男女共同参画室

ホーム > 男女共同参画室 > 平成24年度 第1回交流サロン

男女共同参画室について
男女共同参画推進基本計画
「活動紹介と新たなる事業展開を目指して」
イベントのお知らせ
セミナー・イベント活動報告
ウーマン・テニュア・トラック(WTT)について
女性研究者支援
女性サポート相談室
アンケート・インタビュー調査
人材登録バンク
メンタリング
おかやまサイエンス・トーク
保育施設
他機関情報
その他事業への参加
男女共同参画室ニュースレター

平成24年度 第1回交流サロン (2012.7.17)PDF

平成24年度 第1回交流サロン 開催!「女の言い分、男の言い分、やっぱりイーブン」-複眼的男女共同参画社会論事始め-




【講演内容ご紹介】
我が国において「男女共同参画社会」が推進されるようになってずいぶんたちます。女性からは平等ではない状況への不満の声がある反面、男性からは「女性を活用したいけれど、やっぱりあてにならない。」、「女性の敵は女性じゃないのか。」といった声がよく聞こえてきますが、本当のところはどうなのでしょうか?
個人の能力や適性を生かせる組織作りを目指しながらなかなか上手くいかない企業体は少なくありません。また、職場や地域で活躍していても、家庭に一歩入れば「風呂、飯、寝る。」しか言わない亭主関白の旦那に甘んじている女性が多いのも現実です。
「女の言い分、男の言い分、やっぱりイーブン-複眼的男女共同参画社会論事始め-」では、このような悩ましい現状を踏まえ、家庭や地域、職場における男女共同参画の現状と変化の可能性について、歴史や文化を踏まえた講演と参加者による意見交換を行います。講師の小松泰信氏は農業協同組合論や農業経営学がご専門であるにも関わらず、男女共同参画社会作りについて講演依頼が絶えないというユニークな方です。皆さんも、ちょっと自分の「男女共同参画」意識と実践について刺激を受けに来てみませんか?

【日にち】平成24年7月17日(火)16時00分~18時00分

【場 所】創立50周年記念館 2階大会議室

【内 容】
-第1部 講演-
「女の言い分、男の言い分、やっぱりイーブン-複眼的男女共同参画社会論事始め-」
  講師 小松 泰信 氏(岡山大学大学院環境生命科学研究科 教授)

-第2部 交流会-
交流会では、小規模のグループによるディスカッションを行います。

【講師のご紹介】
岡山県内に限らず、全国各地で男女共同参画社会作りや農業問題に関する講演多数がおありの岡山大学教授(大学院環境生命科学研究科)。京都大学で博士(農学)を取得後、平成九年より岡山大学で勤務されています。
ご専門は、農業協同組合論、農業経営学。

【対象者】本学の教職員、学生、一般

【申込方法】準備の都合上、出席を予定されている方はできるだけ事前申込にご協力をお願いします。

【参加費用】無料

【託児あり】託児を希望される方は、7月10日(火)までにお申し出ください。

【お申込先】
E-MAIL: sankaku1@adm.okayama-u.ac.jp
TEL: 086-251-7011