研修案内

留学生からのコメント

平成21年度入局 中道亮先生


サンディエゴ留学報告

写真  2019年2月よりサンディエゴのThe Scripps Research Institute(スクリプス研究所)に留学させていただいております。スクリプス研究所はこれまでに計4人のノーベル賞学者を輩出しており、イギリスの学術雑誌ネイチャーが2017年に行った世界の研究機関がどれだけ特許に影響する研究成果をあげたかのランク付けでは世界1位を獲得している名門研究所です。

 私の所属している研究室はMolecular and Experimental Medicine(MEM) のProf. Martin LotzのArthritis Research研究室の中にあるAsaharaグループです。Martinラボはフレッシュカダバーの膝関節を長年研究して軟骨のデータをライブラリー化しているラボで変形性関節症の基礎研究で世界をリードしています。ラボのメンバーは教授のMartinを筆頭に研究員が2人、ポスドクは6人(うち2人はAsaharaグループ)、テクニシャンがパートを含めて4人です。国籍はアメリカ以外にドイツ、スペイン、中国、日本と多国籍です。就業時間はだいたい9時から17時です。テクニシャンは定時で帰りますが、ポスドクは夜遅くまで実験をしたり、データをまとめたりしています。

 ラボ全体のミーティングは毎週水曜日朝8時半からで、担当者一人がプログレス報告をします。1か月半から2か月に一度ほど回ってきますが、プレゼン30分とディスカッションなので準備が結構大変です。土日は実験を入れない限り休めるので好きなことができます。

 私は主にマウスやラットといった動物をモデルに腱、靭帯、軟骨、筋肉と筋骨格系組織を網羅的に研究させていただいておりますが、そのほかにも豊富なヒトサンプルを使った研究が多数行われており、それら研究を一緒にさせていただけることは私にとって大変貴重な経験になっています。また、近隣の研究所(スクリプス研究所の周りにはソーク研究所、バーナム研究所、カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)や企業の研究施設が集結している)との交流も盛んで、UCSDやソーク研究所で行われるセミナーや講演の案内がメールで回ってくるため、興味深いものがあれば気軽に参加することができるし、共同研究や実験手法を学びに行くことも可能で研究生活をする上で最高の環境です。

写真 サンディエゴは、年間を通してほとんど雨が降らず、日中は夏で30℃まで上がりますがカラッとしているため日本のような蒸し暑さはなく、冬でも18℃程度という温暖な気候です。太平洋に面しているためサーフィンやボディボードといったマリンスポーツが盛んで、またゴルフ、サイクリングなどのメッカでもあります。またアジアやヒスパニック、日本など色々な国をベースとした人も多く暮らしており、人も暖かいのが特徴です。

 サンディエゴの風土、研究環境は最高です。日本人にとってアメリカ留学の壁は英語、食事ですがサンディエゴでは心配ありません。基礎研究を海外でやってみたいという研修医や大学院生の先生にはサンディエゴをお勧めします。