皮膚科学分野

Department of Dermatology

欧文著作

原著論文

  • Yanagihara K,Araki N,Watanabe S,Kinebuchi T,Kazu M,Maesaki S, Yamaguchi K,Matsumoto T,Mikamo H,Takesue Y,Kadoya J,Fujita J,Iwatsuki K,Hino H,Kaneko T,Asagoe K,Ikeda M,Yasuoka A,Kohno S: Antimicrobial susceptibility and molecular characteristics of 857 methicillin-resistant Staphlococcus aureus isolates from 16 medical centers in Japan(2008-2009):nationwide survery of community-acqired and nosocomial MRSA Diagnostic Microbiology and Infectious Disease (2012) 253-257.
  • Morizane S,Gall R L: Antimicrobial peptides in the pathogenesis of psoriasis THE JOURNAL OF DERMATOLOGY (2012) 39, 225-230.
  • Kamiya K, Aoyama Y, Shirafuji Y, Hamada T, Morizane S, Fujii K, Hisata K, Iwatsuki K.: Detection of antibodies against the non-calcium-dependent epitopes of desmoglein 3 in pemphigus vulgaris and their pathogenic significance Br J Dermatol (2012) 167, 252-61.
  • Yamamoto T, Hirai Y, Miyake T, Yamasaki O, Morizane S, Iwatsuki K: Oculomucosal and gastrointestinal involvement in Epstein-Barr virus-associated hydroa vacciniforme Eur J Dermatol. (2012) 22, 380-3.
  • Hirai Y, Yamamoto T, Kimura H, Ito Y, Tsuji K, Miyake T, Morizane S, Suzuki D, Fujii K, Iwatsuki K.: Hydroa vacciniforme is associated with increased numbers of Epstein-Barr virus-infected γδT cells J Invest Dermatol 132, 1401-08.
  • Fujii K, Suzuki N, Ikeda K, Hamada T, Yamamoto T, Kondo T, Iwatsuki K: Proteomic study identified HSP 70 kDa protein 1A as a possible therapeutic target, in combination with histone deacetylase inhibitors, for lymphoid neoplasms J Proteomics 75, 1401-1410.
  • Morizane S, Yamasaki K, M?hleisen B, Kotol PF, Murakami M, Aoyama Y, Iwatsuki K, Hata T, Gallo RL: Cathelicidin antimicrobial peptide LL-37 in psoriasis enables keratinocyte reactivity against TLR9 ligands J Invest Dermatol 132, 135-143.
  • Tanaka C, Hasegawa M, Fujimoto M, Iwatsuki K, Yamamoto T, Yamada K, Kawa K, Saikawa Y, Toga A, Mase S, Wada T, Takehara K, Yachie A: Phenotypic analysis in a case of hydroa vacciniforme-like eruptions associated with chronic active Epstein-Barr virus disease of γδ T cells Br J Dermatol 166, 216-218.
  • Hamada T, Umemura H, Aoyama Y, Iwatsuki K.: Successful therapeutic use of targeted narrow-band ultraviolet B therapy for refractory Hailey-Hailey disease Acta Derm Venereol 93, 110-111.
  • Yamamoto T, Iwatsuki K: Diversity of Epstein-Barr virus BamHI-A rightward transcripts and their expression patterns in lytic and latent infections J Med Microbiol 61, 1445-1453.
  • Fujii K, Suzuki N, Yamamoto T, Suzuki D, Iwatsuki K: Valproic acid inhibits proliferation of EB virus-infected natural killer cells Hematology 17, 163-9.
  • Yamasaki O, Takeshima C, Ikeda K, Suzuki N, Otsuka M, Kimata Y, Hirakawa S, Iwatsuki K: Stewart-Treves syndrome arising in patients with lymphaticovenular anastomosis for chronic lymphedema of the leg Eur J Dermatol 22, 545-546.
  • Morizane S, Yamasaki K, Kajita A, Ikeda K, Zhan M, Aoyama Y, Gallo RL, Iwatsuki K: TH2 cytokines increase kallikrein 7 expression and function in patients with atopic dermatitis J Allergy Clin Immunol 130, 259-261.
  • Miyake T, Yamasaki O, Sugiu M, Hamada T, Otsuka M, Yanai H, Morishita Y, Iwatsuki K: Primary signet-ring cell/histiocytoid carcinoma of the axilla expressing human epidermal growth factor receptor 2 J Dermatol 39, 1038-1040.
  • Wada H, Tsuboi R, Kato Y, Sugaya M, Tobinai K, Hamada T, Shimamoto T, Noguchi K, Iwatsuki K: Phase I and pharmacokinetic study of the oral histone deacetylase inhibitor vorinostat in Japanese patients with relapsed or refractory cutaneous T-cell lymphoma J Dermatol 39, 823-828.
  • Fujii K, Aochi S, Takeshima C, Ohtsuka M, Hamada T, Asagoe K, Aoyama Y, Morizane S, Iwatsuki K: Eccrine poromatosis associated with polychemotherapy Acta Derm Venereol 92, 687-690.
  • Sugaya M, Hamada T, Kawai K, Yonekura K, Ohtsuka M, Shimauchi T, Tokura Y, Nozaki K, Izutsu K, Suzuki R, Setoyama M, Nagatani T, Koga H, Tani M, Iwatsuki K: Guidelines for the management of cutaneous lymphomas (2011): a consensus statement by the Japanese Skin Cancer Society - Lymphoma Study Group J Dermatol 40, 2-14.
  • Lai Y, Li D, Li C, Muehleisen B, Radek KA, Park HJ, Jiang Z, Li Z, Lei H, Quan Y, Zhang T, Wu Y, Kotol P, Morizane S, Hata TR, Iwatsuki K, Tang C, Gallo RL: The antimicrobial protein REG3A regulates keratinocyte proliferation and differentiation after skin injury Immunity 37, 74-84.
  • Ono S, Tanioka M, Tanizaki H, Fujisawa A, Koga H, Hashimoto T, Kamiya K, Aoyama Y, Iwatsuki K, Miyachi Y.: Concurrence of autoantibodies to bullous pemphigoid antigens and desmoglein 3: analysis of pathogenic and nonpathogenic antibodies Br J Dermatol 168, 1357-1360.

