整形外科 独自HP

整形外科とは

軟骨,筋,靭帯,神経などの疾病・外傷を対象とし,その病態の解明と治療法の開発及び診療を行う科です。

医師のご紹介

医師
整形外科長
尾﨑 敏文 教授12
[骨軟部腫瘍,脊椎脊髄外科]

スタッフ

田中 雅人12 准教授 [脊椎脊髄外科・痛みリエゾン]
野田 知之12 講師 [外傷,関節外科]
古松 毅之1 助教 [膝関節外科,スポーツ]
島村 安則1 助教 [上肢の外科,上肢スポーツ医学,小児先天]
遠藤 裕介1 助教 [股関節外科,小児整形]
杉本 佳久1 助教 [脊椎脊髄外科]
宮澤 慎一1 助教 [膝関節外科,スポーツ]
荒瀧 慎也1 助教 [脊椎脊髄外科]
瀧川 朋亨1 助教 [脊椎脊髄外科]
鉄永 智紀1 助教 [股関節外科,小児整形]
鉄永 倫子1 助教 [脊椎脊髄外科・痛みリエゾン]
藤原 智洋1 助教 [骨軟部腫瘍]
中原 龍一1 医員  
雑賀 建多1 医員 [足の外科]
香川 洋平1 医員  
田中 孝明1 医員  
大森 敏規1 医員  
町田 宗博1 医員  

総合リハビリテーション部

千田 益生12 教授 [リハビリテーション,スポーツ]
堅山 佳美2 助教 [リハビリテーション,電気生理]
上原 健敬1 医員  

運動器疼痛性疾患治療研究センター,人体構成学講座

西田圭一郎1 准教授 [リウマチ,上肢の外科]

運動器知能化システム開発(ナカシマメディカル)講座

藤原 一夫1 准教授 [股関節外科,リウマチ]
武田  健1 助教 [骨軟部腫瘍]

運動器医療材料開発講座

国定 俊之12 准教授 [骨軟部腫瘍,関節外科]
那須 義久1 助教 [リウマチ,関節外科]

※名前の後ろの 1 は日本整形外科学会専門医
※名前の後ろの 2 は日本リハビリテーション医学会専門医
※[ ]内は専門領域

曜日別診療領域
 
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
一 般 外 来        
特殊外来 骨軟部腫瘍            



股関節外科          
膝関節外科              
足の外科              
上肢の外科                  
リウマチ              
脊椎外科      
側弯症            
小児整形                
スポーツ              
リハビリテーション                  
外 傷                  
痛みリエゾン                

ページトップへ

診療体制

骨軟部腫瘍,関節外科(股関節・膝・上肢・リウマチ),脊椎脊髄外科,小児整形,スポーツ整形外科,上肢の外科,リハビリテーション,外傷の各専門グループなどがあり,専門医による診療を行っています。

治療方針

整形外科領域全般にわたって幅広く,最新の治療を行っています。外来では一般外来に加え,各専門医による特殊外来を設けています。入院患者さんについては各専門グループによるチーム医療を取り入れており,手術症例は全例,週2回のカンファレンスで全スタッフによる検討を行っています。

得意分野

骨軟部悪性腫瘍の四肢温存手術(人工関節を含む),股・膝・肘人工関節(低侵襲手術を含む),脊椎手術(低侵襲手術を含む),小児整形疾患の手術,関節鏡を用いた前十字靱帯再建・半月板手術,手の機能再建手術,上肢スポーツ障害手術,骨折手術(骨盤輪・寛骨臼骨折手術,低侵襲手術を含む),感染・偽関節手術

対象疾患

診療内容

整形外科

  1. 骨軟部腫瘍
    骨軟部の原発性良性腫瘍及び悪性腫瘍,転移性腫瘍など。
  2. 関節疾患
    変形性関節症,関節リウマチ,大腿骨頭壊死,各種人工関節(肩・肘・股・膝)など。
  3. 脊椎脊髄外科
    変形性脊椎症,椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症,側弯症,靭帯骨化症,骨粗鬆症など。
  4. 小児整形外科
    先天性股関節脱臼,内反足,斜頚,骨系統疾患,脚延長など。
  5. スポーツ医学
    肩・肘・膝・足の鏡視下手術,靭帯断裂,アスレチックリハビリテーションなど。
  6. 上肢の外科
    手の先天奇形,絞扼性末梢神経障害,リウマチによる障害,肩・手の鏡視下手術など。
  7. 外傷
    四肢骨折,脱臼,靭帯・腱断裂,偽関節,骨髄炎など。
    足の外科
    外反母趾,偏平足,変形性足関節症,足関節不安定症,踵骨骨軟骨損傷
  8. リハビリテーション
    運動器疾患,呼吸器疾患,循環器疾患,脳神経外科疾患などの疾患における機能回復。

これらの他にも整形外科領域全般にわたって幅広く,最新の治療を行っております。下記の表に示しておりますように一般外来に加えて特殊外来を設けており,専門医による診療を行っております。

