産科婦人科 独自HP

産科婦人科とは

産科婦人科では,女性のトータルヘルスケアを担当しています。思春期から妊娠,出産,さらに閉経後まで,また女性生殖器腫瘍の診断,治療などに対して適切な医療を提供しています。

医師のご紹介

医師
産科婦人科長
平松 祐司 教授
[周産期医学,産婦人科手術学,婦人科腫瘍学]

スタッフ

増山  寿准教授[周産期医学,分子内分泌学]
関  典子講師[婦人科腫瘍学]
鎌田 泰彦講師[生殖内分泌学,生殖免疫学,女性心身医学]
中村圭一郎講師[婦人科腫瘍学]
瀬川 友功助教[周産期医学]
楠本 知行助教[婦人科腫瘍学]
早田  桂助教[周産期医学,臨床遺伝学]
小谷早葉子助教[生殖内分泌学]
酒本 あい助教[生殖内分泌学]
春間 朋子助教[婦人科腫瘍学]

※[ ]内は専門領域

外来診療医・曜日別診療領域
 月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日
外来診療医等 教  授 予約患者のみ 予約患者のみ 教  授 予約患者のみ
曜日別診療領域午前 初診
産科健診
婦人科再診
腫瘍
 
生殖内分泌・
不妊症
ハイリスク・遺伝
 
更年期・PMS・自律神経
生殖内分泌・
不妊症
不育症・習慣流産
 
ジェンダークリニック
産科健診
婦人科再診
初診
産科健診
婦人科再診
腫瘍
生殖内分泌・
不妊症
不育症・習慣流産
更年期・PMS・自律神経
ヘルスケア
産科健診
 
生殖内分泌・
不妊症
 
ジェンダークリニック

ページトップへ

診療体制

平松教授の指導の下,周産期・腫瘍・生殖内分泌の三つの専門グループに分かれて診療を行っています。専門医による外来・入院患者さんの診療に当たると同時に医学教育,臨床・基礎研究を進めています。

治療方針

エビデンスに基づき,カンファレンスなどで十分な検討を経て関連する各科と合同検討会を開いた上で治療方針を決定しています。患者さんの立場に立ち,高度・安全・効率的な医療を提供しています。

得意分野

胎児超音波検査,MRI検査を駆使し,より正確な胎児出生前診断を行い,関連各科と連携して胎児管理に当たるとともに,合併症妊娠や異常妊娠の管理を行っています。多数例の女性生殖器腫瘍に対して,手術,化学療法,放射線療法を組み合わせて集学的な治療を行い,良好な治療成績を上げています。不育症や性同一性障害の専門外来を設け,積極的に取り組んでいます。

対象疾患

ページトップへ

診療内容

産婦人科は,女性の一生涯に関わる唯一の科です.
岡山大学病院産科婦人科では,患者さんに,産婦人科領域全般にわたって第一線の医療をご提供できるよう,日夜努力しております。
外来診療は,原則予約制とし,なるべく待ち時間を少なくするように心がけています。また初診日は月・木曜日ですが,総合患者支援センター(地域医療連携室)を通じて,紹介元の先生より初診日の予約も可能です。各専門外来の診療内容についてはこちらをご参照ください
入院診療は,入院棟東4階の周産母子センター(産科,新生児集中治療室NICU)と西4階(婦人科・産科)に分かれ,完全看護体制で対応しています。なお産科病棟の詳細については周産母子センターをご参照ください。

写真
術前には入念なカンファレンスを行っている。
写真
周産母子センター(NICU)

ページトップへ

高度先進・特殊医療

保険診療で実施している技術
特殊医療

主な検査と説明

ページトップへ

主な検査・医療設備

周産母子センター

2008年3月に新病棟に周産母子センターが完成し,岡山県における地域周産期センターとして,各種合併症をもったハイリスク妊娠管理を行っています。また,NICUは小児科と協力して運営し,早産未熟児,合併症をもった赤ちゃんの治療に当たっています。

岡山大学周産期オープンシステムについて

平成18年4月より,厚生労働省のモデル事業として全国に先駆けて『岡山大学周産期オープンシステム』がスタートしました。大学病院の産科ベッドの一部をオープンベッドとし,健診は現在の病院・医院で,分娩は設備・スタッフのそろった大学病院で行うことにより,妊婦さん(特にリスクのある妊婦さん)に,より安全なお産をしていただくことを目指しています。妊娠初期に登録しておけば,何かあれば大学病院の医師の診察を受けることが可能で,大学病院での母親学級も受講できます。また,分娩時には健診をしていただいている医院,病院の先生に立ち会ってもらうこともできます。
現在,岡山市内17病院,24名の先生に参加いただいており,協力施設には周産期オープンシステムのポスターを掲示し,パンフレットをおいていますのでお尋ねください。

胎児異常の出生前診断

胎児形態異常や胎児心奇形の診断及び周産期管理を行っています。特に,胎児心臓異常のスクリーニングは高度先進医療にみとめられ,専従医が慎重に診断しています。異常が発見された場合は,小児循環器チーム,心臓血管外科と密接な連絡を取り,一貫した治療を行っています。母体血胎児染色体検査も行っていますので,予約して受診してください。

