業績集

1996年(平成8年)


欧文雑誌   欧文単行書   和文雑誌   和文単行書   新聞記事   ページトップ



欧文雑誌

  1. Q. Shi, H. Hashizume, H. Inoue, T. Miyake, et al.:
    Finite element analysis of pathogenesis of osteoarthritis in the first carpometacarpal joint. Acta Med Okayama, Vol. 49, pp. 43-51, 1995
  2. H. Ikawa, A. Tokuhiro:
    Kinesiological study of push-up motion using a three-dimensional floor reaction on a force plate. Acta Med Okayama, Vol. 49, pp. 129-135, 1995q
  3. A. Kawai, M. Hamada, S. Sugihara, H. Hashizume, H. Nagashima, H. Inoue:
    Rotationplasty for patients with osteosarcoma around the knee joint, Acta Med Okayama, Vol. 49, pp. 221-226, 1995
  4. T. Yokota, M. Hamada, H. Nagashima:
    Diagnostic sensitivity of motor nerve conduction studies in ulnar neuropathy at the elbow. Acta Med Okayama, Vol. 49, pp. 261-265, 1995
  5. K. Nishida, H. Hashizume, H. Inoue, K. Toda, et al.:
    Localization of the glycosaminoglycans in the synovial tissues from osteoarthritic knees. Acta Med Okayama, Vol. 49, pp. 287-294, 1995
  6. Y. Yokoyama, H. Inoue, Y. Ohta, T. Hayashi, H. Koura:
    Relationship between retention of the posterior cruciate ligament and postoperative flexion in total knee arthroplasty. Acta Med Okayama. Vol. 49, pp. 295-300, 1995
  7. K. Nishida, H. Inoue, et al.:
    Immunohistochemical demonstration of fibronectin in the most superficial layer of normal rabbit articular cartilage. Annals of the Rheumatic Disease, Vol. 54, pp. 995-998, 1995
  8. H. Asahara, H. Inoue, et al.:
    In situ expression of Fas antigen, Fas ligand and apoptosis related proto-oncogenes in rheumatoid synovial tissues. Arthritis Rheum., Vol. 38, p. S375, 1995
  9. H. Asahara, H. Inoue, et al.:
    High DNA-binding activity of transcription factor NF-kB in synovial membranes of patients with rheumatoid arthritis. Biochemitry and Molecular Biology International, Vol. 37, pp. 827-832, 1995
  10. A. Kawai, H. Inoue, et al.:
    Pulmonary resection for metastatic soft tissue sarcomas. Clinical Orthopaedics, Vol. 310, pp. 188-193, 1995
  11. T. Ozaki, et al.:
    Ewing's sarcoma of the ribs-A report from the cooperative Ewing's sarcoma study-. Eur. J. Cancer, Vol. 31, pp. 2284-2288, 1995
  12. S. Nakahara, T. Sato:
    First thoracic disc herniation with myelopathy. European Spine Journal, Vol. 4, pp. 366-367, 1995
  13. T. Ozaki, H. Hashizume, A. Kawai, H. Inoue:
    Ewing's sarcoma of the hand: Magnetic resonance images and treatment. J. Hand Surg., Vol. 20A, pp. 441-444, 1995
