男女共同参画室

ホーム > 男女共同参画室 > 平成21~25年度のイベントレポート、報告書、アンケート結果等は、こちらをご覧ください。 > 平成23年度 イベントレポート > 次世代女性研究者育成推進事業講演会「自然科学に魅せられて」(H23.7.21)

次世代女性研究者育成推進事業講演会「自然科学に魅せられて」(H23.7.21)

次世代女性研究者育成推進事業講演会「自然科学に魅せられて」

ポスター

7月21日(木)、薬学部中講義室にて、次世代女性研究者育成推進事業による第1回講演会「自然科学に魅せられて」を開催しました。講演会では、3名の学内講師が研究者というキャリアについて学生および大学院生を対象として講演を行いました。講演終了後には、15分という短い時間でしたが講師と学生との間でフリートーキングを行いました。
なお、講演会は男女共同参画室が開講している教養教育科目「社会人のためのプレリュード:望ましいライフスタイいる実現のために」第14回講義として開催されました。

講演1

「物質の性質と機能を探る~電子状態から見る物性」
江口 律子(大学院自然科学研究科 助教 機能分子化学専攻)

主として電子のふるまいを探る実験手法である光電子分光によって、物質の性質を調べる研究を行っていること等研究内容を紹介しました。

江口助教

講演2

「気がつけば研究者」
御輿 真穂(大学院自然科学研究科 助教 バイオサイエンス専攻)

研究内容の紹介に加えて、大学院生の研究生活とはどのようなものかを説明したり、博士課程に進学するにあたってのメッセージを送ったりしました。

御輿助教

講演3

「私の過去・現在・未来」
三谷 奈見季(資源植物科学研究所 助教)

学部3回生の時に植物環境ストレス学研究室を選んだ時点に始まり、修士課程、博士課程への進学、ポスドクになることを決定した経緯、研究活動の魅力について語りました。

三谷助教

お問い合わせ先

岡山大学ダイバーシティ推進本部男女共同参画室
TEL: 086‐251‐7011
E-MAIL: sankaku1@adm.okayama-u.ac.jp

文部科学省科学技術人材育成費補助金 「女性研究者研究活動支援事業(女性研究者支援モデル育成)」