男女共同参画室

ホーム > 男女共同参画室 > ウーマン・テニュア・トラック教員の活躍 > 特許・受賞等

特許・受賞等

特許

特許名等WTT教員
特許第5317056号:「アスパラギン酸の化学伝達を司るトランスポーターの同定とその利用」森山芳則、表 弘志、宮地孝明、日浅未来、2013年7月19日日浅 未来
特許出願:ほ乳類ポリアミントランスポーターの利用 森山芳則、表弘志、宮地孝明、日浅未来、2012 年11 月5 日出願日浅 未来



受賞等

受賞名題目名受賞者【WTT教員】
第125回日本育種学会優秀発表賞On-site検査を実現するSTHクロマトPAS法を利用した品種識別技術の開発門田有希、高崎一人、川瀬三雄、秋竹広翔、田原誠、布藤聡【門田 有希】
優秀研究賞次世代シーケンスによる品種識別性に優れたダイズ・レトロトランスポゾンファミリーの選定田原誠、門田有希、佐伯恵理佳【門田 有希】
第124回日本育種学会優秀発表賞Benchtop型シーケンサーを利用した非モデル作物種における効率的なGenotyping門田 有希、山本 彩加、進藤 彰子、田原 誠【門田 有希】
第123回日本育種学会優秀発表賞次世代シーケンスを利用した活動型レトロトランスポゾンファミリーの新規同定方法の確立門田 有希、山口 健太郎、田原 誠【門田 有希】
優秀研究賞活性型レトロトランスポゾンを利用したアントシアニン含有紫サツマイモ品種識別マーカーの開発門田有希、山本彩加、田原誠【門田 有希】
BEST PRESENTATION AWARDCultivar identification DNA markers for purple sweet potato using active retrotranposon Rtsp-1 and LIb insertion polymorphismsYuki Monden【門田 有希】
第122回日本育種学会優秀発表賞イネトランスポゾンmPingの転移を活性化する染色体領域の同定吉田由梨、築山拓司、門田有希、寺石政義、谷坂隆俊、奥本裕【門田 有希】
第118回日本育種学会優秀発表賞mPingはなぜ転移するのか?-エピジェネティックな制御機構から逸脱したイネ転移因子Pingの影響- 門田有希、内藤健、T. Chen、S. Wessler、奥本裕【門田 有希】
2014年4月公益財団法人山陽放送学術財団 第44回谷口記念賞-【本田 恭子】
第87回日本生化学会大会若手優秀発表賞2014.10-【日浅 未来】
第85回日本生化学会大会鈴木紘一メモリアル賞2012.12-【日浅 未来】
平成26年日本水文科学会学術大会 優秀ポスター発表賞
「潮間帯における藻場の空間分布とそれに及ぼす地下水流出の影響の検討受賞の様子
【斎藤光代】