小児血液・腫瘍科 独自HP

小児血液・腫瘍科とは

中四国の小児医療の拠点として,高度の先進医療を安全に提供できる施設として設置された岡山大学病院小児医療センターの一翼を担う診療科です。診療科や職種の枠を超えたチーム医療を重視し,再生不良性貧血などの血液疾患や白血病をはじめとする小児がんの診療を行うとともに非血縁者間造血細胞移植の認定診療科として,過去200例を超える造血細胞移植を行っています。全国的な多施設共同の臨床研究や血液・腫瘍疾患の病態解明のための研究にも取り組み,より多くの難治性の疾患にかかった子どもたちを治癒に導き,御家族に平穏な日々を過ごしていただけるよう,スタッフ一同,努力を続けています。

医師のご紹介

医師
小児血液・腫瘍科長代行
塚原 宏一 教授
[小児疾患]

スタッフ

嶋田  明 准教授(小児科) [血液・腫瘍疾患,造血細胞移植]
鷲尾 佳奈 医員(小児科) [血液・腫瘍疾患,造血細胞移植]
石田 悠志 医員(小児科) [血液・腫瘍疾患,造血細胞移植]
金光喜一郎 医員(小児科) [血液・腫瘍疾患,造血細胞移植]
藤原かおり 大学院(小児医科学) [血液・腫瘍疾患,造血骨髄移植]

※[ ]内は専門領域

外来診療医・曜日別診療領域
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
外来診療医 教授(塚原) 助  教 講師(長谷川) 准教授(嶋田) 教授(池田)
曜日別診療領域 一般外来
免疫・アレルギー
血液・腫瘍
乳児検診
心臓超音波検査
一般外来
腎臓
内分泌・骨
心身症
予防接種
一般外来
血液・腫瘍
内分泌・骨
心身症
一般外来
循環器
免疫・アレルギー
血液・腫瘍
心身症
一般外来
感染症・アレルギー
消化器・肝臓
内分泌・骨
遺伝・代謝
乳児健診

ページトップへ

診療体制

小児血液・腫瘍を専門とするスタッフを中心に,血液・腫瘍疾患を診療します。
小児外科,脳神経外科,整形外科,頭頚部外科,肝・胆・膵外科,眼科などの外科系診療科と連携し,最新・最善の治療を行うとともに,緩和医療科,ペインセンターとも協力し治療中,治療後のこころのケアも重視します。内科系診療科との協力により治療終了後の晩期障害への対応等のための長期間のフォローアップ体制も構築中です。

治療方針

最新かつ高度な小児医療を安全に提供致します。診療に当たってはご家族やご本人に充分に診療内容を説明し,ご理解をいただくよう努め,良好な医療者―被医療者関係のもとでの「信頼される小児医療」をモットーにしています。

得意分野

再生不良性貧血などの難治性の血液疾患,白血病をはじめとする小児がんの化学療法,様々な血液疾患や免疫不全症,白血病や脳腫瘍,神経芽腫などの小児固形腫瘍の移植治療など。

対象疾患

ページトップへ

診療内容

小児血液・腫瘍科が一翼を担う小児医療センターは中・四国の中核の小児医療専門施設として,病棟34床を有し,一般的な疾患はもとより,重症感染症,低身長,内分泌,骨疾患,腎臓病,新生児,血液・小児がん,膠原病,感染症,循環器疾患,心身症等の高度な専門知識と専門技術を必要とする小児の疾患群の診断と治療を最新の方法を用いて行っています。中・四国地方のみならず,東北,関東,九州などからも多くの患者さんが通院されています。中・四国地方を中心とした多くの関連病院(各々の施設は各地域の中核病院)や,全国の先進的な小児医療機関と連携し,個々の患者さんに対して最も適切な医療体制がとれるようにしています。病棟には,院内学級(小,中学校)を設け,長期入院の子供たちに対応しています。病棟保育士も配置されており,クリ二クラウンの訪問もあります。入院中の心のケア,子どもらしい生活を送ることに対しても十分な配慮を行っています。従って,小児血液・腫瘍性疾患の治療中に起こる様々な合併症や予期せぬ事態に対しても適格な対応が可能です。
治療中,あるいは治療後に情緒不安定,摂食障害などの心身症,不登校などの適応障害が認められた場合は,専門の医師と臨床心理士によるカウンセリングを行っています。(詳しくは,小児科ホームページを御覧ください。)

外来受診のご注意

小児血液・腫瘍外来は,(月),(水),(木)です。嶋田 明准教授が診療します。必要な場合は他の曜日も受診可能です。
基本的に予約診療ですが,緊急の場合はこの限りではありません。
初診の場合は,かかりつけの先生の紹介状を持参してください。

ページトップへ

高度先進・特殊医療

保険診療で実施している技術
臨床研究として実施している技術

主な検査と説明

ページトップへ

主な検査・医療設備

HCU・ICU・PICU・CCU

麻酔科や救急部の先生方と連携し,重症児の治療にあたります。

遺伝子診断

がん細胞や各種遺伝病,染色体異常,先天性代謝性疾患等に遺伝子診断を行い,より正確な診断,適切な治療を行っています。

無菌室・無菌ベッド

骨髄移植,末梢血幹細胞移植,臍帯血幹細胞移植,強度な多剤併用化学療法(抗がん剤治療)等をより安全に行うための清潔度のきわめて高い病床を備えています。

画像診断システム

最新の画像診断機器を導入しており,診断のみならず,治療方法の選択・決定にも役立てています。

心身医学的治療

小児がんと診断され,治療を受ける際には心身両面からの支援が必要です。ご本人の診察やカウンセリングの他に,ご家族のご相談にも心身医学の専門医や臨床心理士が応じています。

写真 写真

ページトップへ