ニュース

ホーム > ニュース > WTT教員制度が「テニュアトラック普及・定着事業(機関選抜型)」に選定されました

WTT教員制度が「テニュアトラック普及・定着事業(機関選抜型)」に選定されました

岡山大学ウーマン・テニュア・トラック(WTT)教員制度が
平成24年度文部科学省科学技術人材育成費補助金「テニュアトラック普及・定着事業(機関選抜型)」
に選定され、第2期および第3期WTT教員、並びに今年度募集の第4期WTT教員(平成25年度4月1日採用)が支援対象になりました。


【テニュアトラック普及・定着事業とは】
若手研究者が自立して研究で着る環境の整備を促進するため、テニュアトラック制を実施する大学等を支援することにより、テニュアトラック制度の普及・定着を図る事業。

【テニュアトラック制とは】
公正で透明性の高い選抜により採用された若手研究者が、審査を経てより安定的な職を得る前に任期付きの雇用形態で自立した研究者として経験を積むことができる仕組み。

支援を受けるWTT教員の研究費など、事業内容の詳細は以下のURLをご覧ください。

http://www.jst.go.jp/shincho/program/wakate.html