TEL: 
086-235-7365
〒700-8558
岡山県岡山市北区鹿田町2-5-1

阿部式BPSDスコア (Abe's BPSD Score = ABS)

現代日本に適した新しいBPSDスコアとして、阿部式BPSDスコア(Abe's BPSD Score = ABS)(クリックしていただけると、ファイルが開きます)を開発しました。
 本スコアはpatent freeですので、日常診療でご自由にご活用頂ければ幸いです。
 本スコアの冊子送付をご希望される場合は、岡山大学神経内科医局までご連絡ください。
(〒700-8558 岡山市北区鹿田町2-5-1 電話086-235-7365、FAX086-235-7368)
もし本スコアを用いて学会発表や論文発表をされる場合は、以下の論文を引用して頂きますとなお幸いです。
Abe K, Yamashita T, Hishikawa N, Ohta Y, Deguchi K, Sato K, Matsuzono K, Nakano Y, Ikeda Y, Wakutani Y, Takao Y. A new simple score (ABS) for assessing behavioral and psychological symptoms of dementia. J Neurol Sci. (2015) 350:14-17.




阿部式BPSDスコア (ABS)とは

従来介護者による認知症患者の精神症状の評価として、Neuropsychiatric Inventory(NPI)が使用されていました。
 新たに開発された阿部式BPSDスコア(ABS)(図1)は、 NPIスコアとよく関連し(図2)、高齢化によるMMSEスコア低下と関連してスコア増加(BPSD悪化)を認め(図3)、BPSDスコアとして信頼できます。
 そのうえ、NPIスコアよりも短時間で評価可能であり(図4)、介護者による信頼性は保たれます(図5)。
 以上より、阿部式BPSDスコア(ABS)は、忙しい日常診療に適したBPSDスコアですので、日々の診療に是非ともご活用ください。