症例報告

  • Hamada T,Umemura H,Aoyama Y,Iwatsuki K: Successful Therapeutic Use of Targeted Narrow-band Ultraviolet B Therapy for Refractory Hailey-Hailey Disease (2012)
  • Yamasaki O, Nagao Y, Sugiyama N, Otsuka M, Iwatsuki K: Surgical management of axillary necrotizing fasciitis: a case report J Dermatol (2012) 39, 309-311.
  • Yamasaki O,Takeshima C,Ikeda K,Suzuki N,Otsuka M,Kimata Y,Hirakawa S,Iwatsuki K: Stewart-Treves syndrome arising in patients with lymphaticovenular anastomosis for chronic lymphedema of the leg. EJD (2012) 22, 545-546.

報告書

  • 岩月 啓氏: adult-cell Leukemia/Lymphoma ATL克服に向けた研究の現状調査と進捗状況把握にもとづく効率的な研究体制の構築に関する研究 409-414.

和文著作

症例報告

  • 平井陽至、山本剛伸、三宅智子、山内晶子、藤井一恭、森実真、岩月啓氏: Epstein-Barrウイルス感染症と種痘様水疱症 Derma (2012) 191, 48-53.
  • 奥村 優香、岩田 浩明、青山 裕美、市来 善郎、清島 真理子: 治療前後の血清中TNF-α濃度を測定したMulticentric Reticulohistiocytosis の1例 皮膚科の臨床 (2012) 54, 553-558.
  • 青山 裕美、木村 摩耶、宮本 亨、村瀬 智子、亀井 克彦、矢口 貴志: Exophiala jeanselmeiによる黒色菌糸症の1例 臨床皮膚科 (2012) 66, 253-257.
  • 牧原亜矢子、白藤宜紀、大野貴司、岩月啓氏: Knuckle Padを伴いケラチン9遺伝子異常を認めたVorner型掌蹠角化症の1例 皮膚科の臨床 (2012) 54, 809-812.
  • 山ア修,大塚正樹,濱田利久,白藤宜紀,鈴木大介,鈴木規弘,岩月啓氏,佐藤暢夫,長尾洋: Klebsiella Pneumoniaeによる壊死性筋膜炎の2例 日本皮膚外科学会誌 (2012) 16, 36-37.
  • 白藤宜紀: EGFR阻害薬による皮膚障害と治療 医学のあゆみ (2012) 241, 567-572.
  • 杉生真帆,青山裕美,梶田藍,竹島千夏,濱田利久,松尾俊彦,赤塚俊文,岩月啓氏: 眼底綿花様白斑を合併した全身性エリテマトーデスの1例 臨床皮膚科 (2012) 66, 960-964.
  • 瀧口徹也,大塚正樹,梅村啓史,鈴木規弘,青山裕美,大野貴司,岩月啓氏,柳井広之: 臨床的悪性を疑った皮膚線維腫の一例 日本皮膚病理組織学会会誌 (2012) 28, 33-36.
  • 竹島千夏,白藤宜紀,岩月啓氏,深井待子,漆原嘉奈子: ケラチン16遺伝子にp.Leu132Pro変異を認めたPachyonychia Congenita 皮膚科の臨床 (2012) 54, 1755-1758.

