんの手術では根治性だけでなく,整容性が重視される時代となりました。当院では,乳房温存術はもとより,形成外科との協力で乳がん治療・再建センターを設立し,一期的に質の高い乳房再建術が可能です。

対象疾患

特徴

診療内容

【乳腺疾患について】

現在岡山大学は日本乳がん学会認定施設になっております。乳がんに関して臨床では主に手術療法,再発乳がんの治療について,基礎的な面では新しい予後因子の解明,分子標的治療の作用機序及び抗がん剤,ホルモン剤の耐性などについて研究しております。乳がんの手術療法と再発乳がんの治療についてご紹介します。

《乳房温存手術》

現在の乳がん手術の主流は胸筋温存乳房切除術と乳房温存手術です。そのうち乳房温存手術は近年増加傾向にあり,当科では2000年以降には約70%の患者さんが本療法を受けております。当科では腫瘍径3cm以下では全例乳房温存手術を施行しており,3cmを超える症例に対しては術前抗がん剤による治療を施行し,腫瘍縮小後,必要に応じて乳房再建術も行い,可能な限り温存手術を施行するように心がけております。

《センチネルリンパ節生検》
写真
センチネルリンパ節
生検術中写真
図中矢印:染色された
リンパ管とリンパ節

最近乳腺のリンパ流が最初に到達するリンパ節であるセンチネルリンパ節の存在が明らかになり,乳がん細胞もまずこのリンパ流にのってセンチネルリンパ節に最初に転移すると考えられています。したがってセンチネルリンパ節の転移の有無を調べれば,腋窩リンパ節全体の状況が把握でき,リンパ節転移のない患者さんのリンパ節郭清を省略できるわけです。当科においてもセンチネルリンパ節生検を導入し,リンパ節郭清による上肢の浮腫,神経障害といった合併症の低減に努めています。

《再発乳がんの治療》

再発乳がんの治療法は内分泌療法,抗がん剤,放射線治療があり,さらに最近はハーセプチン,タイケルブといった分子標的治療薬が承認されております。再発乳がんは現在根治は不可能ですから生存期間の延長,良好なQOLを目指して治療を行っています。

【甲状腺疾患について】

当院は中国四国甲状腺外科研究会の事務局をしており,多数の手術を行っております。

ページトップへ

高度先進・特殊医療

自由診療として実施している技術

主な検査と説明

施行可能な検査

主な検査・医療設備

超音波検査,マンモグラフィー,細胞診,針生検(コアニードル),乳房CT(MD-CT),乳房MRI,乳管造影,乳管内視鏡,核医学検査,術中迅速病理,マンモトーム,バコラ

ページトップへ