  14. H. Hashizume, K. Nishida, Y. Nanba, H. Inoue, T. Konishiike:
    Intraneural ganglion of the posterior interosseous nerve with lateral elbow plan. J. Hand Surgery, Vol. 20B, pp. 649-651, 1995
  15. H. Hashizume, K. Nishida, K. Yamamoto, T. Hirooka, H. Inoue:
    Delayed posterior interosseous nerve palsy. J. Hand Surgery, Vol. 20B, pp. 655-657, 1995
  16. J. Imatani, Y. Miyake, Y. Nakatsuka, H. Akazawa, S. Mitani:
    Coxa magna after open reduction for developmental dislocation of the hip. J. Pediatric Orthopaedics, Vol. 15, pp. 337-341, 1995
  17. T. Ozaki, et al.:
    Osteosarkom bei zwei Geschwistern. Klin. Paediatr., Vol. 207, pp. 298-301, 1995
  18. H. Sumii, H. Inoue:
    The ultrastructure and calcification of Matrix vesicles in osteoachritie articeelar cartilage. Med. Electron Microsc., Vol. 28, pp. 156-162, 1995
  19. H. Watanabe, et al.:
    A Tele-micro-surgery system with co-located view and operation points and a rotational-force-feedback-free master manipulator. MRCAS'95, pp. 111-118, 1995
  20. T. Ozaki, S. Sugihara, M. Hamada, Y. Nakagawa, H. Inoue:
    Salvage chemotherapy for recurrent Ewing's sarcomas. Neoplasm, Vol. 42, pp. 39-42, 1995
  21. H. Asahara, et al.:
    Inhibitory effect of arcaine on nitric oxide synthase in the rat brain. Neurochemistry, Vol. 6, pp. 554-556, 1995
  22. H. Asahara, H. Inoue, et al.:
    Nitric oxide synthase inhibited by audouine in the rat brain. Neurochemistry, Vol. 6, pp. 1146-1148, 1995
  23. K. Shimada, T. Tokioka:
    Sequential MRI studies in patients with cervical cord injury but without bony injury. Paraplegia, Vol. 33, pp. 573-578, 1995
  24. Y. Kosaka, et al.:
    Surgical management of facial fractures using stereoscopic three-dimensional computed tomography. Transactions of the 11th Congress of the International Confederation of Prastic, Reconstractive and Aesthetic Surgery, p. 29, 1995
  25. K. Kawamura, et al.:
    Muscle recruitment during knee isometric extension exercise. Trans. Ortho. Res. Soc., Vol. 20, p. 696, 1995
  26. S. Yukihiro, K. Takeuchi, H. Inoue, et al.:
    Experimental osteodystrophy of chronic renal failure induced by aluminum- and ferric-nitrilotriacetate in Wistar rat. Pathology International, Vol. 45, pp. 19-25, 1995
  27. H. Watanabe, et al.:
    A tele-micro-surgery system across the internet with a fixed viewpoint/operation-point. Proceedings of the 1995 IEEE/RSJ International Conference on Intellignet Robots and Systems, pp. 178-185, 1995


