次世代育成支援室

ホーム > 次世代育成支援室 > 男性の育児休業取得を応援します!

次世代育成支援室について
開催イベントのご案内
一般事業主行動計画
学内保育施設について
学内の子育て支援
活動報告
各種アンケート調査結果
次世代支援情報
平成27年度 News & Topics

男性の育児休業取得を応援します!

~どんなタイミングで、どのくらいの期間取る?~

それぞれの家庭の事情や制度を勘案し検討しましょう。以下に取得例を紹介します。

【パターン1】妻の産後8週のうちに育児休業取得 ~ 出産直後をサポート~
動機: 出産後の妻をサポートするため(家事や上の子の世話を中心に)
期間・タイミング: 第2子出産直後から、夫が3カ月の育児休業取得
妻の産後8週のうちに育児休業取得 ~ 出産直後をサポート~
イメージ

【パターン2】妻と交互に育児休業取得 ~ 妻の職場復帰をサポート~
動機: 「できるだけ早く復帰したい」という妻の希望、本人の「育児を経験してみたい」という気持ち
期間・タイミング: 妻が4カ月の育児休業取得後、夫が2カ月の育児休業取得
妻の産後8週のうちに育児休業取得 ~ 出産直後をサポート~

【パターン3】妻と交互に育児休業取得 ~ 出産直後と妻の職場復帰をサポート~
動機: 出産後と復職後の妻をサポートするため
期間・タイミング: 妻が産後休暇中に夫が3週間の育児休業取得、妻の1年の育児休業取得後、夫が2カ月の育児休業取得
妻の産後8週のうちに育児休業取得 ~ 出産直後をサポート~

【パターン4】妻と同時に育児休業取得 ~ 夫婦でじっくり子育て~
動機: 妻の希望と本人の「育児を経験してみたい」という気持ち
期間・タイミング: 妻の育児休業取得中に夫も3カ月の育児休業取得
妻の産後8週のうちに育児休業取得 ~ 出産直後をサポート~

【パターン5】第1子の育児休業を第2子の産前のタイミングで取得 ~ 3歳まで取得可能のメリットを活用~
動機: 第2子の産前産後に第1子の世話と妻のサポートを行う
期間・タイミング: 第2子出産前に第1子の育児休業を1カ月取得、第2子出産後は、第2子の育児休業を 2カ月取得
妻の産後8週のうちに育児休業取得 ~ 出産直後をサポート~

※上記は、育児休業取得についての一例です。その他にも男性が利用できる育児支援制度が多数ありますので、様々に組み合わせて利用してください。(育児支援制度一覧およびQ&Aはこちらから)


~父親の育児休業取得の効果~

「先輩パパ」たちが、育児休業を取得して良かったと感じた点を以下に紹介します。

【育児に集中的に関わる時間を持つことにより、赤ちゃんのことがよくわかるようになる】
赤ちゃんが何で泣いているのか、何を求めているのか、よくわかるようになります。生後直後から、育児に集中的に関わる時期を持つことは、これから始まる子育て生活のベースにもなっているようです。

【育児について、妻の信頼を得ることができる】
「赤ちゃんの世話を任せても大丈夫」という妻の信頼を得ることができます。妻がいなくても、子連れで外出したり、一緒に遊んだり、自信をもって子どもと関わることができるようになります。

イメージ

【上の子のフォローをすることができる】
赤ちゃんが生まれると、上の子は母親をとられたような気持ちがして、いわゆる「赤ちゃん返り」など精神的に不安定になることがあります。そんなとき、父親がフォローしてあげることは大切です。

【妻の大変さを実感して、妻に優しくなる】
「家事・育児の毎日」の大変さを経験して、専業主婦の妻に優しくなったという人もいます。妻の大変さを実感しているので、育児休業後も、家事・育児に積極的に関わるようになります。

【育児休業を取得したこと自体が、妻の安心感と信頼につながる】
たとえ短い期間しか取れないとしても、忙しい中、夫が育児休業を取ってくれたということ自体が、妻の安心感と信頼を得ることにもつながっているようです。妻の身体の回復にとっても実質的なサポートになります。

【妻の早期復職を助ける】
共働き夫婦の場合、妻が早期に復職できるようにするために育児休業を取得するなど、妻の仕事を尊重する男性も増えています。

【仕事一筋のこれまでの生活を振り返るきっかけになる】
一定期間、連続休暇を取り、子育てに関わることにより、「忘れていいた何か」を取り戻したという人が多いのは事実です。子どもと一緒の時間は、純粋に「幸せ」を感じる瞬間がたくさんあり、これまでの仕事や家庭生活を振り返るきっかけにもなっているようです。

出典:平成22年度厚生労働省委託「男性の育児休業取得促進」(平成22年7月発行)、父親のワーク・ライフ・バランスHAND BOOK~応援します!仕事と子育ての両立パパ~

学内の子育て体験談『岡大パパの育児エッセイ集』もご覧ください。