業績集

2002年(平成14年)


欧文雑誌   欧文単行書   和文雑誌   和文単行書   新聞記事   ページトップ



欧文雑誌

  1. Kabuto Y, Senda M, Hashizume H, Kinoshita A, Inoue H :
    Time Course Changes of Nerve Conduction Velocity in Idiopathic Carpal Tunnel Syndrome after Endoscopic Surgery., Acta Med Okayama, 55(3), 185-191, (2001)
  2. Yumite Y, Takeuchi K, Harada Y, Ogawa N, Inoue H :
    Concentration of Nitric Oxide (NO) in Spinal Fluid of Chronic Spinal Disease., Acta Med Okayama, 55(4), 219-228, (2001)
  3. Yamakawa S, Hashizume H, Ichikawa N, Itadera E, Inoue H :
    Comparative Studies of MRI and Operative Findings in Rotator Cuff Tear., Acta Med Okayama, 55(5), 261-268, (2001)
  4. Ohzawa S, Takahara Y, Furumatsu T, Inoue H :
    Patient Survival after Total Knee Arthroplasty., Acta Med Okayama, 55(5), 295-299, (2001)
  5. Matsuo M, Nishida K, Yoshida A, Murakami T, Inoue H :
    Expression of Caspase-3 and -9 Relevant to Cartilage Destruction and Chondrocyte., Apoptosis in Human Osteoarthritic Cartilage, Acta Med Okayama, 55(6), 333-340, (2001)
  6. Grosheger G, Hillmann A, Rodl R, Ozaki T, Gebert C, Winkelmann W :
    Stump lengthning after hip disartuculation using a medular endoprosthesis., Acta Orthop Scand, 72(5), 533-536, (2001)
  7. Sumida M, Fujimoto M, Tokuhiro A, Tominaga T, Magara A, and Uchida R :
    Early rehabilitation effect for traumatic spinal cord injury., Arch Phys Med Rehabil, 82, 391-395, (2001)
  8. Kaneko S, Takemoto S, Ohtsuki C, Ozaki T, Inoue H, Osaka A :
    In vitro evaluation of bone-bonding of titanium metal chemically treated with a hydrogen peroxide solution containing tantalum chloride., Biomaterials, 22, 875-881, (2001)
  9. Ozaki T, Hashizume H, Nishida K, Kawai A, Inoue H :
    Reconstruction using clavicle after resection of sarcoma of the proximal humerus., Clin Orthop, 385, 170-175, (2001)
  10. Ozaki T, Paulussen M, Poremba C, Brinkschmidt C, Rerin J, Ahrens S, Hoffmann C, Hillmann A, Wai D, Schäfer K-L, Böcker W, Jürgens H, Winkelmann W, Dockhorn-Dworniczak B :
    Genetic imbalances revealed by comparative genomic hybridization in Ewing tumors., Gene Chromsomes Cancer, 32, 164-171, (2001)
  11. Ishikawa S, Mizushima M, Furuta M, Ishikawa A, Kawamura K :
    Leydig cell hyperplasia and the maintenance of bone volume: Bone histomorphometry and testicular histopathology in 29 male leprosy autopsy cases., International Journal of Reprosy, 68(3), 258-266, (2001)
  12. Lindner N, Ozaki T, Winkelmann W :
    Percutaneous RF ablation in osteoid osteoma with follow up in 58 patients., J Bone Joint Surg [Br], 83(3), 291-296, (2001)
  13. O'Driscoll S, Imatani J :
    Tardy posterolateral rotatory instability of the elbow joint due to cubital varus., J Bone Joint Surg, 83A(9), 1358-1369, (2001)
  14. Hillmann A, Link T, Ozaki T, Vestring T, Winkelmann W :
    Computed direct magnification radiography of bone tumors., J Cancer Res Clin Oncol, 127, 116-122, (2001)
  15. Saeki Y, Hashizume H, Nagoshi M, Tanaka H, Inoue H :
    Mechanical strength of intramedullary pinning and transfragmental Kirschner wire fixation for C Colles’ fractures., J Hand Surg, 26B, 550-555, (2001)
  16. Ito Y, Hasegawa Y, Toda K, Tanaka M, Nakahara S :
    The original hole-in-one guide for atlantoaxial transarticular screw fixation., J Orthop Sci, 6, 16-21, (2001)
  17. Terai Y, Senda M, Hashizume H, Nagashima H, Inoue H :
    Selective measurement of digital nerve conduction velocity., J Orthop Sci, 6, 123-127, (2001)
  18. Itasaka T, Kawai A, Sato T, Mitani S, Inoue H :
