教育内容・特色

ホーム > 教育内容・特色 > 税理士試験の科目免除

税理士試験の科目免除

 税理士法改正により、修士の学位等取得による試験科目の免除制度については、試験の分野(税法科目、会計学科目)ごとに、いずれか1科目(※注)の試験で基準点を満たした者(いわゆる一部科目合格者)が、自己の修士の学位等取得に係る研究について国税審議会の認定を受ける制度に改められました。国税審議会から認定を受けた場合には、税法科目であれば残り2科目、会計学科目であれば残り1科目にも合格したものとみなされて試験が免除されます。

(※注)税法科目にあっては、所得税法又は法人税法以外の科目でも構いません。また、試験合格の科目と研究の内容が同一(例えば、所得税法に合格した者が所得税法関係の研究をするなど)であっても構いません。

詳細については、国税庁ホームページ・税理士試験情報をご覧ください。
ホーム>調達・その他の情報>税理士試験情報>税理士試験に関するQ&A>試験科目の免除について