精神科神経科 独自HP

精神科神経科とは

精神科神経科は,脳神経系の障害や心理社会的なストレスによる様々な精神疾患の診断や治療を行っております。こうした疾患に対して専門医による診察,検査,そして合理的薬物療法や精神療法を行い,患者さんとご家族の生活の回復を支援するとともに、原因・病態解明の一翼を担うことを目指している診療科です。

医師のご紹介

医師
精神科神経科長
山田 了士 教授
[リエゾン,緩和医療,
てんかん,器質性精神障害]

スタッフ

寺田 整司 准教授 [認知症疾患,器質性精神障害,老年期精神障害]
稲垣 正俊 講師 [うつ病,適応障害]
松本 洋輔 助教 [嗜癖性障害,アルコール・薬物使用障害,性同一性障害/性別違和,てんかん]
高木  学 助教 [統合失調症,躁うつ病]
川田 清宏 助教 [リエゾン,統合失調症]
井上真一郎 助教 [リエゾン,緩和医療,産業保健]
岡久 祐子 助教 [統合失調症,うつ病]
大島 悦子 助教 [認知症疾患,老年期精神障害]
小田 幸治 助教 [リエゾン,緩和医療]

※[ ]内は専門領域

外来診療医・曜日別診療領域
 
  午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後
初診(予約)
一般外来(予約)
リエゾン外来(予約)  
GID外来(予約)
思春期コンサルテーション(予約)
ものわすれ外来(予約)
心のリスク統合失調症外来(予約)

ページトップへ

診療体制

精神科神経科は,各疾患領域の専門医を中心として,高度先進医療と教育・研究を行っています。外来では,うつ病,躁うつ病,統合失調症,認知症,リエゾン(身体の病気やその治療に関係して生じる精神的症状の診療)を中心として,ストレス障害,性同一性障害,思春期疾患などの診療や専門的検査を行っています。複数の専門医を中心としたカンファレンスを通して最適な治療方針を常に考えていくようにしています。なお,入院では,閉鎖病棟と開放病棟あわせて28床のベッドがあり,平成25年度より大半が個室となっています。

治療方針

複数の専門領域の医師によるカンファレンス等を通して,チーム体制で対応し,最先端,最適の医療を提供します。
各診療科と連携して心と身体の診療と専門検査が同時にできる総合病院精神科として,そして身体の病気を併発した精神障害患者さんの入院にも対応しています。

得意分野

対象疾患

うつ病,躁うつ病,統合失調症,認知症,身体の病気やその治療に関係して生じる心理的変化やせん妄を中心として,不安障害,パニック障害などのストレス関連障害,性同一性障害,思春期の精神疾患,睡眠関連疾患,身体合併症を併発した精神疾患など。

診療内容

当科は,精神疾患の診断と治療を行っております。入院診療では,うつ病,統合失調症,不安・ストレス関連障害の治療と検査を中心に,発症前・軽度認知症や,統合失調症発症ハイリスクの方々に対する診断・治療も行っています。また,身体の病気を合併した方の入院にもできうる限り対応しています。
外来診療ではうつ病,躁うつ病,統合失調症,不安・ストレス障害を中心として, 専門外来として,もの忘れ(認知症検査),心のリスク統合失調症,思春期コンサルテーション・リエゾン,性同一性障害の専門外来があります。

ページトップへ

外来受診のご注意

 岡山大学病院の精神科神経科は,高度先進医療と教育・研究を行う機関です。外来では専門医による十分に時間をかけた診察と,精密検査,患者さんの意向を尊重した最善の治療となるよう努力しています。

(1)当科を初めて受診される方へ
他の医療機関からの紹介状をお持ちの上、初診予約をお取りください。
(2)再診について
再診も予約制となっています。通院中、急な受診が必要となった場合は、まず外来にお電話ください。病院の性格上、治療方針が決まり、見通しの立った段階で継続通院のための医療機関を紹介させていただくことがあります。

ページトップへ

主な検査と説明

ページトップへ

主な検査・医療設備

認知症精密検査

知能検査,神経心理学的検査,記銘力検査,CT,MRI,脳血流SPECT,心臓交感神経シンチグラフィー,ドパミントランスポーターシンチグラフィ

統合失調症精密検査

精神症状評価尺度,神経心理学的検査,認知機能検査,CT,MRI,脳血流SPECTなど

写真 写真 写真

ページトップへ