総説

  • 山ア修: 内服抗菌薬の使い方 (2012) 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット8 変貌する?瘡マネージメント. 古江増隆, 中山書店, 東京 (2012) 189-193.
  • 石井則久,四津里英,朝野裕子,圓純一郎,清島真理子,常深祐一郎,中永和枝,濱田利久,星野仁彦,渡邉徹心: ブルーリ潰瘍 日本臨床皮膚科医会雑誌 (2012) 29, 376-383.
  • 山ア修: 皮膚細菌感染症の治療戦略 Visual Dermatology (2012) 11, 400-403.
  • 森実真: 表皮水疱症の血液学的合併症 臨床皮膚科 増刊号 (2012) 66, 50-53.
  • 岩月啓氏: 皮膚科学 日本医事新報 (2012) 別冊, 94-99.
  • 岩月啓氏: 血管炎のChapel Hill分類2011提案からー改変病名について 臨床皮膚科 増刊号 (2012) 66, 150-151.
  • 青山裕美: EGF 臨床免疫・アレルギー科 サイトカインのすべて(完全改訂版) (2012) 57, 499-502.
  • 青山裕美: 水疱症に対する使い方、予期せぬ結果とその対策 Visual Dermatology (2012) 11, 605-609.
  • 濱田利久、岩月啓氏: ボリノスタット Visual Dermatology (2012) 11, 752-754.
  • 青山裕美: 天疱瘡に対するγグロブリン大量静注療法の作用機序 日本臨床 (2012) 70, 1437-1443.
  • 藤井一恭、岩月啓氏: 分子標的治療薬とリンパ腫 皮膚アレルギーフロンティア (2012) 10, 31-35.
  • 山ア修: 小児の皮膚細菌感染症 日皮会誌 (2012) 122, 1743-1746.
  • 山ア修: 猫ひっかき病 日皮会誌 (2012) 122, 1353-1357.
  • 山ア修: 丹毒:おとなの丹毒はこどもではどういう病変になるの? Visual Dermatology (2013) 12, 26-27.
  • 高田実: メラノーマは手術で治せるか?−プログレッションモデルからみたメラノーマの巣y術法の再評価− 日本皮膚科学会雑誌 (2012) 122, 2077-2084.
  • 青山裕美、西江渉、清水宏、岩月啓氏: 表皮水疱症の血液学的合併症 日本小児皮膚科学会雑誌 (2012) 31, 79-84.
  • 濱田利久: 希少がん治療の現状〜皮膚T細胞リンパ腫〜 ファームステージ (2012) 12, 35-39.
  • 森実真: 後天性魚鱗癬との鑑別を要した魚鱗癬様菌状息肉症 Visual Dermatology (2012) 11, 920-921.
  • 深松紘子,岩月啓氏: 有棘細胞癌との鑑別を要した未分化大細胞リンパ腫 Visual Dermatology (2012) 11, 924-926.
  • 濱田利久: 菌状息肉症に対するインターフェロン−γ療法 Visual Dermatology (2012) 11, 952-954.
  • 藤井一恭: ヒストン脱アセチル化酵素阻害薬:基礎から臨床まで Visual Dermatology (2012) 11, 970-973.
  • 爲政大幾,安部正敏,中西健史,松尾光馬,山ア修,朝野善英,石井貴之,伊藤孝明,井上雄二,今福信一,入澤亮吉,大塚正樹,大塚幹夫,小川文秀,門野岳史,小寺雅也,川上民裕,川口雅一,久木野竜一,幸野健,境恵祐,高原正和,谷岡未樹,中村泰大,橋本彰,長谷川稔,林昌浩,藤本学,藤原浩,前川武雄,間所直樹,吉野雄一郎,レパヴー・アンドレ,立花髟v,尹浩信: 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告ー3糖尿病性潰瘍・壊疽ガイドライン 日本皮膚科学会ガイドライン (2012) 122, 281-319.

