現在、同窓会事務局では、会員名簿の発行等同窓会の諸事業のために会員個人データを管理し、利用しておりますが、その種類は、「氏名、住所、勤務先、電話番号、FAX番号、Eメール、専門分野、関係教室」などであります。
 これらの個人データは、同窓会の諸事業以外に利用することはありませんし、また、ご本人からの申し出により訂正、抹消などの処理も随時行っております。
 従いまして、今後におきましても、これらのデータを厳正に管理しつつ、同窓会の事業目的達成のために利用させていただく所存であり、会員の皆様の了解を得るべく努力したいと考えておりますので、その際はご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
 
 
               
               
    同窓会会員 各位      
                                    鶴翔会(岡山医学同窓会)
                                     会長 吉野 正
             
    岡山医学同窓会における個人情報の取り扱いについて
 
 平成17年4月から「個人情報の保護に関する法律」が全面施行されましたが、岡山医学同窓会では、法の主旨を遵守し、個人情報につきましては下記のとおり対応させていただきますので、ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。


    個人情報の管理
      同窓会では、会員の個人情報を厳正に管理するとともに、正確かつ最新の内容に保つよう務めます。
また、個人情報の漏えい、滅失の防止等安全管理に万全を期します。
なお、会誌の印刷等事業遂行のうえで業者に委託する場合は、プライバシーマーク取得の専門業者に委託するとともに適切な監督を行います。
             
    個人情報利用の目的
      同窓会設立の目的である「会員相互の親睦を密にし、学術の向上を図り、併せて母校の発展に尽くす」ために、次のことに利用します。
          会員名簿の発刊
          同窓会報の送付
          同窓会総会・役員会等の案内
          同窓会が主催する記念事業等の案内
          同窓会支部総会等の案内
          その他同窓会の目的達成のための会員の相互交流援助
             
    同窓会が取り扱う個人情報
      同窓会が取り扱う個人情報の項目は、氏名、卒業(修了)年度、専門、関係教室、現住所・電話番号、勤務先・住所・電話番号などです。
             
    同窓会会員以外への情報の開示・提供
      個人情報は、法に則り厳正に管理し、本人の同意なしに同窓会会員以外の第三者に開示・提供することはありません。
ただし、個人情報の保護に関する法律第16条3項に掲げる次の場合には、 開示・提供することがあります。
          法令に基づく場合
          人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
          公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
          国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。