岡山大学ホームページへ

Mechanomedicine:


Renovate Medicine with Mechanobiology

 

Mechanical stress underlies most aspects of cell and organismal biology. Mechanomedicine is a field of biology that seeks to understand molecular, cellular, tissue, organ, and individual responses to mechanical stimuli and aims to apply the gained knowledge to improve health. Combining biology and engineering, we explore research areas including mechanosensitive ion channels, heart failure, and regenerative medicine.

 

Our interests: Mechanobiology, Regenerative medicine, Heart failure, Arrhythmia, Cellular and molecular biology, Electrophysiology, Computer simulation

 

 

概 要 About Us

メカノメディスン Mechanomedicine

様々橡細胞・組織・器官にはメカニカルストレスが負荷され、適切に反応しています。それらを分子レベルから個体レベルでメカニズムを解明する学問体系がメカノバイオロジーです。様々な疾患もメカノバイオロジーを切りロに再考してみるとメカニカルストレスとの密接な関係が明らかになり治療に結びつけることが可能となります。当講座の伝統である循環生理学とメカノバイオロジーを絡めた心不全・不整脈・高血圧症の研究、ストレッチ培養システムと白己集合化ペプチドをスキャフォールドとした再生医療研究、微小流路(マイクロチャネル精子分離チップ・人工卵管(メカニカル刺激負荷受精卵培養装置)を利用した生殖医療研究などを基軸として研究を進めています。

様々なテクノロジー Technologies

メカノメディスン研究は従来のテクノロジーだけでは不可能です。分子生物学、ノックアウトマウス作製から工学的手法まで幅広い医工融合を積極的に進めています。

このページのTOPへ