受験生の方

ホーム > 受験生の方 > 医学部長メッセージ

ごあいさつ

 岡山大学医学部には医学科と保健学科があり、保健学科には看護学専攻、放射線技術科学専攻および検査技術科学専攻があります。それぞれ、医師、看護師・保健師、診療放射線技師、臨床検査技師として、未来の医学と医療をリードして担う医療人を育成しています。また、大学院としては医歯薬学総合研究科と保健学研究科があり、将来の教育研究スタッフへの道が開かれています。

 本医学部は、「あなたのそばに先進医療」を原点理念として、患者の側に立った全人的医療を推進することをモットーにしています。その基盤は、140年以上にわたり輩出してきた医師1万1千人以上をはじめ多くの医療スタッフとその活躍に裏付けられた中四国地区から近畿地区西部にかけての関連病院にあることはいうまでもありません。地域に支えられ、かつ地域に貢献する医学部です。

医学部長

医学部長
大塚 愛二

 医学科の起源は、明治3年(1870年)の岡山藩医学館に始まります。平成32年(2020年)には、150周年を迎えようとしています。私たちは、この節目の2020年までの10年間を医学部10年ルネッサンスとして、教育・研究・診療・社会貢献のすべての活動をさらに高みに向けて発展させるべく努力しています。すでに平成25年に岡山大学病院は臨床研究中核病院に選定され、翌26年には岡山大学は医歯薬学総合研究科を主体として橋渡し研究加速ネットワークプログラムの実施機関として選定され、臨床に直結する研究を推進する拠点として展開しつつあります。医学教育は、60分・クオーター制や診療参加型臨床実習の拡充など国際水準に適った教育カリキュラムへの改革を推進しています。学部教育から大学院教育と初期研修へのシームレスな接続をARTプログラムで実現しています。
 保健学科の起源は、直接には大正11年(1922年)の岡山医科大学附属医院産婆看護婦養成科にさかのぼることができます。多職種学生が合同で行うチーム医療演習に特徴づけられる横断的カリキュラムの展開と、十分に時間をかけて指導される卒業研究に見られる研究マインドの育成に注力して、チーム医療に欠かすことのできない看護学・放射線技術科学・検査技術科学の分野の医療人を養成しています。
このような歴史と伝統をもつ岡山大学医学部において、現在の教職員と学生が日々の歩みにより新たな実績を積み上げ、新しい歴史と伝統を築いています。私たちの活動状況につきましては、ホームページやオープンキャンパスなどの説明会を通じてお知らせしていきます。医学・医療に関心を持っておられる皆さんの入学を心待ちにしております。そして、私たちと共通の目標に向かって新たな一歩を共に踏み出していただきたいと思います。

【医学科教育の特徴】

 先進的で系統的な教育プログラムを用意しています。入学直後から5~6人のグループで議論と思考を重ねて問題探求するテュートリアルがあります。また、臨床医学のエッセンスを紹介する臨床医学入門、医療介護施設での実体験があります。医学英語では、専門領域での実践的な英語力を伸ばします。その後基礎医学で生命科学の先端を系統的に学び、基礎病態演習においては自主的学習態度が醸成されます。3年次には、「医学研究インターンシップ」があります。これは、3ヶ月間、学内外、海外の大学で研究に従事するプログラムです。毎年、20名前後の学生が海外へ出かけていきます。4年次から臨床講義が始まり、5年次からは臨床実習が開始されます。臨床実習時間は全国大学でも有数の時間数となっています。6年次後半の卒業試験後国家試験を迎えることになります。
 最近「先進医学修練プログラム(ARTプログラム)」も導入しました。これは学部学生の時代から大学院講義を履修でき、卒業後大学院の早期修了を可能にするプログラムです。卒業後、岡山大学病院での研修プログラムに加え、大学病院と関連研修指定病院とによる病院群を構成し、より多彩なプログラムを提供しています。
 また、大学院の充実に努めており、一般コースの他に、臨床専門医養成コース、がんプロフェッショナルコース、高齢者・在宅・緩和医療プロフェッショナルコース、国際臨床研究コースが設けられ、各学生の自由なキャリア設計に基づく幅広い選択が可能となっています。

【保健学科教育の特徴】

 保健学科では、生命への畏敬と探求心をもち、医療保健活動、教育研究を通して常に自己を磨いて人間の健康と幸福に貢献する有能な人材を養成します。学部教育では、保健学科の他専攻の学生や医師、歯科医師、薬剤師になる学生と相互理解を深めるためにチーム医療演習、チーム医療論を開講しています。解剖実習を実際に施行している大学は全国的にも稀です。このような教育システムの結果、医療人としての感性、広い視野と独創性、科学的思考性と問題解決力の向上に資する基礎能力を養います。
 看護学専攻では、人間尊重とヘルスプロモーションの精神を活かし、講義・演習・実習のカリキュラム編成や実施に当たって多くの工夫を凝らしています。学生の意見もとり入れ、よりよい学習環境を作るよう努力しています。放射線技術科学専攻では、医学・理学・工学の基礎学問の修得、最新の放射線機器の操作を含む幅広い実践的技術と応用力の獲得、医療人としてのモラルの向上を教育理念としています。検査技術科学専攻では、幅広い基礎知識と応用能力、たゆみない探究心と医療人にふさわしい人間性を育てて、科学の成果をいち早く医療に生かすことを目指しています。
 さらに学問的追究心が高まった場合には保健学研究科が開設されており、熱心な研究指導のもとで、修士号、さらに博士号の取得の機会が選択できます。