    Diagnosis of infection after total hip arthroplasty., J Orthop Sci, 6, 320-326, (2001)
  19. Hazaki S, Yokoyama Y, Inoue H :
    A radiographic analysis of anterior-posterior translation in total knee arthroplasty.,J Orthop Sci, 6, 390-396, (2001)
  20. Takada E, Takahashi M, Shimada K :
    Natural history of lumbar disc hernia with radicular leg pain: Spontaneous MRI changes of the herniated mass and correlation with clinical outcome., J Orthop Surg, 9(1), 1-7, (2001)
  21. Yoshitaka T, Mitani S, Aoki K, Miyake A, Inoue H :
    Long-term Follow-up of Congenital Subluxation of the Hip., J Pediatric Orthop, 21, 474-480, (2001)
  22. Nagoshi M, Hashizume H, Kawahara K, Masaoka S, Inoue H :
    Pathomechanism and treatment of the small and incomplete rotator cuff tears., J Shoulder Elbow Surg, 10(4), 389, (2001)
  23. Imatani J, Morito Y, Hashizume H, Inoue H :
    Internal fixation of the coronal shear fracture of the humerus by anterolateral approach., J Shoulder Elbow Surg, 10(5), 758-760, (2001)
  24. Kano Y, Nohno T, Takahashi R, Hasegawa T, Hiragami F, Kawamura K, Motoda H, Sugiyama T :
    cAMP and calcium lonophore induce outgrowth of neuronal processes in PC12 mutant cells in which nerve growth factor induced outgrowth of neuronal processes is impaired., Neuroscience Letters, 303, 21-24, (2001)
  25. Nishida K, Doi T, Matsuo M, Shibahara M, Yoshida A, Inoue H :
    Involvement of nitric oxideinduced apoptosis of chondrocytes in chondro-osteophyte formation., Osteoarthritis Cartilage, 9, 232-237, (2001)
  26. Kano Y, Hiragami F, Kawamura K, Takaguchi S, Kimata Y, Poffenberger CK, Iwama MK, Yoshimizu A, Nishimura S, Miyamoto K, Namba M :
    Establishment of a drug-hypersensitive PC12 mutant clone deficient in nerve growth factorinduced neurite outgrowth., Tiss Cult Res Commun, 20, 145-153, (2001)
  27. Kawai A, Sugihara S, Naito N, Ozaki T, Isu K, Hatae Y, Inoue H :
    Development of acute myeloid leukemia after chemotherapy for osteosarcoma., Chin Orthop, 391, 239-246, (2001)
  28. Itadera E, Ichikawa N, Hashizume H, Inoue H :
    Stress fracture of the ulnar styloid process in Kendo player-A case report., Hand Surg, 6, 109-111, (2001)
  29. Oda M, Kosaka Y, Hashizume H :
    A flexor tendon rupture case after malunited colles' fractures., J Jpn Son Surg Hand, 18, 498-503, (2001)
  30. Pap G, Shigeyama Y :
    Have the new drugs relieved the burden of the orthopedic surgeon?, Curr Opin Rheumatol, 13(3), 214-218, (2001)
  31. Sekine T, Masuko-Hongo K, Matsui T, Asahara H, Takigawa M, Nishida K, Kato T :
    Recognition of YKL-39, a human cartilage related protein, as a target antigen in patients with rheumatoid arthritis., Ann Rheum Dis, 60(1), 49-54 (2001)
  32. Long F, Schipani E, Asahara H, Kronenberg H, Montminy M :
    The CREB family of activators is required for endochondral bone deveropment., Deveropment, 128(4), 541-550, (2001)
  33. Ishikawa A, lshikawa S, Hirakawa M :
    Osteoporosis, bone turnover and hypogonadism in elderly men with treated leprosy., Lepr Rev, 72, 322-329, (2001)
  34. Asahara H, Santoso B, Guzman E, Du K, Cole P.A, Davidson I, Montminy M :
    Chromatin-dependent cooperativity between constitutive and inducible activation domains in CREB., MoL Cell Boil, 21(23), 7892-7900, (2001)
  35. Kano Y, Hiragami F, Kawamura K, Takaguchi S, Kimata Y, Poffenberger C. K, Iwama M. K, Yoshimizu A, Nisimura S, Miyamoto K, Namba M :
    Establishment of a Drug ―HypersensitivePC12MutantCloneDeficientinNerveGrowthFactor― induced Neurite Outgrowth., Tissue Culture Research Communications, 20, 145-153, (2001)


