男女共同参画室

ホーム > 男女共同参画室 > 第2期WTT教員紹介(平成23年度採用)

男女共同参画室について
男女共同参画推進基本計画
「活動紹介と新たなる事業展開を目指して」
イベントのお知らせ
セミナー・イベント活動報告
ウーマン・テニュア・トラック(WTT)教員
女性研究者支援
女性サポート相談室
アンケート・インタビュー調査
人材登録バンク
メンタリング
おかやまサイエンス・トーク
保育施設
他機関情報
その他事業への参加
男女共同参画室ニュースレター

第2期 WTT教員紹介(平成23年度採用)

 岡山大学では、「学都・岡大発 女性研究者が育つ進化プラン」の一環として第1期WTT教員4名に引き続き、第2期WTT教員を平成23年4月1日付で3名を採用しました。
採用された第2期WTT教員3名をご紹介します。(五十音順)

飯尾 友愛

【所属】 
大学院保健学研究科
検査技術科学分野
【最終学歴】
岡山大学大学院保健学研究科
【前職】
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 産科婦人科教室 臨床検査技師
【研究内容】
 アロマセラピー(芳香療法)による作用・効果をマウス気管支喘息モデルで研究しています。様々な精油の作用を科学的に実証し、アロマセラピーによるヘルスプロモーションを提案していきます。
wtt教員 写真
飯尾 友愛
**********************************************************************************************
wtt教員
 子育てをしながら働くという初めての経験ですが、多くの方に支え助けていただきながらWTT教員として歩み始めました。女性の多い学科でもありますので、自分の姿を見て刺激を受け1人でも多くの研究者を目指す学生が出てくれたらと思っています。その時に、今度はサポートできる立場になれるように教育・研究そして家庭・育児にも楽しみながらがんばっていきたいと思います。

前田 恵

【所属】
大学院環境生命科学研究科(農)
生物機能化学講座
【最終学歴】
岡山大学大学院自然科学研究科 生命分子科学専攻
【前職】
川崎医科大学 衛生学 助教
【研究内容】
 植物や昆虫細胞は、ヒトには存在しない、特徴的な構造の糖タンパク質糖鎖「抗原性N-グリカン」を発現しています。現在は、このような抗原性N-グリカンについて、アレルギーや抗腫瘍免疫に関わる免疫調節作用を明らかにすることを目的に研究を行っています。
wtt教員 写真
前田 恵
**********************************************************************************************
wtt教員
 学位取得後、川崎医科大学衛生学教室にて5年間、癌や自己免疫疾患を誘発する環境因子(主にアスベストやシリカ)について免疫系への影響を研究しておりました。この度、WTT教員として母校に戻りましたので「糖鎖免疫学」について研究を進めると共に、教育にも貢献していきたいと思っています。研究室では、皆でお花見に行き、男子学生が手作りのお弁当を作ってきてくれました。女性教員が珍しい時代はあっという間に過ぎていくのでは???

宮崎 祐子

【所属】
大学院環境生命科学研究科(農)
環境生態学講座
【最終学歴】
北海道大学大学院農学研究科 環境資源学専攻
【前職】
北海道大学大学院地球環境科学研究院 博士研究員
【研究内容】
 多くの植物は、開花・結実量が年によって変動する性質を持っています。しかし、その詳しいメカニズムについては多くのことが分かっていません。花が大量に咲くためには何が必要なのか?咲いた花が種子になるまでの間に何が起こっているのか?その問いに答えるため、遺伝子の発現パタンや個体の栄養状態、気温などを解析し、植物の繁殖メカニズムに迫る研究に取り組んでいます。
wtt教員 写真
宮崎 祐子
**********************************************************************************************
WTT教員
 学生には、自主的に自由に学ぶことのできる大学という環境の中で、熱中できることを見つけて欲しいと思います。そして自分の研究や講義がその熱中して取り組める何かを発見するきっかけになればとても幸せです。活気に満ちた活動が多く生まれる場所になるよう、精進したいと思います。