欧文雑誌   欧文単行書   和文雑誌   和文単行書   新聞記事   ページトップ



欧文単行書

なし



欧文雑誌   欧文単行書   和文雑誌   和文単行書   新聞記事   ページトップ



和文雑誌

  1. 廣岡寛公,中塚洋一,池上晃一,赤澤啓史,井上 一:
    先天性股関節脱臼に対する観血的整復術―広範囲展開法後の臼蓋発育―.日整会誌,第69巻,S241頁,1995
  2. 中塚洋一,赤澤啓史,三谷 茂,井上 一,小田 浤:
    RB 法により治療した片側先天性股関節脱臼の健側の X 線学的検討.日整会誌,第69巻,S445頁,1995
  3. 池上晃一,中塚洋一,廣岡寛公,赤澤啓史,井上 一:
    広範囲展開法で観血整復した先天性股関節脱臼の骨頭形態.日整会誌,第69巻,S447頁,1995
  4. 横山良樹,井上 一,松田和実,臼井正明,難波良文:
    岡山大式 PCL-R 型人工膝関節置換術の手術手技とその成績.日整会誌,第69巻,S469頁,1995
  5. 市川徳和,名越 充,黒住健人:
    肩腱板断裂における肩峰下滑液包の病理所見.日整会誌,第69巻,S612頁,1995
  6. 臼井正明,井上 一,長野博志,花川志郎,佐々木和浩:
    変形性股関節症に対する Charnley 型全人工股関節置換術10年の成績.日整会誌,第69巻,S703頁,1995
  7. 中原進之介,大塚和俊,原田良昭,今井 健,石井秀典:
    アテトーゼ型脳性麻痺に合併した頚椎症性脊髄症に対する前方固定術の長期成績.日整会誌,第69巻,S740頁,1995
  8. 小西 明,今井 健,濱浪一則,石井秀典,原 靖隆,角南義文ほか:
    腰椎変性すべり症に対する手術方法の選択と手術成績.日整会誌,第69巻,S799頁,1995
  9. 井上 一,横山良樹,太田裕介,難波良文:
    セラミック・ステム付人工肘関節置換術の中間成績.日整会誌,第69巻,S824頁,1995
  10. 川井 章,杉原進介,国定俊之,井上 一ほか:
    悪性軟部腫瘍に対する術前放射線温熱化学療法.日整会誌,第69巻,S847頁,1995
  11. 中塚洋一,川井 章,橋詰博行,赤澤啓史,井上 一:
    四肢悪性腫瘍切除後の巨大骨欠損の治療―Ilizarov 創外固定器を用いて―.日整会誌,第69巻,S859頁,1995
  12. 小西池泰三,橋詰博行,西田圭一郎,浅原弘嗣,井上 一:
    長期透析患者における肩関節痛の臨床的および病理学的検討.日整会誌,第69巻,S904頁,1995
  13. 浅原弘嗣,川井 章,井上 一ほか:
    各種骨・軟部腫瘍における転写制御因子 NF-κB,AP-1 の DNA 結合活性の検討.日整会誌,第69巻,S1035頁,1995
  14. 西田圭一郎,井上 一,吉川 豪,佐藤 徹ほか:
    関節軟骨最表層におけるフィブロネクチンに関する研究.日整会誌,第69巻,S1321頁,1995
  15. 小林 豊,井上 一ほか:
    軟骨無形成症 4 症例の解析.日整会誌,第69巻,S1344頁,1995
  16. 浅原弘嗣,井上 一ほか:
    慢性関節リウマチ滑膜組織における Fas 抗原と proto-oncogene と mRNA の発現の検討.日整会誌,第69巻,S1431頁,1995
  17. 浅原弘嗣,井上 一ほか:
    慢性関節リウマチ滑膜組織における転写制御因子 NF-κB の DNAne 結合活性の検討.日整会誌,第69巻,S1432頁,1995
  18. 前原 孝,井上 一ほか:
    運動ニューロンのガングリオシドを標識するクローン抗体―神経疾患との関連と発生学的検討―.日整会誌,第69巻,S1718頁,1995
  19. 国定俊之,川井 章,杉原進介,井上 一ほか:
    骨芽細胞に対する微小重力の影響.日整会誌,第69巻,S1787頁,1995
  20. 川井 章,杉原進介,中塚洋一,赤澤啓史,井上 一:
    小児悪性骨軟部腫瘍の治療成績と問題点.日小整会誌,第 5 巻,8-13頁,1995
