男女共同参画室

ホーム > 男女共同参画室 > 平成21~25年度のイベントレポート、報告書、アンケート結果等は、こちらをご覧ください。 > 平成23年度 イベントレポート > 研究スキルアップ講座(H23.9.5/H23.10.14)

研究スキルアップ講座

平成23年度研究スキルアップ講座

平成23年度第1回研究スキルアップ講座「研究力3倍増強計画~個性を知れば学会賞がとれる~」(H23.9.5)


日 時: 平成23年9月5日(月)13:00~14:30
場 所: 岡山大学旧事務局2階会議室
講 師: 大学院自然科学研究科 塚本 真也 教授
対象者: 本学の教職員


大学院自然科学研究科(工)の塚本真也教授を講師に迎えて、平成23年度第1回研究スキルアップ講座「研究力3倍増強計画~個性を知れば学会賞が取れる~」を9月5日に旧事務局2階にて実施しました。塚本教授はご著書『個性判定~個性を知れば良い対人関係が築ける~』に基づき、5つの基本個性(独裁者、夢探す人、技職人、親切の達人、正義の人)について具体的な例を交えながら説明を行いました。また、後半のワークショップでは、参加者が各自の基本個性に基づいて3つのグループに分かれ、①基本個性の長所・欠点のうちどの点が当てはまるのか、②部下として仕事を頼まれるとしたらどのように説得してもらえば納得するか、等について話し合いました。平成23年度第1回研究スキルアップ講座

平成23年度第2回研究スキルアップ講座「国際救助隊サンダーバード構想:構想・実績があれば予算は後からついてくる!?」(H23.10.14)


日 時: 平成23年10月14日(月)16:30~18:00
場 所: 岡山大学工学部1号館1番講義室
講 師: 松野 文俊氏 (京都大学工学研究科 教授)
対象者: 本学の教職員および学生・大学院生


 京都大学工学研究科の松野文俊教授をお招きし、10月14日に工学部で第2回研究スキルアップ講座を実施しました。工学部生を中心として約50名が参加し、知能ロボット等がご専門の先生のこれまでの研究生活や研究プロジェクトについてお話をお聞きしました。阪神・淡路大震災で教え子を失われたことをきっかけにレスキューロボットの研究・開発に進まれた経緯や、今年3月に起こった東日本大震災の際のご活躍などについての話に参加者一同真剣に耳を傾けました。
 当日は、大学院自然科学研究科(工)の亀川哲志講師も研究費獲得や共同研究経験についてミニ講演「ロボットの共同研究はむずかしい?-ヘビ型ロボットの事例-」を行いました。

平成23年度第2回研究スキルアップ講座


平成22年度研究スキルアップ講座

研究スキルアップ講座第1弾「外部資金獲得セミナー」(H22.9.16)

概 要:女性研究者のスキルアップを狙って「外部資金獲得セミナー」を開催
日 時:平成22年9月16日(木) 18:00~19:30
場 所:管理棟第7カンファレンスルーム6階(鹿田地区)
講演内容及び講師:
①科学研究費補助金申請書の書き方
【講師】研究推進産学連携機構 研究推進本部長 阪田 祐作 氏
②私の研究費獲得経験
 【講師】大学院医歯薬学総合研究科(歯)口腔形態学 准教授 池亀 美華 氏
     大学院医歯薬学総合研究科(医)細胞生理学  助 教  大守 伊織 氏

阪田 祐作 氏池亀 美華 氏大守 伊織 氏
阪 田 祐 作 氏 池 亀 美 華 氏 大 守 伊 織 氏


男女共同参画室では、9月16日に外部資金獲得セミナーを実施しました。このセミナーは、男女共同参画室が大学病院キャリアセンターと共同で初めて鹿田地区で開催したものです。

セミナーでは先ず、研究交流部が例年実施している「研究費補助金申請書の書き方講習会」とほぼ同内容の講演を、研究推進産学官連携機構の阪田祐作研究推進本部長が行いました。次に「私の研究費獲得経験」と題して、大学院医歯薬学総合研究科の池亀美華准教授及び大守伊織助教が研究費獲得に関する経験談に加えて研究が上手く行かない時期も含めて研究活動を継続的に進めていく上での有益なアドバイスを提供しました。

