研究グループ

小児整形・成人股関節グループ

研究内容

  • 小児整形外科全般 (先天性股関節脱臼,筋性斜頸,内反足,骨延長,等)



メンバー

  • 藤原 一夫
  • 遠藤 裕介
  • 鉄永 智紀
  • 赤澤 啓史
  • 三宅 孝昌
  • 山田 和希
  • 三喜 知明



小児グループ

岡山大学整形外科教室は開講とともに、グループに分けられ各々において研究が続けられています。中でも小児股関節分野(先天性股関節脱臼)は、第2代教授の田邉剛造名誉教授により、1974年より当科で開発され行われている広範囲展開法は、難治性股関節脱臼症例に対しても対応しうる方法として認識されています。他には先天性内反足、筋性斜頸の他に変形矯正や骨延長も行っております。少子高齢化に従い症例数は減少していますが、逆に治療経験を持つ整形外科医師も減少しているため、紹介が他県も含めてコンスタントにある状態です。子供が大事にされる時代ですので貴重で責任の多い分野です。


先天性股関節脱臼 広範囲展開法(田邊法)
内反足の治療 筋性斜頸の手術
変形矯正・仮骨延長術 仮骨延長術+MIPO法



股関節グループ

岡山大学整形外科では股関節疾患に対し、小児から成人まで小児・股関節グループが一貫して診療を行っています。主な治療疾患は変形性股関節症、大腿骨頭壊死です。特徴は一つの手術法、人工関節機種に固執することなく、各症例の股関節に最適と考えられる手術法を提案し施行しております。臨床研究では低侵襲手術(MIS)の器械開発およびインプラント開発、ナビゲーションシステムの臨床応用を行っています。院内骨バンクで保存された同種骨を併用して各種再置換術も行っています。


大腿骨頭壊死に対する骨頭回転骨切り術 臼蓋形成不全に対する寛骨臼移動術
各症例に応じてアプローチや使用インプラントを選択して全人工股関節置換術を施行
人工股関節置換術はほぼ全例でナビゲーションを使用 当科で骨切り後人工関節術後32年 同種骨を用いた再置換術