  21. 赤澤啓史,小田 浤,井上 徹,東野みどり,中塚洋一,三谷 茂,井上 一:
    両側先天股脱に対する観血的整復術の検討.日小整会誌,第 5 巻,40-44頁,1995
  22. 中込 直,東野みどり,井上 徹,小田 浤,近藤陽一郎:
    脳性麻痺に対する Barr 変法の効果.日小整会誌,第 5 巻,95-98頁,1995
  23. 竹内一裕,原田良昭,中原進之介,井上 一,佐藤 徹:
    外傷性脊椎損傷の治療法の検討 ― Harrington Instrumentation の抜去例―.日災害医誌,第43巻,39-43頁,1995
  24. 安田金蔵,長野博志,坂井一夫,羽崎秀治,河原一仁,中山和弘:
    踵骨関節内骨折に対する Westhues 変法の成績.日災害医誌,第43巻,419-427頁,1995
  25. 徳弘昭博:
    高位頚髄損傷者の家庭復帰.日災害医誌,第43巻,543-547頁,1995
  26. 佐藤 徹,浅原弘嗣,井上 一,花川志郎:
    同側大腿骨・下腿骨骨幹部複合骨折の治療経験.日災害医誌,第43巻,624-629頁,1995
  27. 羽崎秀治,島田公雄,時岡孝光:
    腰部椎間板ヘルニアに対する経皮的髄核摘出術の検討.日災害医誌,第43巻,759-762頁,1995
  28. 中野和美,徳弘昭博,古澤一成,小谷泰広:
    脊髄頚髄損傷者の義務教育への復学について.日本パラプレジア医学会雑誌,第 8 巻,314-315頁,1995
  29. 枝重恭一,衣笠清人,井上 徹,生田陽彦,三宅基夫,藤原紘郎:
    上腕骨近位端骨折に対する創外固定法の経験.日本創外固定研究会誌,第 6 巻,129-133頁,1995
  30. 安田金蔵,長野博志,野田知之,黒住健人:
    骨欠損を伴う骨折および骨折後の骨髄炎に対する治療経験.日本創外固定研究会誌,第 6 巻,206頁,1995
  31. 臼井正明,横山良樹,花川志郎,井上 一:
    大腿骨頭壊死症に対する Austin-Moore 型人工骨頭置換術の長期成績.Hip Joint,第21巻,104-108頁,1995
  32. 中塚洋一,赤澤啓史,三谷 茂,国定俊之,井上 一:
    30歳代の先天性股関節脱臼後の変股症の検討.Hip Joint,第21巻,158-161頁,1995
  33. 赤澤啓史,花川志郎,中塚洋一,臼井正明 ,井上 一:
    変形性股関節症に対するカップ関節形成術の長期成績 (20年以上) .Hip Joint,第21巻,306-309頁,1995
  34. 国定俊之,中塚洋一,赤澤啓史,井上 一,東原信七郎:
    牽引による股関節不安定性の検討.Hip Joint,第21巻,449-452頁,1995
  35. 小林 豊,中塚洋一,橋詰博行,井上 一ほか:
    正常股と臼蓋形成不全股の応力解析,Hip Joint.第21巻,462-465頁,1995
  36. 河村顕治:
    リハビリテーションにおけるバイオメカニクスの応用.J. Clinical Rehabilitation,第 4 巻,469-473頁,1995
  37. 木下 篤,井上貴雄,住居広士,井上 一:
    低骨密度検体の骨密度解析における DXA 法の限界性能―大腿骨近位部解析モードを使用して―.日骨形態誌,第 5 巻,61-66頁,1995
  38. 住居広士,井上貴雄,木下 篤,井上 一:
    中年女性の大腿骨近位部骨密度に及ぼす体力運動因子について.日骨形態誌,第 5 巻,87-91頁,1995
  39. 木下 篤,井上貴雄,住居広士,井上 一:
    高齢女性の大腿骨頚部骨密度変化量に及ぼす生活動作の影響.日骨形態誌,第 5 巻,141-146頁,1995
  40. 日高康博ほか:
    舟状骨偽関節の三次元 CT 像による検討.日本手の外科学会雑誌,第12巻,61-64頁,1995
  41. 山根孝志,小野勝之,橋詰博行,吉村一穂,今谷潤也:
    背側転移した指節骨頚部骨折 (背側転位型と背側回転型頚部骨折) の観血的治療の経験.日本手の外科学会雑誌,第12巻,134-139頁,1995
