男女共同参画室

ホーム > 男女共同参画室 > 男女共同参画室の取組みや基本計画についてご紹介します。 > 男女共同参画推進体制の整備と計画期間

男女共同参画推進基本計画 【男女共同参画推進体制の整備と計画期間】

(1)推進体制の整備 
① 本行動計画の実施に当たっては,既に存在するダイバーシティ推進本部に加えて本学における男女共同参画の推進を目的とした全学的な委員会の設置を検討する。
② 各部局において,ダイバーシティ推進本部男女共同参画室および次世代育成支援室と協力して男女共同参画の推進を担当する部署を置く。


(2)推進担当組織 
① 男女共同参画の推進を目的とする全学的な委員会は,全学的な男女共同参画に関す取組について審議・決定する。
② ダイバーシティ推進本部次世代育成支援室は,上記委員会および各部局の男女共同参画推進部署と連携して教職員の育児環境支援等の次世代育成支援の側面に関わる男女共同参画事業を実施する。
③ ダイバーシティ推進本部男女共同参画室は,上記委員会および各部局の男女共同参画推進部署と連携してその他の男女共同参画事業を実施する。


(3)計画期間の設定・評価 
① 行動計画の計画期間は,平成23年度から平成27年度までの5ヶ年とする。
② 本学および各部局は,平成23年度から平成27年度までの計画期間の目標と年度ごとの計画を設定し,年度ごとの達成状況を点検評価する。
③ 行動計画の達成状況については平成25年度に中間評価を実施する。
④ 本行動計画終了後は,第3期中期計画との連動により新たな行動計画を策定することを検討する。