欧文雑誌   欧文単行書   和文雑誌   和文単行書   新聞記事   ページトップ



欧文単行書

  1. Toshifumi Ozaki :
    Das Chondrosarkom:Grading-orientierte Differenzierung und neue Behand Iungsverfahren auf der Basis des Biologischer Tumorcharakters., venia legendi im Fach Orthopädie an der, Medizinischen Fakultät der westfälischen Wilhelms-Universität Münster, (2001)


欧文雑誌   欧文単行書   和文雑誌   和文単行書   新聞記事   ページトップ



和文雑誌

  1. 伊藤 康夫,長谷川康裕,戸田 一潔,中原進之介,田中 雅人:
    独自に開発したホールインワンガイドを用いたMagerl法,日整会誌(要旨),75巻(4),112-113,(2001)
  2. 板阪 利生,川井  章,佐藤  徹,三谷  茂,井上  一:
    全人工股関節置換術後感染の診断,日整会誌(要旨),75巻(10),578,(2001)
  3. 羽崎 秀治,横山 良樹,井上  一:
    人工膝関節全置換術(NexGan型TKA)における前後移動のX線学的解析,日整会誌(要旨),75巻(11),629-630,(2001)
  4. 日高 康博,前田 裕章,黒住 健人,神野  泰:
    舟状骨骨折に合併する手関節軟骨損傷,日手会誌,18巻(1),38-41,(2001)
  5. Michihiro Oda, Yoshiki Kosaka, Hiroyuki Hashizume:
    A Flexor Tendon Rupture Case after Malunited Colles' Fracture,日手会誌,18巻(4),498-503,(2001)
  6. 今谷 潤也,守都 義明,廣岡 孝彦,橋詰 博行,井上  一:
    橈骨遠位端関節内骨折に対する鏡視下整復法の治療成績,日手会誌,18巻(5),559-563,(2001)
  7. 井上  淳,赤澤 啓史,三宅 良昌:
    筋性斜頚手術の長期成績,日小整会誌,10巻(1),50-54,(2001)
  8. 佐藤  理,小田  浤,中込  直,原 誠之助,三宅 基夫:
    当園における小児脊髄損傷例の検討,日小整会誌,10巻(2),180-183,(2001)
  9. 長野 健治:
    内側型変形性膝関節症に対する高位脛骨骨切り術の術後10年以上の長期成績,日関外誌,20巻(1),23-31,(2001)
  10. 近藤陽一郎,河原 一仁,守都 義明,中塚 洋一,三谷  茂:
    先天性内反足に対する後外方解離術10年以上例の成績,日足外会誌,22巻(2),1-4,(2001)
  11. 廣岡 孝彦,彌益 清文,橋詰 博行,名越  充,井上  一:
    腱板断裂に対するMcLaughlin法の有用性―術前術後のMRI評価―,肩関節,25巻(2),227-230,(2001)
  12. 板寺 英一,市川 徳和,大森 貴夫,橋詰 博行,井上  一:
    広範囲腱板断裂に対するPatch法の成績,肩関節,25巻(2),323-325,(2001)
  13. 名越  充,橋詰 博行,河原 一仁,正岡 俊二,井上  一:
    肩腱板小断裂および不全断裂の病態と治療―臨床像,術中所見からの検討―,肩関節,25巻(3),401-404,(2001)
  14. 菅田 吉昭,今井  健,石井 秀典,小西  明,角南 義文:
    腰椎椎間板ヘルニアに対する神経根ブロック,日本腰痛会誌,7巻(1),105-109,(2001)
  15. 小田 聖人,田中 裕三,橋本 敏行,難波 良文,花川 志郎:
    高齢者の上腕骨下端骨折の治療経験,日職災医誌,49巻(3),284-287,(2001)
  16. 長野 博志,守都 義明:
    膝蓋骨骨折に対する最小侵襲手術―X線透視と関節鏡を用いて―,日職災医誌,49巻(3),385-389,(2001)
  17. 武智 秀夫:
    筋電義手は公費支給になじむか,日本義肢装具学会誌,17巻(4),262-264,(2001)
  18. 小坂 義樹,藤井 基晴,橋詰 博行,光嶋  勲:
    網状植皮術時の我々の工夫,日小侵整会誌,1巻(1),38,(2001)
  19. 濱浪 一則,徳弘 昭博,平井 正才,古澤 一成,大野 重雄:
    車椅子用エアークッションの傾斜に伴う座面圧力の変化について,日本パラプレジア医学会雑誌,14巻(1),66-67,(2001)
  20. 濱浪 一則,徳弘 昭博,平井 正才,古澤 一成,大野 重雄:
    車椅子のフットレスト高の違いによる座圧の変化について 褥瘡予防の観点から,日本パラプレジア医学会雑誌,14巻(1),68-69,(2001)
  21. 古澤 一成,徳弘 昭博,平井 正才,濱浪 一則,大野 重雄:
    3次元コンピュータグラフィックを用いた住宅改造支援 第2報,日本パラプレジア医学会雑誌,14巻(1),194-195,(2001)
  22. 大森 貴夫,市川 徳和,板寺 英一,橋詰 博行,井上  一:
    健板滑液包面不全断裂の手術成績,中部整災誌,44巻,33-34,(2001)
  23. 廣岡 孝彦,彌益 清文,橋詰 博行,名越  充,井上  一:
    経肩峰アプローチを用いた肩腱板損傷の治療成績,中部整災誌,44巻,35-36,(2001)
  24. 伊藤 康夫,長谷川康博,戸田 一潔:
    高齢者(80歳代)の頚椎症性脊髄症に対する手術成績の検討,中部整災誌,44巻,65-66,(2001)
  25. 田中 雅人,中原進之介,小浦  宏,甲斐 信生,田中 俊輔:
    棘突起形成を併用した頚椎椎弓形成術(平林変法)の手術成績,中部整災誌,44巻,75-76,(2001)
  26. 松尾 真嗣,佐藤  徹,三谷  茂,塩田 直史,井上  一:
    人工股関節置換術後感染例に対する治療,中部整災誌,44巻,87-88,(2001)
  27. 渡邊 益宜,難波 良文,田中 裕三,橋本 敏行,花川 志郎:
    不顕性大腿骨近位部骨折の症例検討,中部整災誌,44巻,153-154,(2001)
  28. 小川 健一,佐藤  徹,井上  一,駒井 康孝,住吉 正行:
    成人における上腕骨顆部骨折の治療経験,中部整災誌,44巻,199-200,(2001)
  29. 今谷 潤也,守都 義明,小倉  丘,橋詰 博行,井上  一:
    高齢者上腕骨通顆骨折に対する新固定法―ONI transcondylar plateの開発―,中部整災誌,44巻,205-206,(2001)
  30. 梶木 美樹:
    踵骨関節内骨折の実験的検討,中部整災誌,44巻,241-248,(2001)
  31. 長谷川康裕,伊藤 康夫,戸田 一潔:
    鎖骨遠位端骨折の治療経験,中部整災誌,44巻,293-294,(2001)
  32. 玉田 利徳,近光 宣彦,鈴木 史朗,坂手 行義:
    骨粗鬆症性胸腰椎移行部骨折におけるdynamic MRI所見,中部整災誌,44巻,305-306,(2001)
  33. 角南 勝利,井上  一,市村 文男,藤岡 一平:
    腎移植後の大腿骨頭壊死症のMRI所見,中部整災誌,44巻,325-326,(2001)
  34. 木下  篤,山名 圭哉,生熊 久敬,千田 益生,井上  一:
    高齢女性の骨密度変化に及ぼす身体活動の影響―8年間の縦断分析による検討―,中部整災誌,44巻,335-336,(2001)
  35. 山名 圭哉,生熊 久敬,今城 珠美,千田 益生,井上  一:
    片脚起立時の重心動揺測定における信頼性の検討,中部整災誌,44巻,339-340,(2001)
  36. 中溝 寛之,今井  健,石井 秀典,小西  明,菅田 吉昭:
    腰椎椎間板ヘルニア再手術例の検討,中部整災誌,44巻,369-370,(2001)
  37. 時岡 孝光,高田 敏也,島田 公雄:
    骨傷を伴わない頚髄損傷の病態―頚椎症性変化および受傷機転との関係について―,中部整災誌,44巻,375-376,(2001)
  38. 東條 好憲,高橋 雅也,高田 英一,渡邊 益宜,島田 公雄:
    非骨傷性外傷性頚髄損傷の病態―C3/4損傷を中心に―,中部整災誌,44巻,377-378,(2001)
  39. 伊野部卓志,安田 金蔵,山崎 広一,橋詰 謙三:
    高齢者大腿骨頚部内側骨折に対する骨接合不良例の検討,中部整災誌,44巻,449-450,(2001)
  40. 角南 勝利,三谷  茂,佐藤  徹,井上  一:
    特発性大腿骨頭壊死症に対する大腿骨頭回転骨切り術の骨シンチ評価,中部整災誌,44巻,463-464,(2001)
  41. 木下  篤,千田 益生,田中日出樹,橋詰 博行,井上  一:
    手根管症候群における前腕セグメントの神経伝導速度低下例の検討,中部整災誌,44巻,557-558,(2001)
  42. 松村 福広,長野 健治,本田  透,大塚 和俊,川崎 啓介:
    脛骨顆部骨折の観血的治療成績,中部整災誌,44巻,613-614,(2001)
  43. 時岡 孝光,高田 敏也:
    頚椎頚髄疾患にマスクされた多発性硬化症の検討,中部整災誌,44巻,631-632,(2001)
  44. 西山  武,角南 勝利,佐藤  徹,塩田 直史,井上  一:
    全人工股関節置換術後の肺塞栓症の3例,中部整災誌,44巻,687-688,(2001)
  45. 三宮 将典,市村 文男,藤岡 一平,川村 正英,宮地  健:
    悪性腫瘍による四肢長管骨病的骨折の骨癒合について,中部整災誌,44巻,717-718,(2001)
  46. 田中 雅人,中原進之介,小浦  宏,甲斐 信生:
    脊椎手術合併症の予防と対策 特に脊髄硬膜外血腫について,中部整災誌,44巻,807-808,(2001)
  47. 市川 徳和,板寺 英一,山中 紀夫,大森 貴夫:
    メディカル・リスクマネージメントにおけるインシデントレポートに関する検討,中部整災誌,44巻,835-836,(2001)
  48. 野田 知之,加藤 彰浩,小西池泰三,佐藤  徹,井上  一:
    外傷性大腿骨頭壊死に対するDynamic MRI評価,中部整災誌,44巻,885-886,(2001)
  49. 浅海 浩二,三谷  茂,佐藤  徹,井上  一,竹井 義隆:
    殿筋内脱臼性股関節症に対する全人工股関節置換術の経験,中部整災誌,44巻,895-896,(2001)
  50. 長谷川康裕,伊藤 康夫,戸田 一潔:
    長期透析患者の手根管症候群に対する鏡視下手根管開放術,―臨床成績,アミロイドおよびβ2-microglobulinの染色陽性率の検討―,中部整災誌,44巻,945-946,(2001)
  51. 時岡 孝光,高田 敏也,横山 良樹,永井 新二:
    椎弓スぺーサーを用いた片開き式頚椎椎弓形成術,中部整災誌,44巻,1051-1052,(2001)
  52. 小田 聖人,島田 公雄,高橋 雅也,渡邊 益宜,米田 泰史:
    硬膜外膿瘍を伴った化膿性脊椎炎の治療経験,中部整災誌,44巻,1061-1062,(2001)
  53. 山名 圭哉,生熊 久敬,奥谷,珠美,千田 益生,井上  一:
    高齢者における重心動揺および片脚起立時間とADLに関する検討,中部整災誌,44巻,1079-1080,(2001)
  54. 長野 博志,守都 義明,林  正典,今谷 潤也,佐藤  徹:
    下肢長管骨骨折に対するminimally invasive plate osteosynthesisの治療経験,中部整災誌,44巻,1163-1164,(2001)
  55. 板寺 英一,市川 徳和,山中 紀夫,大森 貴夫:
    転位型大腿骨頚部骨折に対する骨接合術の成績―術後4週間非荷重症例の検討―,中部整災誌,44巻,1165-1166,(2001)
  56. 玉田 利徳,鈴木 史朗,近光 宣彦,坂手 行義:
    腰椎椎間板ヘルニアに対する疼痛管理の限界,中部整災誌,44巻,1175-1176,(2001)
  57. 菅田 吉昭,今井  健,中溝 寛之,小西  明,石井 秀典:
    神経根ブロックからみた腰椎椎間板ヘルニアの手術適応について,中部整災誌,44巻,1177-1178,(2001)
  58. 高木  徹:
    徒手筋力計による股外転等尺性収縮筋力測定の信頼性に関する研究,中部整災誌,44巻,1247-1252,(2001)
  59. 伊野部卓史,安田 金蔵,山崎 広一,脇田 智夫:
    高齢者大腿骨転子部骨折のCHS固定後再骨折した症例の検討,中部整災誌,44巻,1285-1286,(2001)
  60. 伊藤 康夫,長谷川康裕,戸田 一潔:
    高齢者(70歳以上)に腰椎変性疾患に対する手術治療成績,中部整災誌,44巻,1371-1372,(2001)
  61. 廣岡 孝彦,彌益 清文,橋詰 博行,名越  充,井上  一:
    拘縮肩に対する鏡視下肩峰下減圧術の治療成績,中部整災誌,44巻,1397-1398,(2001)
  62. 田中 裕三,難波 良文,大澤 誠也,橋本 敏行,花川 志郎:
    橈骨遠位端骨折に対する掌側プレート固定術のよる治療成績,中部整災誌,44巻,1411-1412,(2001)
  63. 田中 雅人,甲斐 信生,中原進之介:
    高齢者(70歳以上)の頚椎疾患の手術例の検討,西日本脊椎研究会誌,27巻(1),65-66,(2001)
  64. 伊藤 康夫,長谷川康裕,戸田 一潔:
    高齢者の頚椎症性脊髄症に対する脊柱管拡大術の手術成績,西日本脊椎研究会誌,27巻(1),90-93,(2001)
  65. 原田 良昭,竹内 一裕,井上  一:
    高齢者(70歳以上)の頚椎手術の問題点,西日本脊椎研究会誌,27巻(1),128-131,(2001)
  66. 鄭  明守,今井  健,石井 秀典,小西  明:
    高齢者腰椎椎間板ヘルニア症例の検討,西日本脊椎研究会誌,27巻(2),173-176,(2001)
  67. 伊藤 康夫,長谷川康裕,戸田 一潔:
    高齢者(70歳以上)の腰椎変性疾患に対する手術治療成績,西日本脊椎研究会誌,27巻(2),205-209,(2001)
  68. 田中 雅人,甲斐 信生,中原進之介:
    高齢者(70歳以上)の腰椎疾患の手術例の検討,西日本脊椎研究会誌,27巻(2),241-242,(2001)
  69. 高橋  大,柚木  脩:
    後内側型野球肘の分類・手術手技・成績,中四整会誌,13巻(1),13-19,(2001)
  70. 大森 貴夫,高橋 欣吾,寺井 祐司,太田 裕介,臼井 正明,渡邊 唯志:
    抗生剤含有ハイドロキシアパタイトを使用した骨・関節感染症の治療経験,中四整会誌,13巻(1),31-34,(2001)
  71. 林  正典,守都 義明,長野 博志,今谷 潤也,伊藤 達男:
    MCL損傷を伴う新鮮膝ACL損傷に対するACL単独再建術の検討,中四整会誌,13巻(1),53-56,(2001)
  72. 寺元 秀文,藤原 紘郎,井上  周,前原  孝,茂山 幸雄,土居 克三:
    高齢者の橈骨遠位端骨折(Colles骨折)の治療経験―初期固定角度と再転位の検討―,中四整会誌,13巻(1),57-61,(2001)
  73. 木浪  陽,今谷 潤也,長野 博志,林  正典,守都 義明:
    当院における鎖骨遠位端骨折の治療成績,中四整会誌,13巻(1),79-84,(2001)
  74. 杉本 佳久,大淵佐知子,坂田賢一郎,臼井 正明,渡邊 唯志:
    結核性肘関節炎に対する抗結核剤含有セメントビーズの使用経験,中四整会誌,13巻(2),225-229,(2001)
  75. 田中 裕三,難波 良文,高田 英一,東條 好憲,花川 志郎:
    同側鎖骨肩甲骨骨折の治療経験,骨折,23巻(1),102-104,(2001)
  76. 栗岡 英生,斉田  光,堅山 道雄,那須 亨二:
    鎖骨体部骨折に対する逆行性経皮的鎖骨髄内ピン固定法の治療成績,骨折,23巻(1),124-127,(2001)
  77. 川上 幸雄,佐藤  徹,秋山 明三,土井  武,井上  一:
    上腕骨外科頚骨折に対するダイヤ型Rush pinによる逆行性髄内固定法,骨折,23巻(1),149-152,(2001)
  78. 市川 徳和,板寺 英一,山川 晴吾,大森 貴夫:
    高齢者上腕骨通顆骨折の治療経験―小倉式プレートを使用して―,骨折,23巻(1),184-186,(2001)
  79. 北岡 謙一,衣笠 清人,西田 一成,松崎  浩,佐々木和浩,狩野 岳士,松本 俊之:
    粉砕型尺骨近位部骨折の治療成績の検討,骨折,23巻(1),266-269,(2001)
  80. 西井 幸信,高原 康弘,長町 善五:
    高齢者における橈骨遠位端骨折後の変形治癒,骨折,23巻(1),283-287,(2001)
  81. 加藤 彰浩,野田 知之,小西池泰三,佐藤  徹,井上  一:
    大腿骨頭の血流からみた修正Garden分類の有効性,骨折,23巻(2),364-366,(2001)
  82. 衣笠 清人,西田 一也,松崎  浩,北岡 謙一,矢形 幸久,狩野 岳士,松本 俊之:
