神経内科 独自HP

神経内科とは

神経内科は生活習慣病やメタボリックシンドロームを基盤として発症する脳卒中や認知症,頭痛,パーキンソン病などの今後ますます患者数が増加する疾患を始め,神経変性疾患や神経免疫疾患,リハビリテーション医学などを対象としており,救急医療においても極めて重要な専門分野です。

医師のご紹介

医師
神経内科長
阿部 康二 教授
[臨床神経内科学全般,脳血管障害,老年認知症,神経変性疾患,免疫性神経疾患,末梢神経・筋疾患]

スタッフ

山下  徹 講師 [神経変性疾患,ALS,認知症,脳卒中]
太田 康之 講師 [神経変性疾患,ALS,パーキンソン病,脳卒中,神経免疫疾患]
菱川  望 助教 [認知症]
佐藤 恒太 助教 [神経変性疾患,パーキンソン病]
武本 麻美 助教 [認知症]

※[ ]内は専門領域

外来診療医・曜日別診療領域
  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 新患 角田慶一郎 医員 阿部康二 教授
菱川 望 助教
柚木太淳 医員(第1,3,5週)
松本菜見子 医員(第2,4週)
  阿部康二 教授
幡中典子 医員
森原隆太 医員
野村恵美 医員
専門外来 北山通明 診療講師
河原由子 医員
(免疫)

太田康之 講師
(ALS/PD)
幡中典子 医員
(パーキンソン病)
武本麻美 助教
(認知症)
中野由美子 医員
(脳卒中)

ボツリヌス療法外来 山下 徹 講師
(SCD/認知症)
菱川 望 助教
(認知症)
佐藤恒太 助教
(パーキンソン病)
高橋義秋 医員
(脳卒中)
 

ページトップへ

診療体制

外来は日本神経学会専門医,日本脳卒中学会専門医・日本認知症学会専門医の資格を持った医師を中心に診療を行っています。入院棟は上記の専門医の指導の下,毎週カンファレンスを行い,さらに教授回診にて問題点を整理し,国際的なエビデンスに基づく最良の治療を行っています。また, 24時間体制で救急部・脳神経外科・神経内科の3科で脳疾患救急専門チームとして対応し,発症後3時間以内の脳卒中に対しては経静脈的線溶療法などの最新の治療を行い成果を上げています。

治療方針

中四国地方だけでなく,全国の医療機関からさまざまの疾患について,セカンドオピニオンをはじめ多数紹介をいただいております。中四国の中核の大学病院としての役割を果たしていると同時に,山陽地区神経難病ネットワーク,山陽脳卒中協議会などを創設し,難病相談,患者会などを通じて,神経難病,脳卒中などで闘病されている方に対して,医療支援だけでなく,生活支援・就労支援なども行い,地域医療に貢献するため努力しています。

得意分野

脳卒中,認知症(アルツハイマー病など),神経変性疾患(筋萎縮性側索硬化症,脊髄小脳変性症,パーキンソン病など),免疫性神経疾患(多発性硬化症,重症筋無力症,CIDPなど),ボツリヌス療法など6つの専門外来を設け専門的でより高度な診療を行い,生活習慣病と脳卒中・認知症の関連についての研究も行っています。

対象疾患

診療内容

神経内科では,脳・脊髄・末梢神経・筋の様々な疾患の診断を担当しています。具体的には,頭痛,しびれ,めまい,物忘れ,手足のふるえ,手足の脱力・麻酔,筋肉のやせ,筋肉痛,歩行の異常,言葉のもつれ,けいれん発作といった症状でお困りの患者さんを診療しています。代表的疾患別の診療内容としては,治療薬の進歩が著しい片頭痛に対して,正確な診断と適切な薬物療法を行っています。生活習慣病やメタボリックシンドロームと関係の深い脳卒中診療においては,t-PA(組織プラスミノーゲンアクチベーター)を用いた超急性期の脳梗塞に対する血栓溶解療法に積極的に取り組み,成果を上げています。また,最新のエビデンスに基づいた,脳梗塞再発予防のための薬物療法を行っています。高齢化社会を迎えてますます患者数の増加が見込まれる認知症においては,早期診断と治療を最新の診療手法を用いて実践しています。また,ギラン・バレー症候群や慢性炎症性脱髄性ポリニュ−ロパチー(CIDP)に対する大量ガンマグロブリン療法,多発性硬化症に対するインターフェロン療法,重症筋無力症に対する免疫抑制療法・血漿交換療法,眼瞼痙攣・片側顔面痙攣・痙性斜頸に対するボツリヌス毒素療法などの神経内科専門的治療についても豊富な経験があります。さらに,各種の神経難病の診療と生活支援活動などに積極的に取り組んでいます。

ページトップへ

外来受診のご注意

(初診時の手続き等は,本院に紹介していただく場合・外来診療医日割表・曜日別診療領域表をご参照ください。)

再来の方
 1) 予約方法 診療終了時,コンピュータに登録します。
 2) 予約時間帯区分 再来予約票に記載してあります。

ページトップへ

高度先進・特殊医療

保険診療で実施している技術

主な検査と説明

写真

ページトップへ

主な検査・医療設備

電気生理学的検査
写真

〈針筋電図・神経伝導速度検査〉
 筋萎縮性側索硬化症等の変性疾患,脊髄症,椎間板ヘルニア等の脊椎脊髄疾患,糖尿病性神経障害,手根管症候群,顔面神経麻痺等の末梢神経障害,重症筋無力症,多発性筋炎等の筋疾患など顔面・四肢のしびれ,麻痺,筋萎縮に対して責任病巣を検索したり,重症度・回復の状態を知るために有用な検査です。

〈誘発電位検査〉
 視覚誘発電位,聴性脳幹反応,体性感覚誘発電位,磁気刺激などにより,神経系における器質性病変の部位を検索したり,回復の状態を知るために有用な検査です。

〈脳波〉
 てんかん・意識障害等の鑑別と診断,治療効果の判定を行うのに有用な検査です。

〈アプノモニター〉
 睡眠時無呼吸症候群のスクリーニング検査で中枢性,末梢性の無呼吸の鑑別や治療効果の判定に有用な検査です。

各種画像検査
写真
写真

MRI,MRアンギオ,CT,脳血流SPECT,DAT-スキャン等があります。これらにより各種疾患を総合的に診断し,治療に役立てています。

神経・筋生検
写真

筋力低下,筋萎縮,感覚障害の原因を調べるための病理学的検査で治療法の決定に有用な検査です。

腰椎穿刺
写真

脳脊髄液を採取し,中枢神経感染症や他の神経疾患の診断と治療方針の決定に有用な検査です。

遺伝子検査

遺伝性脊髄小脳変性症,家族性筋萎縮性側索硬化症,筋ジストロフィー,ミトコンドリア脳筋症等の原因検索に有用な検査です。

眼瞼痙攣,片側顔面痙攣,痙性斜頸に対するボツリヌス毒素治療

ボツリヌス毒素の局所への注射によるこれらの疾患の治療を行っています。

ページトップへ