男女共同参画室

ホーム > 男女共同参画室 > 研究支援員事業、女性サポート相談室等の支援についてご紹介します。 > 平成26年度 第1次「研究支援員事業」利用者の募集

平成26年度 「研究支援員事業」利用者の募集開始

研究支援員事業ポスター

[概要]
本学では,出産・育児・介護等の理由で研究時間の確保が困難な教員および非常勤研究員を対象にして,研究者の指示の下で研究補助業務に従事する研究支援員を配置する「研究支援員事業」を実施しております。この度,研究支援員の配置を希望する職員を下記のとおり募集することになりました。 平成24年度以降は本学独自の予算で実施するため,男女を問わず利用できるようになっております。「研究支援員事業」の利用を希望される方は,「研究支援員事業とは」をよくお読みの上,「研究支援員事業利用の手続き」に従って,男女共同参画室に申請願います。

・募集期間 : 平成26年 6月27日(金)~平成26年7月11日(火)  
・支援期間 : 平成26年 9月 1日(月)~平成27年3月31日(火)
 ※ただし,採用の手続きによって前後する場合があります。
・募集人数 :5名程度

研究支援員事業について

注:詳しくは、「研究支援員事業とは」をご覧下さい。

1.利用対象・資格

本学と雇用契約を結び、本学を主たる研究の場としている常勤教員(特別契約職員を含む)および非常勤研究員(医員、レジデント、研修医は含まない)を支援の対象とします。年間一定額(500万円)以上の研究費(人的支援にかかる費用を含める)を獲得あるいは付与されている方は対象から除外させていただきます。また、非常勤研究員は本学を主たる研究の場としていることを条件とし、雇用契約に定められた労働時間の範囲内で利用が可能です。
「出産」:妊娠中の方。
「育児」:小学校6年生までの子どもをご自身が主として養育している方。
「介護・看病」:要介護者・要看病者である家族をご自身が主として介護・看病している方。


2.支援内容

出産・育児・介護等により研究時間の確保が困難な研究者に対して,研究支援員を1回の承認された申請につき最大6ヶ月間配置し,研究者の研究活動に必要な研究補助業務(実験補助,研究データ分析,統計処理,資料作成,文献調査等)をあらかじめ定められた場所において行ないます。支援時間は週20時間を限度とします。なお,特例として支援時間が週10時間以下の場合は,最大1カ年の配置を認めます。


3.研究支援員の配置

研究支援員の配置は、原則として「人材登録バンク」に登録されている人材から行われます。利用申請者が人材登録バンクに登録していない者を研究支援員候補者として推薦する場合,候補者に対して事前に人材登録バンクに登録するように指示して下さい。

4.申請書類

(1)研究支援員事業利用申請書(別紙様式1)
(2)応募資格確認書類
   a.出産の場合→母子手帳のコピー
   b.育児の場合→健康保険証もしくは住民票の写しのコピー
   c.介護・看病の場合→介護保険被保険者証もしくは診療費の領収書のコピー
(3)雇用調書兼申立書(別紙様式2)(研究支援員候補者が本学在籍中の学部生・院生の場合)


(申請先・お問い合わせ先)=〒700-8530 岡山市北区津島中1丁目1番1号
岡山大学ダイバーシティ推進本部男女共同参画室
TEL: 086‐251‐7011
E-MAIL: sankaku1@adm.okayama-u.ac.jp