次世代育成支援室

ホーム > 次世代育成支援室 > 平成26年度 ベビーシッター育児支援事業割引券

次世代育成支援室について
開催イベントのご案内
一般事業主行動計画
学内保育施設について
学内の子育て支援
活動報告
各種アンケート調査結果
次世代支援情報
平成27年度 News & Topics

平成26年度 ベビーシッター育児支援事業割引券の発行について

 仕事と育児の両立支援の一環として,ベビーシッター育児支援事業割引券の発行を下記のとおり行います。
 ※本事業は、平成27年3月31日で終了となります。

 詳細はこちら財団法人こども未来財団

■利用期間

平成26年4月15日~平成27年3月31日(利用は年度単位とします)

■利用対象者

 本学に在職する教職員(非常勤含む)で,共済組合員及び厚生年金保険被保険者
 ※男女を問わず申し込みができます

■対象となる子ども

 (1) 乳幼児及び小学校3年生までの児童
 (2)その他健全育成上の世話を必要とする(身体障害者手帳・療育手帳等の交付を受けている)小学校6年生までの児童

■対象となる内容

 就労のために自宅において,財団法人こども未来財団が指定するベビーシッター会社のサービスを受ける場合について
 対象となります。
 ※利用時間が勤務時間外の場合は,勤務時間管理兼超過勤務命令簿等により確認をさせていただく場合があります。

■割引の内容

 1日あたり1,700円の割引が受けられます。
 ※1,700円以上の利用料金を対象として,利用時に割引券を提出することが必要です。

■割引券の利用限度

 割引券は1家庭につき,1日1枚,1か月に24枚,1年間に280枚まで利用できます。

■利用できるベビーシッター会社

割引券の利用は,財団法人こども未来財団が指定するベビーシッター会社に限ります。
なお岡山県下では(株)マザーネット,ボナミ企画(有),(株)マイスタイルの3社となります。

■申込方法等

 割引券の発行・利用には,以下の手続きが必要です。

1.財団法人こども未来財団が指定するベビーシッター会社と事前に利用契約・利用申込みをしてください。

2.ベビーシッター育児支援事業割引券申込書に上記1のベビーシッター会社との契約書または利用申込書のコピーを添えて,
  利用予定日の1週間前までに人事課担当宛に提出ください。
  ※上記のベビーシッター会社との契約書または利用申込書のコピーは,同一の業者及び内容であれば2回目からは省略可能です。

  【ベビーシッター育児支援事業割引券申込書ダウンロード→】Word版PDF版
 
   なお,割引券は1か月分(24枚)を限度とし,まとめて請求することもできます。
   まとめての請求を希望する場合は,利用予定日初日の2週間前までにお申し込みください。

3.申込内容を確認後「ベビーシッター育児支援事業割引券」を発行します。学内便にて送付いたしますので,
    同封の受領確認書を返送ください。

4.サービス利用時にベビーシッターに割引券を提出してください。
  ベビーシッターから割引券の半券を必ず受け取り,利用後5日以内に人事課担当宛に提出ください。

■特記事項

○配偶者が就労している場合のほか,病気入院等により,サービスを利用しなければ就労することが困難な状況にある場合に
  この割引券を利用することができます。

○割引の対象となるサービスは,家庭内における保育や世話並びにベビーシッターによる保育所等への送迎に限ります。
 なお,送迎については,原則として家庭内における保育等のサービスに必要な送迎であって,次の規定を充たす場合に
 割引券の利用対象となります。
 (1)家庭と保育所等との間の送迎であって,保育所等の施設間の送迎ではないこと。
 (2)同一家庭以外の複数の乳幼児等と同時に送迎するものではないこと。
 (3)送迎の行程や乳幼児等の様子について,ベビーシッターが保育記録として記載し保護者に報告していること。
 (4)ベビーシッターの所属する事業者が運営する保育施設の送迎でないこと。

○ベビーシッターから請求される料金のうち,会費,交通費,キャンセル料,保険料等のサービス提供に付随する料金は
 割引券の対象とはなりません。

○都合により利用しなかった割引券は人事課担当宛に返却ください。

○その他詳細については,下記までお問い合わせ下さい。

■利用者の感想

【教員/子ども2歳】
 私が岡山大学に赴任してから真っ先に調べたのが保育環境についてでした。ベビーシッターは土日も利用できますし,場合によっては病児保育もお願いできます。そのため,このベビーシッター育児支援事業割引券を見つけた時はとても嬉しく思いました。実際,夫婦共に仕事でどうしても都合がつかない時に,不定期に割引券を活用させてもらっています。こうした制度が男性にも開かれているのは本当にありがたいです。
 ベビーシッターの利用に不安を覚えることは当然ですし,社会を揺るがすような事件も起きています。現在日本において,シッターさんの質はシッター会社に完全に任されており,それは端的に金額に表れています。そのため,頼みたいけど高い,あるいは安いけど信頼できない,というジレンマに陥ります。しかし,この割引券を利用できる会社は財団法人こども未来財団が指定するところだけ。このことが一定のクォリティを保証してくれていると考え,私達夫婦はとても安心して申し込むことができました。実際,来ていただいているシッターさんはサービス,人柄共に申し分無く,子どももよくなついてくれています。
 本制度の利用者が増え,そしてそのために制度がさらに拡充されたらどんなに素晴らしいことでしょう。私どもでは今後も利用させていただこうと思っていますし,保育の都合がつかず困っている方には強くお薦めいたします。 


■問い合せ先

〒700-8530 岡山市北区津島中1丁目1番1号
岡山大学総務・企画部人事課 
TEL:086-251-7303 FAX:086-251-7033
E-mail : diversity@adm.okayama-u.ac.jp