教育内容・特色

ホーム > 教育内容・特色 > 東アジア国際協力・教育研究センター

東アジア国際協力・教育研究センター

センター設立の目的

・東アジアとの教育・学術交流の推進と相互理解と地域協力の緊密化
・人文社会科学の研究水準向上と研究成果の国際的発信
・国際学術ネットワークの整備と管理

センターの目的

センターは、東アジアとの学術・教育交流を目指す国際化拠点として、上記の目的を達成するため以下の事業を実施します。

1.東アジアとの教育・学術交流を深めるため、大学間国際交流協定の締結を推進します。
すでに、中国の吉林大学、東北師範大学、復旦大学、浙江大学と交流協定を締結していますが、今後はさらに、中国の北京大学、北京中央財経大学、上海社会科学院、韓国の高麗大学、成均館大学校、国民大学校、ベトナムのハノイ国家大学社会人文科学大学などとの学術交流を推進します。


2.学生交流プログラムの推進と維持管理を行います。
吉林大学、東北師範大学との間に、共通科目、共同ワークショップを設置し、ダブルディグリー・プログラム(博士前期課程及び博士後期課程)を実施しています。

3.国際学術交流(国際シンポジウム、国際ワークショップ、教員の派遣等)の企画、実施を推進します。
東アジア諸大学に加え、欧州の大学(フランスのボルドー大学、ストラスブール大学、トルコのチャナッカレ大学など)との研究・教育連携を促進し、国際シンポジウム、国際ワークショップを開催します。

 東アジア関連研究の出版を行います。
 国際学術交流ネットワークの整備と管理を行います。
 東アジアに関する基礎的資料の蓄積を行います。

東アジア国際協力・教育研究センタースタッフ

センター長

佐野 寛

専任教員

土屋 洋

◆連絡先◆
E-mail:tsuchiya◎okayama-u.ac.jp
TEL/FAX:086-251-7442

非常勤スタッフ

堀 早苗

◆連絡先◆
E-mail:hss-egec◎cc.okayama-u.ac.jp
TEL/FAX:086-251-8446

※迷惑メール対策のため、「@」を「◎」にしています。メールを送る際は、「◎」を「@」に置き換えてください。