小児麻酔科

診療科の紹介

小児麻酔科は小児医療の『最後の砦』として設置された岡山大学病院小児医療センターの麻酔・周術期管理を担当する診療科です。岡山大学病院においては小児病院に劣らぬ数の麻酔症例や小児心臓麻酔をはじめとする高リスクの麻酔症例があります。小児医療センターでは最先端の高度な医療を提供する機会がますます増加し,種々の医療場面での鎮痛・鎮静,高リスクな小児麻酔症例がこれからも増加すると考えられます。小児麻酔科は小児医療『最後の砦』の一員としてこのニーズに応え,安全かつ優しい麻酔の提供に務めています。

医師のご紹介

医師
岩崎 達雄
[麻酔科学,集中治療医学]

診療体制

国内外での小児専門施設で十分なトレーニングを受けた麻酔科医を中心に小児科,小児外科を始めとする内科系,外科系診療科,看護師などと連携をとりながら小児医療センターで行なわれる鎮静・鎮痛,麻酔・周術期管理を担当します。

治療方針

最先端の知識,技術を駆使し,麻酔・周術期管理を行うことによって小児医療センターで行われる手術に欠かせない麻酔や検査・治療に必要な長時間の鎮静,あるいは十分な除痛を安全,確実かつ優しく提供します。

得意分野

他の診療科からの依頼に対応するという診療科の性格上得意分野というより不得意な分野がないと表現する方が正しいでしょう。MRIやCT検査に必要な短時間の鎮静から,腹壁破裂,先天性横隔膜ヘルニアに対する手術や単心室症や大血管転位症など複雑心奇形に対する開心術まであらゆる症例に対応し安全,確実かつ優しく周術期管理を行ないます。また,外科術後も含め重症患児に対する集中治療にも経験が深く他の診療科と協調して治療に当たり非常に良い成績を挙げています。

対象疾患

一般小児外科手術をはじめ,外科系各科の手術,小児緊急手術,先天性心疾患に対する開心術,新生児手術,心臓カテーテル検査など多様な手術・検査の麻酔に24時間体制で対応しています。また,MRI検査,CT検査に対しても麻酔あるいは鎮静を行っています。

ページトップへ

診療内容

鎮痛・鎮静

心臓カテーテル検査等非常に繊細な手技を要する場合やMRI,CT検査の際には予期せぬ体動を防ぎ一定時間安静にして頂く事が必要となります。この際,小児の場合は薬剤による鎮痛・鎮静が必要となる場合があります。検査や治療に必要な長時間の安静,あるいは充分な除痛を安全,確実かつ優しく提供しています。疾患が重篤である場合は,検査や処置に耐えうる様に積極的に呼吸・循環管理を行なっています。

麻酔・周術期管理

小児麻酔は成人と比して周術期合併症のリスクが高く,小児自体の特異性及び小児疾患の特異性から,小児を対象とする他の診療科の医師と同様に,成人の麻酔とは異なる知識や技能が要求されます。われわれは小児麻酔の十分な知識と経験をそなえた小児麻酔科医を中心に,各外科系診療科の手術を受けられる方に必要であれば手術前から全身管理を行い病態に応じた麻酔をかけるとともに重症例であれば術後急性期の全身管理を行なっています。

集中治療管理

小児心臓外科・小児外科・脳外科などの術後管理を行なうとともに岡山大学病院の各診療科や他院から紹介された重症の方に対して24時間体制で各診療科と協力しながら,集中治療に精通した小児麻酔科医が集中治療を行っています。心不全,肺炎などによる重症呼吸不全,敗血症性ショック,心肺停止蘇生後の全身管理,血液・悪性腫瘍の呼吸・循環管理,急性脳炎・脳症などの症例に対し一酸化窒素吸入療法,窒素吸入療法,低体温療法,ECMO(膜型人工肺),持続的血液浄化療法,腹膜透析などの特殊治療を行っています。

写真  写真

ページトップへ