研究グループ

外傷グループ

研究内容

  • 骨盤輪損傷,寛骨臼骨折治療
  • 石膏モデルの臨床応用
  • 超音波(LIPUS)の新鮮骨折への応用(多施設共同研究)
  • MIPO (Minimally Invasive Plate Osteosynthesis)
  • 深部静脈血栓症と肺塞栓の検査と予防



メンバー

  • 野田 知之
  • 島村 安則
  • 中原 龍一
  • 雑賀 建多
  • 山川 泰明
  • 清野 正普
  • 内野 崇彦
  • 望月 雄介
  • 横尾  賢
  • 出宮 光二
  • 松橋 美波
  • 久禮 美穂
  • 岡﨑 勇樹



歴史

昭和29年、創立と同時に骨折治療学の研究
AO法の本邦への導入に大きく貢献
創立以来、国内ではオピニオン・リーダー




臨床研究

  • 最も難しいとされる骨盤骨折手術治療(国内最多!)

       
  • 数多くの難治性骨折(開放骨折、偽関節…)の治療実績/報告
       
           
  • 超音波骨折治療(新鮮骨折)の多施設共同研究(関連30施設)
  • ナビゲーション手術
       



基礎研究

  • 3D立体モデルによる術前テンプレート、画像解析
       
  • 生体類似モデルによるMRIチタンインプラントの発熱実験



近況

 2012年4月の高度救命救急センター開設に伴い、救急科・形成外科とタイアップし、多発外傷・重度四肢外傷に対し全身管理から四肢再建まで、高度な医療を提供しています。
 近年めざましい進歩を遂げている骨折治療の新しい概念を実践し、骨折固定器具の開発・手術方法の改善に貢献しています。