    AO分類31-A2,A3大腿骨転子部不安定型骨折の手術方法と成績の検討,―髄内固定型インプラントを用いて―,骨折,23巻(2),467-470,(2001)
  83. 安田 金蔵,山崎 広一,伊野部卓志,橋詰 謙三:
    大腿骨遠位1/3骨折に対する順行性髄内釘固定法の成績,骨折,23巻(2),502-505,(2001)
  84. 長野 博志,守都 義明,林  正典,今谷 潤也,大淵佐知子:
    高齢者大腿骨顆上骨折に対するIMSC nailの治療成績と問題点,骨折,23巻(2),523-526,(2001)
  85. 黒住 健人,宮田 輝雄,日高 康博,前田 裕章,永澤  大,大澤 誠也,松尾 真嗣,神野  泰:
    大腿骨顆部・顆上骨折の治療経験,骨折,23巻(2),527-530,(2001)
  86. 佐藤  徹,松尾 真嗣,塩田 直史,井上  一,松田 和実,川上 幸雄:
    大腿骨顆部・顆上骨折に対するangle plateとIMSC nailの比較検討,骨折,23巻(2),567-573,(2001)
  87. 松村 福広,長野 健治,本田  透,大塚 和俊,川崎 啓介:
    脛骨顆部骨折の観血的治療の長期成績,骨折,23巻(2),607-611,(2001)
  88. 難波 良文,高田 英一,東條 好憲,田中 裕三,花川 志郎:
    徒手整復不能であった足関節脱臼骨折の検討,骨折,23巻(2),665-668,(2001)
  89. 小武守正人,那須 享二,高取 和弘:
    足関節外果骨折に対する経皮内固定法の試み,骨折,23巻(2),669-671,(2001)
  90. 松本 俊之,衣笠 清人,西田 一也,松崎  浩,北岡 謙一,佐々木和浩,狩野 岳士:
    Pilon骨折の治療成績の検討,骨折,23巻(2),679-681,(2001)
  91. 板寺 英一,市川 徳和,山川 晴吾,大森 貴夫:
    踵骨関節内骨折に対する経皮ピンニングの治療成績,骨折,23巻(2),711-713,(2001)
  92. 田中 雅人,中原進之介,甲斐 信生,国定 俊之,大野 尚徳:
    脊椎手術合併症の予防と対策―特に脊髄硬膜外血腫について,骨・関節・靭帯,14巻(12),1213-1218,(2001)
  93. 戸田 一潔:
    リン酸カルシウム骨ペーストを使用した脛骨高原骨折の治療(depression type),J MIOS,21巻,57-65,(2001)
  94. 川井  章,原田 良昭,杉原 進介,竹内 一裕,尾崎 敏文,井上  一,田中 雅人,甲斐 信生,中原進之介:
    転移性脊椎腫瘍に対する手術的治療とその成績,臨整外,36巻(5),577-583,(2001)
  95. 佐藤  徹,井上  一:
    人工膝関節置換術後の大腿骨顆上骨折の治療,MB Orthop,14巻(13),45-52,(2001)
  96. 佐藤  徹:
    大腿骨遠位部骨折E膝関節,四肢関節部骨折治療実践マニュアル,MB Orthop,14巻(9),156-164,(2001)
  97. 戸田 一潔,伊藤 康夫,長谷川康裕,衣笠 清人:
    7.0mmテーパー状海綿骨ピンを使用した創外固定による上腕骨近位端骨折の治療,整形外科,52巻(3),271-276,(2001)
  98. 田中 雅人,中原進之介,小浦  宏,甲斐 信生,佐野 敬介,伊藤 康夫:
    アテトーゼ頚髄症に関する新しい疾患概念,整形外科,52巻(4),384-389,(2001)
  99. 戸田 一潔,伊藤 康夫,長谷川康裕,衣笠 清人,西田 一也:
    踵骨骨折に対するAO-calcaneal plateによる治療成績,整形外科,52巻(4),399-401,(2001)
  100. 田中 雅人,中原進之介,小浦  宏,甲斐 信生,佐野 敬介,伊藤 康夫:
    慢性関節リウマチの頚椎病変に対する手術治療,整形外科,52巻(5),509-514,(2001)
  101. 川上 幸雄,佐藤  徹,松尾 真嗣,井上  一:
    両側プレートを用いた脛骨プラトー骨折の治療成績,整形外科,52巻(7),722-775,(2001)
  102. 寺元 秀文,川井  章,杉原 進介,吉田  晶,井上  一:
    ハイドロキシアパタイト移植を行った良性骨腫瘍の長期経過後の組織像,整形外科,52巻(9),1174-1175,(2001)
  103. 田中 雅人,中原進之介,小浦  宏,甲斐 信生,佐野 敬介:
    70歳以上の高齢者における頚椎疾患手術例の検討,―高齢者における日整会頚髄症治療成績判定基準(JOAスコア)の妥当性の評価を含めて,整形外科,52巻(10),1237-1239,(2001)
  104. 安田 金蔵:
    高齢者骨折の治療,整・災外,44巻,319-324,(2001)
  105. 橋詰 博行,名越  充:
    高齢者橈骨遠位端骨折の手術療法,整・災外,44巻,447-451,(2001)
  106. 佐藤  徹,井上  一,長野 博志,守都 義明:
    >股関節脱臼骨折の治療ポイント,骨折治療:成功のポイント,整・災外,44巻,485-496,(2001)
  107. 篠田 潤子,三谷  茂,浅海 浩二,吉鷹 輝仁,井上  一:
    Blount病の観血的治療,整・災外,44巻,1015-1020,(2001)
  108. 橋詰 博行,名越  充:
    橈骨末端骨折に対する髄内固定法,整・災外,44巻,1353-1358,(2001)
  109. 佐藤  徹,川井  章,杉原 進介,柴原  基,松尾 真嗣,塩田 直史,井上  一:
    術後感染症の診断と治療―股・膝関節―,関節外科,20巻(3),28-36,(2001)
  110. 戸田 一潔,伊藤 康夫,長谷川康裕:
    リン酸カルシウム骨セメント(バイオペックス)を用いた脛骨高原骨折depression typeの治療経験,関節外科,20巻(4),102-106,(2001)