  42. 高越秀和,橋詰博行,西田圭一郎,難波良文,井上 一:
    中手指関節手側の線維構築とその変性について.日本手の外科学会雑誌,第12巻,180-183頁,1995
  43. 難波良文,橋詰博行,井上 一:
    小児上腕骨外顆骨折後偽関節の治療について.日本肘関節研究会雑誌,第 2 巻,25-26頁,1995
  44. 小倉 丘,越智信夫,橋詰博行,井上 一:
    肘関節動揺性の X 線測定法について.日本肘関節研究会雑誌,第 2 巻,69-70頁,1995
  45. 熊野 修:
    高齢者腰痛の原因疾患の分析 ―入院患者について―.日本腰痛会誌,第 1 巻,43-51頁,1995
  46. 時岡孝光,島田公雄:
    腰椎椎間板ヘルニアの再発例の様態と治療.日本腰痛会誌,第 1 巻,75-79頁,1995
  47. 長野博志,安田金蔵,坂井一夫,羽崎秀治,河原一仁,中山和弘ほか:
    大腿骨骨幹部骨折に対する治療成績.骨折,第17巻,63-67頁,1995
  48. 野田知之,安田金蔵,長野博志,黒住健人,羽崎秀治:
    大腿骨骨折後の脚短縮に対し延長術を行った 2 症例.骨折,第17巻,114-119頁,1995
  49. 佐藤 徹,花川志郎,秋山明三,井上 一,神野 泰:
    脛骨顆部骨折の観血的治療.骨折,第17巻,138-142頁,1995
  50. 高杉茂樹,浦上征男,渡部邦久,片山信昭,戸谷和夫,平岡達也,板阪利生:
    距骨骨折の治療経験―観血的治療例.骨折,第17巻,234-238頁,1995
  51. 樫原 稔,永易大典,長谷川康裕,高田敏也,平場康一:
    新鮮開放骨折に対する一次的内固定について,骨折,第17巻,300-303頁,1995
  52. 臼井正明,阿部信寛,和気博文,橋詰博行,花川志郎,井上 一:
    肩峰骨折の観血的治療経験.骨折,第17巻,357-361頁,1995
  53. 那須亨二:
    海綿骨螺子加 CHS 固定を主とした高齢者大腿骨頚部内側骨折の治療成績.骨折,第17巻,392-397頁,1995
  54. 名越 充,市川徳和,黒住健人:
    大腿骨転子部不安定型骨折の治療経験.骨折,第17巻,439-443頁,1995
  55. 山根孝志,武智宏介,小野勝之,吉村一穂,橋詰博行:
    成人 Monteggia 損傷新鮮例の検討.骨折,第17巻,621-627頁,1995
  56. 臼井正明,井上 一,太田裕介,横山良樹:
    慢性関節リウマチに対する Charnley 型全人工股関節置換術の10年の成績.リウマチ,第35巻,294頁,1995
  57. 新田浩喜,井上 一,横山良樹,太田裕介,西田圭一郎:
    膝 RA・OA における前十字靭帯の役割.リウマチ,第35巻,309頁,1995
  58. 太田裕介,井上 一,横山良樹,臼井正明,川上和秀:
    慢性関節リウマチ膝における骨内病変の検討.リウマチ,第35巻,309頁,1995
  59. 新田浩喜,井上 一,横山良樹,太田裕介,西田圭一郎:
    変形性膝関節症における軟骨破壊の術中所見について.リウマチ,第35巻,331頁,1995
  60. 浅原弘嗣,井上 一,横山良樹,中川雄公:
    慢性関節リウマチ滑膜組織における転写制御因子 NF-кB の DNA 結合活性の上昇.リウマチ,第35巻,397頁,1995
  61. 横山良樹,太田裕介,臼井正明,難波良文,井上 一:
    TKA における術前可動域が術後に及ぼす影響について.リウマチ,第35巻,402頁,1995
  62. 太田裕介,井上 一,横山良樹,国定俊之,川上和秀:
    慢性関節リウマチで膝滑膜切除術施行例において MRI 上認める骨内病変の検討.日本画像医学雑誌,第13巻,384頁,1995
  63. 川井 章,杉原進介,橋詰博行,井上 一ほか:
    四肢悪性軟部腫瘍広範囲切除術における人工血管を用いた血行再建の試み.日本移植学会誌,第30巻,415頁,1995
  64. 長島弘明:
    第 8 回国際義肢装具学会参加報告.日本義肢装具学会会誌,第11巻,198-200頁,1995
  65. 徳弘昭博:
    脳卒中患者の社会復帰:職業復帰の状況および医学的リハビリテーションと職業リハビリテーションの連携の現状.総合リハ,第23巻,477-482頁,1995
  66. 川井 章,中塚洋一,杉原進介,国定俊之,井上 一:
    自家組織を用いた悪性骨腫瘍広範切除後再建法の検討.中部整災誌,第38巻,27-28頁,1995
  67. 本城康臣,中原進之介,原田良昭,佐藤 徹:
    頚髄症の術後シネ MRI ―特に成績不良例の検討―.中部整災誌,第38巻,63-64頁,1995
  68. 小西 明,今井 健,石井秀典ほか:
    頚部脊柱管拡大術を行った頚椎症性脊髄症における成績不良例の検討.中部整災誌,第38巻,169-170頁,1995
  69. 山名圭哉,池田隆弘,今井 健,石井秀典,小西 明:
    腰部脊柱管狭窄症の手術成績―術後長期経過例について―.中部整災誌,第38巻,211-212頁,1995
  70. 林 正典:
    膝関節機能の運動解析―人工膝関節置換術 (岡山大式 PCL-R 型) 例の前後動揺性・回旋運動について―.中部整災誌,第38巻,288-299頁,1995
  71. 加原尚明,近藤陽一郎,高橋右彦,小武守正人:
    脳卒中片麻痺患者における足部矯正術の検討―再手術例の評価―.中部整災誌,第38巻,323-324頁,1995
  72. 杉原進介,川井 章,尾崎敏文,井上 一,佐藤 徹:
    軟部腫瘍におけるダイナミック MRI の有用性.中部整災誌,第38巻,369-370頁,1995
  73. 壺内 貢,藤原紘郎,井上 周,梶木美樹,松下和太郎:
    大腿骨近位部骨折に対する髄内固定法 ―第 1 報.大腿骨近位部X線像の計測―.中部整災誌,第38巻,377-378頁,1995
  74. 藤原紘郎,壺内 貢,井上 周,梶木美樹,松下和太郎:
    大腿骨近位部骨折に対する髄内固定法 ―第 2 報:髄内固定器具の開発について―.中部整災誌,第38巻,457-458頁,1995
  75. 羽崎秀治,安田金蔵,坂井一夫,長野博志ほか:
    大腿骨顆上―顆間骨折治療成績の検討―.中部整災誌,第38巻,463-464頁,1995
  76. 坂井一夫,安田金蔵,長野博志,羽崎秀治,河原一仁:
    尺骨骨折に対する細い K 殤 tscher 髄内釘の使用経験.中部整災誌,第38巻,489-490頁,1995
  77. 安光正治:
    両側変形性股関節症に対する片側全人工股関節置換術後の非手術側の臨床的 X 線学的変化.中部整災誌,第38巻,561-572頁,1995
  78. 守屋有二:
    先天性股関節脱臼に対する観血的整復術直後の求心性の評価.中部整災誌,第38巻,573-579頁,1995
  79. 山川晴吾,江口壽榮夫,高橋義仁:
    生下時からの頚髄損傷の 5 例.中部整災誌,第38巻,671-672頁,1995
  80. 横井 正,赤澤啓史,中塚洋一,井上 一:
    15歳以後に行った筋性斜頚の手術成績.中部整災誌,第38巻,699-700頁,1995
  81. 高橋右彦,近藤陽一郎,加原尚明,小武守正人:
    ペルテス病治療後の骨頭変形と臼蓋形成について.中部整災誌,第38巻,703-704頁,1995
  82. 楠戸康通,松井 譲,藤井淳一,多胡博之:
    変形性関節症による肘部管症候群に対する King 変法の手術成績.中部整災誌,第38巻,719-720頁,1995
  83. 市川徳和,名越 充,黒住健人:
    肩腱板断裂における関節内滑膜及び肩峰下滑液包の病理変化,中部整災誌,第38巻,747-748頁,1995
  84. 三宅良昌,松下具敬ほか:
    Colanna 法と Lorenz 法の長期成績 ―治療後20年の成績―.中部整災誌,第38巻,852-856頁,1995
  85. 時岡孝光,島田公雄,羽崎秀治,河原一仁ほか:
