男女共同参画室

ホーム > 男女共同参画室 > 研究支援員事業、女性サポート相談室等の支援についてご紹介します。 > 平成23年度Career Cafe

平成23年度Career-Cafe

キャリアカフェ開催(2012.1.31)

日 時:平成24年1月31日(火)
場 所:理学部 教職員リフレッシュルーム

  1月31日に理学部1階の教職員リフレッシュルームで、第9回目のキャリアカフェを開催しました。今回の参加者は、1歳~5歳の乳幼児を育児中の方がほとんどでしたので、その時期の子どもたちの子育ての大変さを共感しやすい会となりました。
参加者からは、我が子の困った行動が次々と紹介されました。いつも朝起きて一番に靴下をはかないと気が済まず、親の履いているそれを脱がそうとする4歳児、家の周囲を何周も回らないと車から降りない2歳児、保育園に持っていく際、目の前にない色のティッシュばかりを要求する5歳児等々、親としてはイライラさせられる行動も、互いに話し合うことで笑いに変えることができました。
 他にも、ここ数年で学内の子育て支援整備が進んだことを実感するという意見がでましたが、一方で夕方以降の会議開催の自粛や、早く帰れるような職場の雰囲気づくりを求める意見が出されました。  今後も、子育てと仕事の両立ができる職場作りに向けて、相談室としてもより一層努めていきたいと思います。
キャリアカフェ案内

キャリアカフェ開催(2011.11.29)

日 時:平成23年11月29日(火)
場 所:環境理工学部 女性サポート相談室

 キャリアカフェは、これまで本部棟で開催してきましたが、「場所が遠くて参加できない」とのご要望にお応えし、今回は環境理工学部で行いました。当日は、工学部と環境理工学部に所属する女性教職員8名が参加し、女性のキャリア形成と家庭の両立について話し合いました。
 参加者の中で、夫の仕事の都合により自分のキャリアを一時的に中断せざるをえなくなった女性研究者に対し、他の参加メンバーからは励ましやアドバイスがなされました。今回は、男女共同参画室室長も同席されていたこともあり、ご自身の経験を交えて、女性として、働く女性として、そうした状況にどう向き合っていくべきかをお話しいただきました。夫や子供の事情によって女性のキャリアを変更せざるを得なくなる事は、研究者という立場に限った問題ではなく、職員の方々にとっても身近な問題でもあったので、室長のお話にとても勇気づけられたとの感想が寄せられました。
キャリアカフェ案内

キャリアカフェ開催(2011.9.9)

日 時:平成23年9月9日(金)
場 所:旧事務局庁舎 2階 相談室

 9月9日(金) 第7回目キャリアカフェを開催しました。 女性教職員7名が参加し、仕事と子育てにおける両立の苦労や職場環境について話し合いました。
 参加者の内、職員の女性からは仕事量に対する悩みを、非常勤職員は、雇用そのものへの不安や孤立しやすい職場環境などが意見として上がり、雇用形態によって仕事に関する悩みが大きく異なることが明らかになりました。 一方で、「夫に家事を頼みにくい」「夫に家事を頼んでもすぐにはしてくれない」といった意見には多数が賛同し、参加者共通の思いであることがわかりました。 最後に、「自分の夫にいくら言っても聞いてくれないから、他人の妻からいってくれたら聞いてくれるのでは」といった意見が出され、会場の笑いを誘っていました。いつも、お昼休みを使って開催しているため、話が盛り上がっているなかで中断しなければならず、終了後にはもっと話したかったという感想が寄せられました。
キャリアカフェ案内

キャリアカフェ開催(2011.6.29)

日 時:平成23年6月29日(水)
場 所:医学部記念会館

 6月29日(水)医学部記念会館にて、鹿田地区の女性教職員を対象にしたキャリアカフェを開催しました。今回もお昼休みの時間を使い、ランチを食べながら楽しくおしゃべりをしました。参加してくださった方々は、1歳児から高校生まで幅広い年代の子どもさんを育てるママさんたちだったので、お互いに子育ての大変さを共有することができました。また、周辺保育園や幼稚園についての話題にも花が咲き、参加者から「とても参考になる情報をもらった」と感想をいただきました。
 昨年から始めたキャリアカフェも6回目となり、鹿田地区・津島地区それぞれに働くママ友の輪が広がっているように感じています。今後も、こうした活動を継続していきたいと思っていますので、興味のある方は是非ご参加ください!
キャリアカフェ案内

キャリアカフェ開催(2011.4.27)

日 時:平成23年4月27日(水)
場 所:本部棟4階 ミーティングルーム

 4月27日(水) 本部棟4階ミーティングルームで第5回目となるキャリアカフェを開催しました。「女性のライフプランを考える 10年後どんな女性でいたい」というテーマで、ランチの時間を使って開催し、参加者それぞれがお弁当を持ち寄り和気藹々とした雰囲気のなかで意見交換を行いました。
参加者の30代女性から、現在の仕事と子育てに関する大変さや将来への漠然とした不安について次々に語られました。それに対して、こうした問題を乗り越えてきた先輩の女性職員から、自分の体験談を交えて、さまざまなアドバイスがありました。
 女性が自分のライフプランを考える時、昔に比べると随分良くなったとはいえ、男性よりも家族や親族の諸状況に左右されやすいといえます。しかし、それらをうまく調整しながら、自分の将来のライフプランをイメージし目標を持つキャリア形成だけでなく、心理的な面からも大変重要なことです。同じ職場環境に身を置く先輩たちの経験や同年代の人の意見や体験談を聞くことにより、両立の苦労の共有と、将来への自分のイメージも抱くことができ、有意義な時間を過ごすことができたと思います。参加者からは、「毎日子育てと仕事に忙しく、自分の10年先について考える暇はなかったが、今回をきっかけにじっくり考えたい」「漠然と出産や子育てをイメージしていたが、経験者のいろんな話を聞けてとても参考になった」との感想がありました。
 当日は、キャリアカフェの終了時刻が過ぎても話が終わらないほど、盛り上がっていました。日頃業務に忙しく、いろんな話ができないのではないかと思いますが、こうしたキャリアカフェを通じて、学内の輪を作っていきたいと考えています。次回からは多くの方々のご参加を期待しております。
キャリアカフェ案内

【女性サポート相談室 総合受付電話番号:086-251-7011(男女共同参画室) 平日8:00~17:15受付】
メールアドレス:support-w@adm.okayama-u.ac.jp