岡山大学病院

安全な医療を提供するために

医療安全管理に関する基本的考え方

 岡山大学病院では,特定機能病院として患者の皆さま中心の高度な医療を提供すると共に,事故のない安全な医療を提供するために,職員一人ひとりが最大限の注意を払いながら日常の診療に当たっています。

 しかし,人であれば誰でもエラーをおかすことがあるという事実は,医療においても例外ではありません。当院では,全ての医療従事者が責任感を持って患者の皆さまの診療にあたると共に,エラーがおこりうることを前提として,個人及びシステムによるエラーのチェック機能を強化していくことが重要であると考えています。医療事故防止には,エラーの発生メカニズムに関する科学的知見や,医療界以外の領域での事故防止への取り組みを参考にしながら,「予防」を主眼にしたシステムとしての安全性の向上を図っていくことが必要であると考え,安全推進運動を継続しています。すなわち,エラーを誘発しない環境や,おこったエラーを吸収して事故を未然に防ぐことができるシステムを組織全体として整備する努力を続けています。

 また,安全な医療の推進には患者の皆さまのご協力が必要です。自分が受けている医療の内容を十分理解していただき,エラーのない正しい医療行為が行われるように職員と共に確認作業などに参加していただくようにお願いいたします。

  • 『医療安全管理のための指針』全文はこちら

ページトップへ