    骨傷を認めない頚髄損傷の経時的 MRI 像の検討.中部整災誌,第38巻,993-994頁,1995
  86. 本城康臣,中原進之介,原田良昭,秋山明三:
    頚椎後縦靭帯骨化症の術後シネ MRI.中部整災誌,第38巻,1007-1008頁,1995
  87. 角南勝利,熊野 修,市村文男,藤岡一平,川村正英:
    腎移植後の大腿骨頭壊死発生に関わる諸因子の検討―特に術前の臨床検査所見について―.中部整災誌,第38巻,1073-1074頁,1995
  88. 江口壽榮夫,高橋義仁,平田 淳:
    成人期脳性麻痺患者の整形外科的な諸問題.中部整災誌,第38巻,1109-1110頁,1995
  89. 壺内 貢:
    大腿骨近位部骨折に対する髄内釘器具の開発に関する X 線学的研究.中部整災誌,第38巻,1167-1176頁,1995
  90. 石橋直大:
    変形性膝関節症の疫学的調査.中部整災誌,第38巻,1177-1183頁,1995,学位論文
  91. 濱田全紀,橋詰博行,難波良文,井上 一,小西池泰三:
    手根管症候群における手根管内圧と術前電気診断との比較.中部整災誌,第38巻,1201-1202頁,1995
  92. 難波良文,橋詰博行,濱田全紀,井上 一,小西池泰三:
    奥津法による鏡視下横手根靭帯切離術の臨床成績.中部整災誌,第38巻,1203-1204頁,1995
  93. 河原一仁,花川志郎,羽崎秀治,安田金蔵ほか:
    多発骨傷例の治療と問題点.中部整災誌,第38巻,1239-1240頁,1995
  94. 藤原紘郎,壺内 貢,井上 周,梶木美樹,松下和太郎:
    大腿骨近位部骨折に対する髄内固定法 ―第 3 報:Gamma nail 法の問題点に対する対策―.中部整災誌,第38巻,1269-1270頁,1995
  95. 秋山明三,花川志郎,佐藤 徹,井上 一:
    上腕骨外科頚骨折に対する髄内ピン固定と骨頭の骨梁構造について.中部整災誌,第38巻,1309-1310頁,1995
  96. 原田良昭,井上 一,中原進之介,千田益生,矢形幸久:
    慢性関節リウマチの上位頚椎病変に対する手術成績.中部整災誌,第38巻,1341-1342頁,1995
  97. 臼井正明,長野博志,佐藤 徹,横山良樹,井上 一:
    大腿骨頭壊死症に対する Charnley 型全人工股関節置換術の成績.中部整災誌,第38巻,1365-1366頁,1995
  98. 加藤彰浩,那須正義,武智宏介,寺元秀文:
    高位 (L1,2, L2,3) 除圧,腰部脊柱管狭窄症手術例の検討.中部整災誌,第38巻,1401-1402頁,1995
  99. 川添健生,今井 健,濱浪一則ほか:
    顕微鏡下腰椎椎間板ヘルニア摘出術の再手術例について.中部整災誌,第38巻,1419-1420頁,1995
  100. 鳥越保之:
    上肢近位筋萎縮を主症状とする頚部脊椎症の CT 像の検討.中部整災誌,第38巻,1479-1489頁,1995
  101. 石川 聡,三宅孝弘,井上 一ほか:
    男性らい患者の睾丸萎縮と骨粗鬆症.中部整災誌,第38巻,1561-1562頁,1995
  102. 吉川 豪,川井 章,国定俊之,佐々木和浩,井上 一:
    当科における骨巨細胞腫の治療成績.中部整災誌,第38巻,1591-1592頁,1995
  103. 佐藤 理,川井 章,橋詰博行,井上 一,守都義明:
    内軟骨腫の臨床的検討.中部整災誌,第38巻,1595-1596頁,1995
  104. 青木 清,川井 章,矢形幸久,難波良文,井上 一:
    骨軟部腫瘍における血中 PICP,ICTP 濃度の検討.中部整災誌,第38巻,1609-1610頁,1995


欧文雑誌   欧文単行書   和文雑誌   和文単行書   新聞記事   ページトップ



和文単行書

なし



欧文雑誌   欧文単行書   和文雑誌   和文単行書   新聞記事   ページトップ



新聞記事

なし


欧文雑誌   欧文単行書   和文雑誌   和文単行書   新聞記事   ページトップ