男女共同参画室

ホーム > 男女共同参画室 > ウーマン・テニュア・トラック教員制度について

男女共同参画室について
男女共同参画推進基本計画
「活動紹介と新たなる事業展開を目指して」
イベントのお知らせ
セミナー・イベント活動報告
ウーマン・テニュア・トラック(WTT)教員
女性研究者支援
女性サポート相談室
アンケート・インタビュー調査
人材登録バンク
メンタリング
おかやまサイエンス・トーク
保育施設
他機関情報
その他事業への参加
男女共同参画室ニュースレター

ウーマン・テニュア・トラック教員制度で,女性若手研究者の採用をサポート!!

学位取得後の女性研究者を任期付きでウーマン・テニュア・トラック教員(WTT)として採用し、3年目に実績評価を行いテニュア教員への採用の機会を付与します。安定した採用枠とWTTシステムを設けることで、女子学生の大学院への進学意欲を高め、女性研究者への道をサポートします。

流れ図





ニュース

岡山大学ウーマン・テニュア・トラック(WTT)教員制度が 平成23年度文部科学省科学技術人材育成費補助金「テニュアトラック普及・定着事業(機関選抜型)」 に選定され、第1期および第2期WTT教員、並びに現在募集中の第3期WTT教員(平成24年度4月1日採用)が支援対象になりました。
支援を受けるWTT教員の研究費など、事業内容の詳細は以下のURLをご覧ください。
http://www.jst.go.jp/shincho/23koubo/youryou/tt-gaiyou.pdf



テニュアトラック普及・定着事業とは
若手研究者が自立して研究で着る環境の整備を促進するため、テニュアトラック制を実施する大学等を支援することにより、テニュアトラック制度の普及・定着を図る事業。

テニュアトラック制とは
公正で透明性の高い選抜により採用された若手研究者が、審査を経てより安定的な職を得る前に任期付きの雇用形態で自立した研究者として経験を積むことができる仕組み。