  111. 西田圭一郎,大本 俊介,松尾 真嗣,井上  一:
    整形外科医のための分子生物学,変性・炎症,変形性関節症,関節外科,20巻(11),118-121,(2001)
  112. 臼井 正明,渡邊 唯志,井上  一:
    RAに対する骨移植併用THAの成績,関節外科,20巻,33-39,(2001)
  113. 平井 正才,徳弘 昭博:
    義手・義足の処方と適合判定,臨床リハ,10巻(10),907-913,(2001)
  114. 西田圭一郎,松尾 真嗣,加藤 久佳,吉田  晶,井上  一:
    関節軟破壊とNO,現代医療,33巻(5),57-62,(2001)
  115. 濱田 全紀,高橋 義仁,山川 晴吾:
    脳性麻痺の股関節側方架に対するハムストリングの影響,脳性麻痺の外科研究会誌,11巻,9-11,(2001)
  116. 高橋 義仁:
    脳性麻痺股関節脱臼に対する観血整復術―アンケート調査結果の報告―,脳性麻痺の外科研究会誌,11巻,44-47,(2001)
  117. 江口壽榮夫,中嶋 正明,小畑 太志,筒井 章夫,小槻 智丸:
    重症心身障害児(者)の寿命と加齢に関する研究,重症心身障害児施設の死亡調査からみた年代的変遷,吉備国際大学紀要,2号,3-7,(2001)
  118. 横山 良樹,永井 新二,松本 俊之,高尾  敦,立花 一朗,高田 敏也,時岡 孝光:
    当科におけるNexGen型人工膝関節置換術の短期成績,香川労災病院雑誌,7巻,9-12,(2001)
  119. 永井 新二,横山 良樹,槌田 典平,高尾  敦,高田 敏也,時岡 孝光:
    鎖骨骨幹部骨折の手術症例の検討,香川労災病院雑誌,7巻,13-15,(2001)
  120. 立花 一朗,横山 良樹,永井 新二,高田 敏也,時岡 孝光,高尾  敦:
    大腿骨転子部・頚部骨折の受傷機転,特に院内での転倒について,香川労災病院雑誌,7巻,17-19,(2001)
  121. 岸本 亮祐・内田  泰,時岡 孝光,永井 新二:
    脳卒中片麻痺患者の大腿骨頚部骨折についての検討,香川労災病院雑誌,7巻,95-97,(2001)
  122. 徳本 明之,時岡 孝光,永井 新二:
    頚髄症術後の関節可動域の経時変化について,香川労災病院雑誌,7巻,99-101,(2001)
  123. 加藤 彰浩,野田 知之,橋詰 博行:
    橈骨遠位端関節内骨折に対する鏡視下整復術の試み,兵庫県全外科医会会誌,37巻(1),15-17,(2001)
  124. 岩崎 光茂,伊達 伸也,高橋 義仁:
    脳性麻痺など脳性運動障害児・者に対する治療およびリハビリテーションの治療効果とその評価に関する総合研究基本的ADL評価―改訂版の作成と試行結果について―,厚生省障害保健福祉総合研究事業―平成12年度研究報告書,151-170,(2001)
  125. 大野 重雄,古澤 一成,平井 正才,濱浪 一則,大野 素子,徳弘 昭博:
    脳梗塞後に発症した血管新生緑内障の1例,日職災医誌,49巻(1),85-88,(2001)
  126. 三輪 啓之,杉原 進介,川井  章,尾崎 敏文,井上  一:
    CCDP投与後に低Na血症(SIADH)をきたした骨肉腫の2症例,中部整災誌,44巻,575-576,(2001)
  127. 藤井 基晴,小坂 義樹,三谷  茂:
    小児膝蓋骨化膿性骨髄炎の1例,中四整会誌,13巻(1),85-88,(2001)
  128. 森谷 史朗,那須 正義,小西池泰三,東原信七郎,藤原 一夫,小野 勝之:
    Candidaによる脊椎炎の2例,中四整会誌,13巻(1),89-93,(2001)
  129. 井上  淳,赤澤 啓史,濱本雄一郎,深澤 知美,三宅 良昌:
    両側Blount病の双子例,中四整会誌,13巻(1),105-110,(2001)
  130. 永井 新二,横山 良樹,槌田 典平,高尾  敦,高田 敏也,時岡 孝光:
    仙骨脊髄硬膜外嚢胞の1例,中四整会誌,13巻(2),145-149,(2001)
  131. 橋本 敏行,東條 好憲,難波 良文,花川 志郎:
    肩関節直立脱臼の2例,中四整会誌,13巻(2),215-219,(2001)
  132. 大森 貴夫,市川 徳和,板寺 英一:
    上腕骨小頭骨折の1例,整形外科,52巻(13),1670-1672,(2001)
  133. 西田圭一郎,大本 俊介,井上  一:
    慢性炎症とiNOS遺伝子,整・災外,44巻,94-95,(2001)
  134. 赤澤 啓史,三宅 良昌,原 誠之助,小田  浤,高橋 義仁:
    脳性麻痺による足部変形の治療,整・災外,44巻,935-940,(2001)
  135. 橋詰 博行,川井  章,杉原 進介:
    手関節部の腫瘍に対する固定術,関節外科,20巻,75-81,(2001)
  136. 西田圭一郎,大本 俊介,松尾 真嗣,井上  一:
    変形性関節症,関節外科,20巻(11),118-120,(2001)
  137. 千田 益生,井上  一,秋田美奈子:
    ウォームアップとクールダウン,関節外科,20巻(10),126-130,(2001)
  138. 高口眞一郎:
    心身医学から見た漢方(巻頭言),日本東洋心身医学研究,15(1/2),1,(2001)
  139. 高口眞一郎:
    労働衛生におけるメンタルヘルスと漢方―特に作業関連疾患中の骨筋肉系疼痛を中心に―,日本東洋心身医学研究,15(1/2),5-12,(2001)
  140. 高口眞一郎,池宗 和雄勤:
    労年齢におけるメンタルヘルスと漢方 論考―心理障害にみる,現代ストレス社会の生き方―,順正短期大学研究紀要,29,11-23,(2001)


