ニュース

ホーム > ニュース > 本学医学部生が活躍 日本医学教育学会大会ポスター発表など

本学医学部生が活躍 日本医学教育学会大会ポスター発表など

 本学医学部6年山下大輔さんが、「第46回日本医学教育学会大会」(7月18日、19日、和歌山県)でクリニカル・クラークシップ(参加型臨床実習、以下クリクラ)に関するポスター発表を行い、「学生セッション優秀演題賞」を受賞しました。
 山下さんは「5年生から4年生へのクリニカル・クラークシップにおける岡山大学での態度教育の取り組み」について発表。クリクラでの学生、指導医、患者の思いをアンケート調査し、コミュニケーションの重要性を明らかにしました。この結果を踏まえ、4年生にどのような姿勢でクリクラに望めば良いかについて、実習前の実技入門で5年生企画の授業を行ったことなどを紹介しました。
 翌日行われた「第一回メディカルシミュレーションオリンピック(シムリンピック)2014」には、本学医学部6年平岡伸也さんら3人が参加。6種類の模擬医療現場で、診察技術などを競い合いました。全国11大学12チーム(1チーム3人)中、個別競技の救急蘇生部門で第1位を獲得。総合成績は4位と、惜しくもメダルを逃したものの健闘しました。学生たちは「チームワークが良く、それぞれの競技を楽しみながらすることができた」と話していました。

【本件問い合わせ先】
医療教育統合開発センター助教 三好智子
TEL:086-235-7877

(14.08.11)


学生セッション優秀演題賞を受賞した山下さん


シムリンピックにチームで出場した平岡さん