単行本(著書)

  • 山ア修: 丹毒・蜂窩織炎・リンパ管炎 創傷のすべて. 安部正敏,溝上祐子,寺師浩人, 克誠堂出版, 東京 (2012) 246-247.
  • 安部正敏,爲政大幾,中西健史,松尾光馬,山ア修: 第3章糖尿病性潰瘍・壊疽診療ガイドライン 創傷・熱傷ガイドライン. 創傷・熱傷ガイドライン委員会, 金原出版, 東京 (2012) 106-158.
  • 濱田利久: 全身に嚢胞を認める疾患 今日の皮膚疾患治療指針 第4版. 塩原哲夫,宮地良樹,渡辺晋一,佐藤伸一, 医学書院, 東京 (2012) 79-80.
  • 濱田利久: その他の皮膚T細胞リンパ腫(非菌状息肉症型) 今日の皮膚疾患治療指針 第4版. 塩原哲夫,宮地良樹,渡辺晋一,佐藤伸一, 医学書院, 東京 (2012) 737-741.
  • 山崎修: 抗真菌薬 今日の皮膚疾患治療指針 第4版. 塩原哲夫,宮地良樹,渡辺晋一,佐藤伸一, 医学書院, 東京 (2012) 199-200.
  • 山崎修: 細菌性皮膚疾患 最近の動向 今日の皮膚疾患治療指針 第4版. 塩原哲夫,宮地良樹,渡辺晋一,佐藤伸一, 医学書院, 東京 (2012) 785-787.
  • 青山裕美: 線状IgA水疱性皮膚症 今日の皮膚疾患治療指針 第4版. 塩原哲夫,宮地良樹,渡辺晋一,佐藤伸一, 医学書院, 東京 (2012) 413-414.
  • 青山裕美: 妊娠性疱疹 今日の皮膚疾患治療指針 第4版. 塩原哲夫,宮地良樹,渡辺晋一,佐藤伸一, 医学書院, 東京 (2012) 415-418.
  • 青山裕美: 妊娠時にみられる皮膚疾患への対応は? 女性の皮膚トラブルFAQ. 宮地 良樹, 診断と治療社, 東京 (2012) 96-103.
  • 山崎修: タンポンによるトキシックショック症候群とは? 女性の皮膚トラブルFAQ. 宮地 良樹, 診断と治療社, 東京 (2012) 83-88.
  • 岩月啓氏: リンパ腫分類の変遷と皮膚リンパ腫の位置づけ 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット13 皮膚のリンパ腫最新分類に基づく診療ガイド. 古江増隆・岩月啓氏, 中山書店, 東京 (2012) 2-5.
  • 濱田利久: 皮膚リンパ腫の発症頻度 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット13 皮膚のリンパ腫最新分類に基づく診療ガイド. 古江増隆・岩月啓氏, 中山書店, 東京 (2012) 12-15.
  • 濱田利久: 皮膚リンパ腫の予後 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット13 皮膚のリンパ腫最新分類に基づく診療ガイド. 古江増隆・岩月啓氏, 中山書店, 東京 (2012) 78-81.
  • 濱田利久: 菌状息肉症・Sezary症候群の治療方針 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット13 皮膚のリンパ腫最新分類に基づく診療ガイド. 古江増隆・岩月啓氏, 中山書店, 東京 (2012) 94-98.
  • 濱田利久: 毛包向性菌状息肉症(folliculotropic mycosis fungoides) 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット13 皮膚のリンパ腫最新分類に基づく診療ガイド. 古江増隆・岩月啓氏, 中山書店, 東京 (2012) 99-102.
  • 濱田利久: Columm[症例紹介]B2基準を満たす毛包向性菌状息肉症 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット13 皮膚のリンパ腫最新分類に基づく診療ガイド. 古江増隆・岩月啓氏, 中山書店, 東京 (2012) 103.
  • 森実真: その他の菌状息肉症バリアント 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット13 皮膚のリンパ腫最新分類に基づく診療ガイド. 古江増隆・岩月啓氏, 中山書店, 東京 (2012) 111-115.