妊娠中,帝王切開時の子宮筋腫核出術

妊娠判明後に初めて見つかった流早産の原因になりやすい子宮筋腫に対しては,適応があれば妊娠中でも積極的に子宮筋腫の核出術を行っています。全国で最も症例数が多く成績も良好です。筋腫核出術をうけた患者さんの87%で術前の症状は消失し,妊娠中筋腫をもってない妊婦さんと同様の生活をすることが可能となります。
また,帝王切開時に発見された子宮筋腫は,通常他院ではそのままにしますが,筋腫を残したままにすると子宮復古不全,悪露滞留,子宮内膜炎,月経困難症,不妊など多くの合併症が起こるため,患者さんのQuality of lifeを考慮し,当科では帝王切開時に原則として同時に核出してあげ,その後の再手術を減らすように心がけています。

婦人科悪性腫瘍の集学的治療,外来化学療法

本院は日本婦人科腫瘍学会認定の婦人科腫瘍専門病院であり,婦人科腫瘍専門医も4名おります。悪性腫瘍(がん)への治療戦略は,日進月歩で多様化しています。当科では手術療法,化学療法(抗がん剤),放射線療法を基本に,毎週全員でカンファレンスし,患者さん一人ひとりに対して最適の治療方針を決定し,悪性腫瘍の根治を目指しています。また子宮頸がん手術では進行期に応じて,将来の妊娠のための子宮温存手術,術後合併症軽減のための神経温存広汎子宮全摘術を実施しております。
また週1回で日帰りの外来化学療法も,適応があれば積極的に行っています。

高線量遠隔操作体内照射システム(RALS: remote afterloading system)

子宮頸がんなどへの放射線療法の一環として,RALSを用いた骨盤腔内照射を行っています。この装置により,照射の精度が向上し,治療時間も大幅に短縮され,患者さんの負担が軽減しました。

超音波メスを用いた子宮頚部円錐切除術

当科では初期の子宮頸がんや前がん病変(上皮内がんや異形成)に対する円錐切除術に,切開・止血効果に優れた超音波メスを使用して出血量の軽減をはかっています。

DaVinciを用いたロボット手術

2012年10月より子宮体がん,子宮頸がんに対するロボット手術を行っています。非常に低侵襲の手術で,術後早期の復帰が可能です。

良性婦人科腫瘍に対する,低侵襲(傷の小さい)手術

婦人科の良性疾患(子宮筋腫や卵巣のう腫など)に対して,腹腔鏡を用いた治療を積極的に行っています。また子宮内膜ポリープや粘膜下子宮筋腫などに対しては,子宮鏡(レゼクトスコープ)を用いて,子宮の中を観察しながら治療を行います。いずれも入院日数は4-6日で,痛みも少なく,退院後は早期の社会復帰も可能です。

不妊症に対する,腹腔鏡下検査・手術

当科では,一般的な不妊治療や体外受精・胚移植だけでなく,不妊症の原因を調べるための系統的な腹腔鏡下検査や手術を積極的に行っております。不妊症の原因が,腹腔内の炎症や癒着と考えられる方が主な適応ですが,原因不明の不妊症の方でも術前に診断できなかった子宮内膜症や卵管周囲癒着が見つかることもあります。必要な場合は,子宮鏡や卵管鏡下卵管形成術(FTカテーテル)も併せて施行します。 また開業医の先生からの,腹腔鏡下検査・手術目的の御紹介もお引き受けしております。

習慣流産・不育症の診断・治療

当科では,流産や死産もしくは胎児発育不全(赤ちゃんが大きくならない)を繰り返す習慣流産・不育症の診断及び治療に力を入れています。最新の治療を取り入れるだけでなく,子宮動脈の血流評価など岡山大学独自の管理方式も関連学会で報告しています。
抗リン脂質抗体症候群などの血液凝固異常を伴う症例には,抗凝固療法である低用量アスピリン・ヘパリン療法などを積極的に行っており,良好な妊娠継続率を得ています。さらにガンマグロブリン療法などにも対応しています。

月経前症候群(PMS/PMDD)の専門外来

毎月の生理前に決まって起こるイライラやうつなどの症状を月経前症候群(PMS/PMDD)といいます。軽い症状は比較的多くの女性にみられますが,仕事や家事が手につかなくなり,家庭内や職場でトラブルを起こしているような女性には治療が必要です。当科では,PMS/PMDDに対する専門外来を開設し,女性の生活の質QOLの向上を目指しています。

ジェンダークリニック

関連各科と協力し,数多くの性同一性障害の患者さんの治療を行っています。

セカンドオピニオン外来

他施設で治療を受けられている患者さんで,治療内容に疑問のある方に対してセカンドオピニオン外来を行っており,専門の医師が対応しています。希望のある方は,現在治療を受けられている先生と相談の上,患者支援係を通してセカンドオピニオン外来を予約し受診してください。

写真 写真

ページトップへ