ページトップへ

外来受診のご注意

診察時間は原則として月曜,火曜,木曜の午前中です。初診の方は11時まで(できるだけ早い時間帯)に総合外来で受け付けをしていただき,整形外科を受診していただきます。
再診は原則として予約をとっております。

ページトップへ

高度先進・特殊医療

保険診療で実施している技術
先進医療(高度医療)として届出を行っている技術
臨床研究として実施している技術

主な検査と説明

ページトップへ

岡山大学病院における特徴的な治療法

骨軟部腫瘍

 悪性骨軟部腫瘍は稀な病気ですが,20年前までは切断術が主に行われ,さらに生存率も20%程度である非常におそろしい病気でした。現在では治療法の発展により,岡山大学病院では,切断をすることはあまりなく,ほとんどの患者さんの四肢を残す手術が可能となりました。また,生存率も飛躍的に改善して70-80%の患者さんが元気に生活されています。その手術に関しては,患者さんやその家族の方と十分相談した上で術式を決めるようにしています。今までにいろいろな手術方法で治療してきました。患者さんの年齢や職業,生活様式にあうベストな再建術式を選択して手術しています。

写真

関節外科

 当院では1972年から人工関節手術を施行しており,その数はすでに2000件を越えています。岡山県で最初にMIS人工股関節全置換術及び人工膝関節置換術を2003年から開始しています。MISとは最小侵襲手術の略で,患者さんの身体への負担が少なく回復も以前に比べて飛躍的に早くなる方法です。このため術後の入院期間は2〜3週間となっています。また正確に手術を行うため,2004年からコンピューターナビゲーションシステムを導入しています。2007年5月時点では人工関節の分野では岡山県で唯一ナビゲーションシステムを用いて手術を行っています。
 股関節に関しては40歳代以下の若い人には自骨による関節を温存する手術も積極的に行っており,人工関節にならないよう予防にも努めています。

写真

脊椎脊髄外科

 腰椎椎間板ヘルニアや脊椎後方固定術においては,顕微鏡や内視鏡を用いて傷を小さくして影響を少なくするような低侵襲手術に取り組んでおり,早期の離床ひいては早期の社会復帰が可能となってきています。また頚椎や側弯症の固定術の際にはナビゲーションを用いて脊椎を固定するインプラントを設置しており,従来と比べて飛躍的に正確性が向上しています。このようなインプラントを用いる際も,大きな傷を作ることなく小さな傷で手術が次第に可能となってきています。

写真

小児整形外科

 子供の治癒能力を最大限いかすように,可能な限り侵襲を少なくするように治療を行っています。最終手段として,手術しか方法がない場合のみ選択するようにしています。岡山大学で開発された手術法のひとつである軟治性先天性股関節脱臼に対する広範囲展開法は日本各地から小児整形外科の専門医が見学に来るほど有効性の高い方法です。また骨系統疾患などで低身長の人に創外固定器を用いた脚延長を施行しており満足いただいています。

写真

スポーツ医学

 岡山県広域スポーツセンターや岡山大学スポーツ教育センターと協力し,岡山県全体のトップアスリート(天満屋,ファジアーノ岡山,湯郷ベルなど)や国体選手からスポーツ愛好家まで幅広く,スポーツ活動全般へのサポートも行っています。具体的には健康・競技スポーツにおけるスポーツ相談やアスレチックトレーニングに取り組んでいます。またスポーツ外傷に対しては内視鏡や関節鏡などの傷が小さくなり影響の少ない手術を行い,安全に早期のスポーツ復帰を目指しています。

写真

リウマチ・上肢の外科

 関節リウマチの診断と治療は整形外科学教室開講以来の重要なテーマです。外来ではMRIや新しい抗体を用いた早期診断,抗リウマチ剤や生物学的製剤を用いた積極的な薬物治療を行っています。外科的治療では,約30年前から,すでに破壊された股関節,膝関節,肘関節に対する人工関節置換術の開発と臨床応用に取り組んでおり,いずれも良好な臨床成績を維持しています。また,最近では肩や手指の関節に対する人工関節置換術,手指・足趾の変形に対する再建術や腱断裂の治療,滑膜炎や末梢神経障害に対する鏡視下手術などの低侵襲手術も積極的に行っています。

写真

外傷

 骨折部を展開せずに小皮切より経皮的にプレートを挿入し固定する最小侵襲プレート骨接合術(MIPO)を,本邦でいち早く2000年に導入し,良好な治療成績をあげています。従来法に比べ骨折部や皮膚・軟部組織に対する侵襲が小さいため,術後機能回復が早い,骨癒合や感染に対しても有利などの利点があります。また,従来はほとんどが保存的に治療され骨盤変形や外傷性変形性股関節症にいたることが少なくなかった骨盤・寛骨臼骨折に対しても積極的に手術的治療を行い,その治療成績を向上させています。感染を合併した難治性骨折に対してもVAC療法や創外固定など様々方法を用いることで,良好な成績がえられるようになってきました。

写真

ページトップへ