男女共同参画室

ホーム > 男女共同参画室 > 平成21年度活動報告

男女共同参画室について
男女共同参画推進基本計画
学都・岡大発 女性研究者が育つ進化プラン
イベントのお知らせ
活動報告
ウーマン・テニュア・トラック(WTT)教員
女性研究者支援
女性サポート相談室
アンケート・インタビュー調査
人材登録バンク
メンタリング
おかやまサイエンス・トーク
保育施設
他機関情報
その他事業への参加
男女共同参画室ニュースレター

平成21年度活動報告

国際シンポジウム(2009.3.6)

テーマ:世界は今、そして未来は― 男女共同参画とワークライフバランス
日 時:平成22年3月6日(土) 10:00~15:00
場 所:岡山国際交流センター
本学男女共同参画室は、平成21年度文部科学省科学技術振興調整費「女性研究者支援モデル育成」の採択を受け、「学都・岡大発 女性研究者が育つ進化プラン」を実施しています。このシンポジウムは、同事業の一環として開催したもので、世界各国の現状や取り組みを知ることで、男女共同参画に対する意識を高めることを目的としており、田中副学長をはじめとする教職員、一般の方など約60名が参加しました。
シンポジウムは、文部科学省科学技術・学術政策局 川端和明・基盤政策課長の本事業の経緯や現況、課題などについての基調講演で始まり、タイ国カセサート大学のPenporn氏から、タイの女性は男性とほぼ同率の修士、学位取得および就業状況にあること、また、京都女子大学のHicks氏から、カナダと日本の現状を比較しながら、家事・育児・介護を男性にも担ってもらうことが課題克服の1つのポイントとなるなど、海外の男女共同参画事情について報告がありました。
続いて、佐藤洋平・独立行政法人農業環境技術研究所理事長から、女性研究者への具体的な支援システムや男性研究者との競争に負けない実力をつけるためのタスクなどが紹介され、本学医歯薬学総合研究科・金惠淑准教授が韓国の女性研究者支援の取り組みについて発表し、自身の体験も踏まえながら、出産経験のある女性研究者の任用・昇進には加点制度の導入が望まれるなど具体的な提案を行いました。
パネルディスカッションでは、男女共同参画に関して活発な討議が行われ、会場は熱気に包まれました。Hicks氏が参加者に向かって、「このテーマは温暖化の問題と似ていて、面倒ではあるが、向き合い、取り組まないといけない問題。ともに頑張りましょう」と締めくくり、参加者一同はともに男女共同参画推進への意識を新たにしました。
シンポジウム

第3回交流サロン(2009.3.5)

テーマ:晴れの国における 男女共同参画社会の構築をめざして
日 時:平成22年3月5日(金)15:00~17:00
場 所:岡山国際交流センター レセプションホール(地下1階)
岡山市男女共同参画社会推進センター企画調整監 真邉和美氏より「さんかく岡山における事業推進の現状と課題」と題して講演、続いてスーパーサイエンス高校に指定されているノートルダム清心学園清心女子高等学校教諭 秋山繁治氏から「理系女性はなぜ少ないか」についての講演を頂きまた。
講演後の交流サロンでは、グループに分かれて、男女共同参画、女性研究者支援など各自興味あるテーマについてフリーディスカッションを行いました。
参加者からは、岡山市の行政内容や取り組みやノートルダム清心学園のスーパーサイエンス高校としての取り組み等が聞けて、大変参考になったとの声が多くありました。
交流サロン
 

メンター養成研修(2009.12.7~8)

日 時:平成21年12月7日~8日 9:00~17:00
場 所:本部棟6階第一会議室


メンタリングに必要とされるコーチング、ティーチングおよびカウンセリングの3つのスキルを、その場の状況や対象者に合わせて効果的に使い分け、メンティの可能性を最大限に引き出しながら適時助言をし、人生相談にものれる信頼のおけるメンターを養成することを目的として実施しました。


先ず,受講者同士の緊張を和らげるために「共通項探し」なる情報交換を行いました。その後、メンターに期待される役割・心得からコーチング、ティーチング、カウンセリングの違い等について講義と演習を交えて学びました。午後からは、発問と質問の違いを学び、発問を創る演習をグループワークで行いました。受講者の多くからは、メンターとは何かがよく分かった、メンティとの信頼関係を構築する方法等を学ぶ事が出来て大変有意義な研修であったという感想が聞かれました。

メンター養成研修

第2回交流サロン(2009.11.13)

テーマ:私らしく輝く研究者への道~ロールモデルと出会い、仲間と語る~
日 時:平成21年11月13日(金) 16:00~18:00
場 所:ピーチユニオン4F(南福利厚生施設)
第2回交流サロンでは、女性研究者4名の方々をロールモデルとしてパネルディスカッションを行いました。自身の体験談や人生観を語っていただき、さらに、研究者を目指す大学院生に対して、苦労話の中で、最後には明るい話・希望が持てるお話がありました。その後のフリーディスカッションでは、軽食をとりながら、なごやかな雰囲気の中で、情報交換・意見交換が活発に行われました。第2回交流サロン
   

第1回交流サロン(2009.9.29)

テーマ:~意識改革へのスタートライン~
日時:平成21年9月29日(火) 13:00~17:00
場所:岡山大学創立50周年記念館 2階大会議室
【特別講演】
新潟大学女性研究者支援室 佐藤 孝教授より、「女性研究者支援室の活動と男性教員への働きかけの難しさ」と題して、特別講演をいただきました。
これまでのご自身のご経験や女性研究者支援室の関わりの中で、「多様性」「ワーク・ライフ・バランス」の必要性・重要性を感じていること、また男性教員に対して、女性研究者の必要性の理解させるためにも、女性研究者の実力を示し、その機会を与える事からスタートしていく必要があると述べられました。

【パネルディスカッション】
「女性研究者を育てる意識改革について」をテーマに、パネリストからこれまでの経験、男女共同参画室との関わり等の話題提供に基づき、活発な意見交換が行われました。
佐藤教授