薬剤部 独自HP

医師
薬剤部長
千堂 年昭 教授

薬剤部とは

「医薬品のプロフェッショナル集団として,病院内における医薬品のあらゆる問題に責任を持つ」を念頭に置き,安全かつ良質な薬物療法の推進に努めています。

運営体制

薬剤部は調剤室,薬品管理室,麻薬管理室,製剤室,医薬品情報室,薬剤管理指導室,外来薬剤業務管理室,試験研究室,治験管理室,臨床試験支援室から成り立っています。これらはお互いに連携し業務の効率化を図っています。

運営方針

積極的なチーム医療への取り組み

薬剤部職員は,それぞれ各病棟に配属され,病棟業務を通じて安全で有効な薬物療法に貢献し,専門性を活かした「チーム医療」に参画しています。 また,外来においてもがん化学療法の有効性・安全性をより高いものとするため,がん化学療法チームに薬剤師が積極的に関わっています。このように薬剤部だけではなく他の医療スタッフと協力し有効で安全な薬物治療を実践することは良質な医療を行う基本です。

安全な薬物療法の提供

薬剤部では以下のような取り込みを行うことで,薬物治療の安全性向上に貢献しています。

◎内服薬・外用薬の調剤
調剤室では患者さんが使用される内服薬・外用薬の調剤を行っています。安全確保のために二重,三重のチェック体制をとっており,とくに散薬,水薬では調剤段階でのエラーを防止するためコンピューターを利用し,視聴覚による自動鑑査システムを導入し安全な調剤に努めています。
◎注射薬の管理・払い出し
薬品管理室では院内に採用されている注射薬を適切に品質関理し,必要に応じて患者さん毎に1日分をセットして病棟に払い出しています。このことで注射薬の適正使用や有効かつ安全な薬物治療の提供に努めています。
◎抗悪性腫瘍薬の混合調製
医師より処方された抗がん剤についてはプロトコールに基づいた厳密な処方鑑査により無菌調製を行っています。また,医師,看護師等との連携を深め,抗がん剤の使用に対する安全性の確保と適正使用,副作用対策の確立に努めています。
◎医薬品情報の提供
薬品情報室では,医薬品の副作用,安定性(光,湿度,温度),注射薬の混合可否など医薬品に関する情報を収集し,医師,看護師などへ情報提供をしています。また,院内情報紙「薬の窓口」を発行して患者さんにも医薬品の情報を提供しています。
◎薬物血中濃度の測定・解析
薬剤の中には血液中の薬物濃度を厳密に管理することで,副作用を回避し,治療効果を最大限に引き出せるものがあります。薬品試験室では,治療に最適な薬物血中濃度となるようにシミュレーションを行った上で,医師に適切な投与量・投与方法を提案しています。
◎入院病棟での医薬品適正使用の推進
岡山大学病院では入院患者さんに対して適切かつ安全で有効な薬物治療を提供するために,全病棟へ薬剤師を配置しています。病棟薬剤師は入院患者さんの内服状況やお薬による副作用状況等を確認し,服薬指導および薬剤管理指導を通じて入院患者さんの薬物治療が有効かつ安全に行われるように医師ならびに看護師等の他の医療スタッフとして連携してお薬の適正な使用の推進に貢献しています。
◎臨床試験の支援
臨床試験支援室では治験コーディネーター(CRC)が患者さんに安心して治験に参加していただけるよう,治験を含む臨床試験をサポートしています。また,治験管理室では,治験が適切かつ安全に行われるよう,治験薬の管理,注射治験薬の調製,治験関係資料の管理などの業務を行っています。

研究・教育

写真 写真
写真

患者さんへの適正な薬物療法を念頭においた臨床薬剤学的研究,さらに医・歯・看護学生への基礎・臨床薬理学教育,薬学生に対する臨床実務実習・大学院生への臨床薬理学・医療薬学教育を行っています。

研究では,以下のように医薬品に関係した幅広い基礎・臨床研究を行っています。

◎基礎研究
  1. 中枢神経系薬物,特に向精神薬物,麻薬関係薬物の神経精神行動薬理学的研究(病態モデルの作製と発現機構に関する研究)
    • 1) 意欲・動機付けの脳内発現機構と薬物の作用
    • 2) 治療抵抗性うつ病モデルの作成と治療薬の研究
    • 3) 抗がん剤投与の精神機能へ与える影響
  2. 医薬品による有害作用の発現機序解明と予防対策の確立
    • 1) 抗がん剤による副作用軽減に関する研究
    • 2) 分子標的治療薬の血中濃度と有害事象に関する研究
    • 3) 重合開始剤による有害事象の機序解明
◎臨床研究
薬剤部からの臨床研究に関するお知らせ

ページトップへ