1時間半の予定時間を超えた後も参加者の間での話は尽きず、医歯薬総合研究科教員を中心とした約20名の参加者の外部資金獲得に関する関心の高さが窺われました。
外部資金獲得セミナー

研究スキルアップ講座第2弾「研究シーズの知的財産化」(H23.1.21)




日時:平成23年1月21日(金) 4時~5時半
場所:自然科学研究科棟 第一講義室
対象:知的財産に関心がある教職員及び大学院生


[講演内容 ]
1.「岡山大学の知財戦略と研究者心得としての特許」
講師:研究推進産学官連携機構 副機構長・知的財産本部長 教授 渡邊 裕 先生
・・・東芝出身で重電機器の冷却技術開発およびデシカント空調技術を専門とする研究者。現在中国地域産学官連携コンソーシアムやNEDO・JSTの知財関係の委員会でご活躍中。

2.「学外との積極的な交流による研究の推進について」
講師:大学院自然科学研究科(工)教授 冨田栄二 先生(工学部副学部長)
・・・多数の特許を持ち、シンガポールの民間試験機関等との共同研究及び企業に対する技術支援を活発に行っている熱工学分野の研究者。

3.自由討議
知的財産に関する質問。


1月21日(金)、主として津島地区の若手女性研究者を対象として、研究者にとっての知的財産および共同研究に関するセミナー「研究シーズの知的財産化」を開催しました。セミナーでは先ず、研究推進産学官連携機構の副機構長であり、知的財産本部長でもある渡邊裕教授が本学の知財に関する現状と今後の戦略および研究者として心得ておくべき特許に関する知識について講演をされました。次に、動力熱工学分野が専門の大学院自然科学研究科(工)の冨田栄二教授が、ご自身の研究活動のご経験から海外の大学や企業との積極的な交流による研究の推進について講演をされました。
寒い中にもかかわらず集まった参加者からは、大学の知的財産に関する方針や企業と共同研究する理由について質問が投げかけられました。また、企業との共同研究を行うにあたっては研究分野によって事情が異なる事などについて議論されました。
研究シーズの知的財産化
渡邊 裕 先生冨田 栄二 先生質疑応答
渡邊 裕 先生 冨田 栄二 先生 質疑応答

研究スキルアップ講座第3弾「共同研究の心得」(H23.3.9)





実施日時 : 平成23年3月9日(水) 18時~19時30分
実施場所 : 入院棟 カンファレンスルーム11H(11階)(鹿田地区)
対象 : 共同研究に関心がある教職員及び大学院生
主催 : 岡山大学ダイバーシティ推進本部男女共同参画室
共催 : 岡山大学医療人キャリアセンター


[講演内容 ]
講演1.「産学連携・共同研究のツボ」
   講師:研究推進産学官連携機構 産学官連携本部長 准教授 藤原 貴典 先生

講演2.「私の共同研究経験」
   講師:大学院医歯薬学総合研究科(医)薬理学 教授 西堀 正洋 先生

質疑応答
   司会 大学院医歯薬学総合研究科(医)
   医療人キャリアセンター・地域医療人材育成講座 教授 片岡 仁美 先生




3月9日、鹿田地区の入院棟コンファレンスルームで研究スキルアップ講座第3弾「共同研究の心得」を医療人キャリアセンターとの共催で開催しました。まず、研究推進産学官連携機構の産学官連携本部長である藤原貴典准教授が、「産学連携・共同研究のツボ」と題して講演を行い、本学における産学連携および共同研究の現状とともに、具体的に共同研究をどのように始めたらよいのかという手続きについて説明しました。また、豊かな研究経験を持つ本学教員による「私の共同研究経験」では、大学院医歯薬学総合研究科(医)薬理学の西堀正洋教授が、海外の大学や製薬会社等との共同研究について講演されました。質疑応答では、共同研究に関する大学の支援や共同研究を始めるにあたって等について活発な議論が行われました。研究スキルアップ講座第3弾「共同研究の心得」