欧文雑誌   欧文単行書   和文雑誌   和文単行書   新聞記事   ページトップ



和文単行書

  1. 徳弘 昭博:
    第7章 職場復帰,脊髄損傷のoutcome―日米のデータベースより―,住田 幹男,徳弘 昭博他 編,医歯薬出版,(2001)
  2. 平井 正才:
    第5章 合併症の予防と管理 3.呼吸器系,脊髄損傷のoutcome―日米のデータベースより―,住田 幹男,徳弘 昭博他 編,医歯薬出版,(2001)
  3. 時岡 孝光:
    評価の基準化―ASIA/IMSOPを中心に,脊髄損傷のoutcome―日米のデータベースより―,住田 幹男 編,医歯薬出版,10-25,(2001)
  4. 赤澤 啓史,青木  清:
    先天股脱の観血整復術(広範囲展開法),股関節疾患(小児・成人)の手術療法,新OS NOW(新世代の整形外科手術),メジカルビュー社,(2001)
  5. 小田  浤,赤澤 啓史:
    大腿骨頭すべり症のImhaeuser三次元骨切り術,股関節疾患(小児・成人)の手術療法,新OS NOW(新世代の整形外科手術),メジカルビュー社,(2001)
  6. 徳弘 昭博:
    脊髄損傷,日常生活における自己管理のすすめ 第2版,医学書院,(2001)
  7. 住田 幹男:
    脊髄損傷のoutcome―日米のデータベースより―,住田 幹男,徳弘 昭博,真柄  彰,豊永 敏宏,内田 竜生 編,医歯薬出版,(2001)
  8. 武智 秀夫:
    リハビリテーション医療入門,医学書院,(2001)
  9. 江口壽榮夫:
    脳性麻痺,日常生活活動(動作)―評価と訓練の実際― 第3版 第12刷,土屋 弘吉,今田  拓,大川 嗣雄 編,医歯薬出版,279-300,(2001)
  10. 江口壽榮夫:
    脳性麻痺,新編装具治療マニュアル―疾患別症状別適応― 第1版 第2刷,加倉井周一,初山 泰弘,渡辺 英夫 編,医歯薬出版,87-102,(2001)
  11. 江口壽榮夫:
    装具と補助具(杖,椅子,自助具など),リハビリテーション医学全書 15 脳性麻痺 第2版 第12刷,五味 重春 編,医歯薬出版,261-281,(2001)
  12. 江口壽榮夫:
    脳性麻痺の装具,義肢装具学 第2版 第3刷,川村 次郎,竹内 孝仁 編,医学書院,278-285,(2001)
  13. 玉田 利徳,近光 宣彦,鈴木 史朗,坂手 行義:
    自然経過と疼痛管理の限界,骨・関節・靱帯,14,683-688,(2001)
  14. 玉田 利徳,坂手 行義,近光 宣彦,鈴木 史朗:
    Sagittal bone sawによる還納式腰椎椎弓切除術,脊椎・脊髄神経手術手技,3,69-72,(2001)
  15. 河村 顕治,畠中 泰彦,巾嶋 正明,藤野 英己,元田 英一,鈴木 康夫,奥村 康成,角野  歩,都築 常明,グアン リー:
    臥床患者のための閉運動連鎖型訓練機器の開発(1)―CYBEX6000による下肢出力様式の基礎的研究―,吉備国際大学保健科学部研究紀要,第6号,71-79,(2001)
  16. 加納 良男,濃野  勉,平上二九三,河村 顕治:
    ヒト細胞の転写に関連した新規DNA塩基配列の発見,吉備国際大学保健科学研究紀要,第6号,145-149,(2001)
  17. 河村 顕治:
    下肢閉運動連鎖と開運動連鎖における筋出力パターンの筋電図学的解析,日本臨床バイオメカニクス学会誌,22,191-194,(2001)
  18. 土井  武,檀浦 生日,内田陽一郎:
    腓骨筋腱脱臼の観血的治療経験,広島スポーツ医学研究会誌,2,44-46,(2001)


欧文雑誌   欧文単行書   和文雑誌   和文単行書   新聞記事   ページトップ



新聞記事

なし


欧文雑誌   欧文単行書   和文雑誌   和文単行書   新聞記事   ページトップ