研修案内

後期研修プログラム

 岡山大学病院では日本整形外科学会の研修施設の認定を受けており、整形外科専門医として必要な研修を行えるように後期研修のプログラムも存在しています。大学病院は整形外科各分野、各種の重要な症例が豊富です。今から整形外科トレーニングを行いたい方や、さらに多くの症例を経験したい整形外科医師を募集しています。希望によっては岡山大学基幹関連病院での研修も可能です。
 特に、人工関節を中心とした関節外科、脊椎脊髄外科、手の外科、リウマチ外科、腫瘍外科、関節鏡視下手術の経験ができるスポーツ外科、運動器リハビリテーションなどの専門医を目指す整形外科医師を募集しています。すでに整形外科の専門医の資格を持っている方も大学病院や基幹関連病院整形外科のスタッフとして厚遇いたします。また、非常勤勤務を希望される整形外科医師の方もお問い合わせください。女性医師の方も遠慮されずにご連絡ください。
 岡山大学整形外科や基幹関連病院で勤務を希望される方はぜひ一度見学においで下さい。

研修プログラムについて

◎後期研修について

岡山大学病院での後期研修期間は4年間です。日本整形外科学会の教育プログラムに準じて研修を行い、4年間で整形外科認定医として必要な臨床経験、知識、技術を修得します。また、臨床スペシャリストコース大学院生としても研修可能となっており(4年経過時に博士号も取得できるためメリット大)、必要に応じて基幹関連病院とも連携しながら、施設を移動しての研修も可能です。また興味のある専門分野がはっきりしている場合はそれを中心に研修していただきます。年次別プログラムは次の通りとなっております。

  1. 整形外科1年次
     入院患者を約10名担当し、主治医の指導のもと、その疾患の診断・検査・手術を学んでいきます。外傷・手、脊椎、小児・股関節、リウマチ関節、膝、スポーツ、腫瘍を2カ月おきにローテートして整形外科全般の基本的知識と対応方法を研修します。整形外科外来は週1回、指導医のサポートを行います。スタッフの指導のもと緊急処置・手術などを学びます。
     学術面では地方の研究会や学会に数回発表していただき、症例報告論文を1編完成できるよう指導します。
    [目標]
     基本診察法、基本検査、画像診断、診療記録記載などの習熟。入院患者リハビリテーション、患者の術前術後管理などの研修。脊椎、脊髄、四肢関節などの機能解剖と運動器疾患の病態の理解。緊急処置と保存的治療(ギプス固定、牽引療法)の習熟。
  2. 整形外科2年次
     入院患者を約10名を指導医とともに担当し、整形外科外来は週2回、一般外来再診患者や専門分野を中心に診療します。救急疾患及び一般的な慢性疾患に対し、主治医の指導のもと手術など実施します。
     学術面では国内の大規模学会などに数回発表していただき、研究論文を1編は完成できるよう指導します。
    [目標]
     一般的な整形外科疾患の診断と診療計画の確立。医療の社会的側面と社会保障制度の理解。
    リハビリテーションの正確な処方と実施。外科的手技の習熟(骨折手術、神経・腱の手術など)。
  3. 整形外科3年次
     入院患者を約10名を主治医として担当し、整形外科外来は週2回、外来初診及び再診患者を診療します。一般的な慢性疾患に対し、主治医の指導のもと手術などを実施します。
     学術面では国内の大規模学会や国際学会などに数回発表していただき、国内外の他施設の視察なども行い、臨床的な知識を深めます。
    [目標]
     整形外科疾患の正確な診断と診療計画の確立。患者の主訴、希望に対しての適切な対処。装具療法の習熟。外科的手技の習熟(脊椎脊髄疾患、関節形成術、血管手術、複雑な骨折手術)。
  4. 整形外科4年次
     入院患者を約10名を主治医として責任を持って担当し、整形外科外来は週2回、外来初診及び再診患者を診療します。専門医の指導のもと慢性疾患の手術を実施していただきます。希望する整形外科専門分野での研修を受けます。
     学術面では国内の大きな学会や国際学会などに数回発表し、博士論文となるような臨床的な研究論文を1編完成できるよう指導します。また今後の勤務について検討していきます。特に、国内留学1-2年、外国留学1-2年については早めにプランをたてて実現に向けてスタッフが協力します。
    [目標]
     整形外科疾患の正確な診断と診療計画の確立。特殊病態に対する理解と対処。患者側からの十分な信頼を得る事。専門分野での研修。外科的手技の習熟(脊椎脊髄疾患、関節形成術、血管手術、複雑な骨折手術など)。

研修中に執刀する疾患及び手術の大略

  1. 整形外科1年次
    新鮮創傷処置、骨折手術(一般的なもの)、筋腱靱帯手術、各種手術のサポート
  2. 整形外科2年次
    骨折手術(比較的複雑なもの)、関節手術(関節鏡視下手術を含む)、四肢切断術、神経・腱の手術、脊椎手術(椎弓切除術)、良性腫瘍手術、各種手術のサポート
  3. 整形外科3年次
    骨折手術(複雑なもの)、関節形成術(人工関節手術を含む)、脊椎手術(後方固定術)
  4. 整形外科4年次
    骨折手術(複雑なもの)、関節形成術(骨切り術を含む)、四肢長調節手術、脊椎手術(前方固定、微少侵襲手術)