私たちがサポート致します。 岡山大学SC-NMR室では学内共同NMR装置の円滑な運営を目指し、メンテナンスや利用者へのガイダンスをおこなっています。 地域貢献の一環として学外依頼分析サービスも公開しており、研究用データの取得が可能です。
はじめに NMRは、極めて汎用性が高い装置であり、物理から化学、さらに生物まで含めた幅広い領域や最先端の学際領域において必要とされています。 岡山大学では化学系研究のほかにも、農学系、薬学系、医学系の研究でも広くNMRを用いています。 本学のNMRは岡山県内企業、大学より学外依頼測定を承っております。 専任オペレータによる測定対応により平成28年度は学外からの依頼測定実績は175件でした。

詳細はこちら

【SC-NMR室業績】磁場の達人

学内自己測定のご案内 学内共同利用機器であるNMR装置は学内利用者のサンプル持込による自己測定が可能です。 自己測定をご希望の方は、春季(4月)と秋季(9月)に開催する利用講習会に参加のうえ、ライセンス試験を受験して下さい。 詳細はこちら
 
依頼分析サービスのご案内 SC-NMR室では大型共同利用機器の共同利用促進を目的にNMRオペレータによる溶液NMR依頼分析サービスを受付けています。 研究用データ取得を目的とした有機合成、天然物抽出等で得られた溶液サンプルの構造解析、純度評価にご利用頂けます。 詳細はこちら
TOPICS
2017.11.6
液体ヘリウム充填のお知らせ

11月30日(木)に3台のNMRマグネットへの液体ヘリウム充填を実施いたします。
10時から15時で作業を行う予定ですので、安全確保のため作業時間内は部屋への立ち入りができません。
ご協力をお願い致します。

2017.9.19
NMRライセンスについて

ライセンス試験(実技)を受験する方は講習会の受講が必要です。
*上位機種への資格アップ(400 MHzから600 MHz等)のためにも再度,受講が必要です。


講習会実施をご希望される場合は、 担当スタッフ (松本:内線8736)までご相談ください。

過去のトピックスはこちら