小児頭蓋顔面形成センター

はじめに

ロゴマーク

私たち小児頭蓋顔面形成センターは,頭蓋,顔面などになんらかの変形(左右が不対称であったり,ゆがみがあったり,また絶壁頭,小頭,大頭などの変形や,明らかに正常と異なる顔貌などを含みます。)があるお子さんたちに対して,その機能や外観をできるかぎり満足いくものにするという目的で設立されました。
これらの頭蓋顔面疾患は,頭蓋や顔面などの骨や皮膚・脂肪・筋肉などの組織に変形をともない,生まれながらに発症していることが多い病気です。乳幼児期から頭部や顔面に変形が生じ,なかには頭蓋内圧の亢進など生命に関わる状況や,脳の発達障害,呼吸,栄養障害,視力障害,聴力障害などを起こす場合もあり,早期の手術が必要になることもある病気です。また,この疾患は成長とともに変化し,変形が次第に悪化したり,成長期になってから食べることや話すことなどの機能に悪い影響が現れたりすることがあります。そのため,必要に応じて適切な時期に治療がなされることが大切です。この頭蓋顔面疾患は,非常にバリエーションにとんだ症状,顔貌を呈する病気で,現在さまざまな病名がつけられております(以下の‘対象となる疾患’をご覧ください。)。

ページトップへ

当院での治療の特色

頭蓋顔面疾患は比較的まれな病気であり,脳や顔面を含めたいろいろな診療科の関与が必要となる疾患です。しかも,非常に特殊性の強い疾患であるためその診療には高度な専門性が要求されます。さらに個々の診療科のみでなく,専門性の高い多くの診療科によるチームとしての対応が必要になってきます。このような状況の中で,これらの疾患を扱う病院は全国でも非常に限られています。当院では高度先進医療の実践経験から,本疾患に対する総合的なチーム医療の基礎が確立しており,患者の皆さまの病状に応じての高度な医療の提供が可能となっています。

ページトップへ

チーム医療としての頭蓋顔面形成センター外来

写真

前述の総合チーム医療とは,本院では脳神経外科,形成外科,矯正歯科が中心となり,口腔外科,小児神経科,小児科,小児歯科,産婦人科,眼科,耳鼻科,などの多くの科の関与はもとより,それぞれの科における頭蓋顔面疾患のスペシャリストが診療に当たることで,出生前診断,出生後から幼少時期,青年期にいたるまでの全人的医療を目的とした総合的な医療を目指すものです。この理念のもと,我々,岡山大学病院では以下のそれぞれの科が現在まで培ってきた頭蓋顔面疾患に対する診療技術を有効に活用し,患者の皆さまにご利用いただけるよう小児頭蓋顔面形成センターを設立いたしました。このセンターの外来は脳神経外科外来に設置されており,専従の医師,看護師による相談や診療を受けることができ,脳神経外科,形成外科,矯正歯科を中心に関連診療科を効率的に受診できるシステムになっています。(問い合わせ:下記連絡先へ)

ページトップへ

対象となる疾患

症候性頭蓋顔面疾患:特徴的な容貌,四肢の異常を伴う。
頭蓋縫合早期癒合症(狭頭症)
頭部顔面の組織疾患
写真写真
船状頭蓋(生まれつき縦に長い頭で矢状縫合が早期に癒合して(閉じて)いる。)

ページトップへ

手術症例

症候群性頭蓋骨縫合早期癒合症(クルーゾン病,アペール症候群)、非症候群性頭蓋骨縫合早期癒合症(舟状頭蓋、短頭蓋、斜頭蓋)、神経線維腫症1型、二分頭蓋(髄膜脳瘤)、頭部顔面外傷、線維性骨異形成症、唇顎口蓋裂、原発性萌出不全など
なお、頭蓋骨縫合早期癒合症に対しては、従来法による一期的な頭蓋形成術もしくは骨延長法(MCDO法を含む)による治療を行っています。

ページトップへ

ホームページリンク