  • 平井陽至,岩月 啓氏: 種痘用水疱症様リンパ腫(hydroa vacciniforme-like lymphoma) 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット13 皮膚のリンパ腫最新分類に基づく診療ガイド. 古江増隆・岩月啓氏, 中山書店, 東京 (2012) 141-144.
  • 藤井一恭: 原発性皮膚CD4陽性小・中細胞型T細胞リンパ腫(pリマry区種追うsCD4+ small/medium T-cell lymphoma) 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット13 皮膚のリンパ腫最新分類に基づく診療ガイド. 古江増隆・岩月啓氏, 中山書店, 東京 (2012) 152-154.
  • 藤井一恭: 末梢性T細胞リンパ腫,非特定(peripheral T-cell lymphoma,not otherwise specified) 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット13 皮膚のリンパ腫最新分類に基づく診療ガイド. 古江増隆・岩月啓氏, 中山書店, 東京 (2012) 155-157.
  • 濱田利久: 粘膜関連リンパ組織の節外性辺縁帯リンパ腫(extranodal marginal zone lymphoma of mucosa-associated lymphoid tissue) 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット13 皮膚のリンパ腫最新分類に基づく診療ガイド. 古江増隆・岩月啓氏, 中山書店, 東京 (2012) 158-161.
  • 藤井一恭: 原発性皮膚びまん性大細胞型B細胞リンパ腫,下肢型(primary cutaneous diffuse large B-cell lymphoma,leg type) 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット13 皮膚のリンパ腫最新分類に基づく診療ガイド. 古江増隆・岩月啓氏, 中山書店, 東京 (2012) 162-165.
  • 鈴木規弘: 芽球性形質細胞様樹状細胞腫瘍 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット13 皮膚のリンパ腫最新分類に基づく診療ガイド. 古江増隆・岩月啓氏, 中山書店, 東京 (2012) 173-175.
  • 平井陽至,岩月 啓氏: 免疫不全を基盤に生じるリンパ腫 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット13 皮膚のリンパ腫最新分類に基づく診療ガイド. 古江増隆・岩月啓氏, 中山書店, 東京 (2012) 176-178.
  • 濱田利久: 全国調査と症例追跡調査 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット13 皮膚のリンパ腫最新分類に基づく診療ガイド. 古江増隆・岩月啓氏, 中山書店, 東京 (2012) 220-223.
  • 藤井一恭: リンパ腫研究の動向 診る・わかる・治す 皮膚科臨床アセット13 皮膚のリンパ腫最新分類に基づく診療ガイド. 古江増隆・岩月啓氏, 中山書店, 東京 (2012) 227-229.
  • 安部正敏,爲政大幾,中西健史,松尾光馬,山ア修: 糖尿病性潰瘍・壊疽診療ガイドライン 創傷・熱傷ガイドライン. 創傷・熱傷ガイドライン委員会, 金原出版, 東京 (2012) 34-103.
  • 今福信一,入澤亮吉,大塚正樹,門野岳史,立花髟v,藤原浩: 褥瘡診療ガイドライン 創傷・熱傷ガイドライン. 創傷・熱傷ガイドライン委員会, 金原出版, 東京 (2012) 106-158.

報告書

  • 山ア修: 難治性感染症を標的とした創薬研究教育推進事業 平成23年度研究報告書 難治性感染症を標的とした創薬研究教育推進事業 平成23年度研究報告書 難治性感染症を標的とした創薬研究教育推進事業 平成23年度研究報告書.
  • 菅谷誠(東京大学 医学部皮膚科), 河井一浩, 大塚幹夫, 濱田利久, 米倉健太郎, 島内隆寿, 谷守, 古賀弘志, 野崎浩二, 伊豆津宏二, 戸倉新樹, 瀬戸山充, 長谷哲男, 岩月啓氏: 皮膚リンパ腫診療ガイドライン2011年改訂版(解説) 日本皮膚科学会ガイドライン (2012) 122, 1513-1531.