ニュース

ホーム > ニュース > 西村義人さんが世界パワーリフティング選手権大会で準優勝

西村義人さんが世界パワーリフティング選手権大会で準優勝

 11月3~8日、アメリカで開催された「第44回世界パワーリフティング大会」に医学部6年の西村義人(24歳)さんが参加し、66kg級で準優勝しました。
 パワーリフティングは、スクワット・ベンチプレス・デッドリフトの3種目の成功重量のトータルを競う競技。西村さんは、それぞれ290kg、195kg、270kgの重量に成功し、トータル755kgで日本記録を達成しました。同大会で日本人が2位入賞するのは歴代4人目、西村さんは最年少です。昨年はジュニア大会で優勝しており、「シニア大会でも世界一を目指して挑戦し続けたい」と話しています。

【本件問い合わせ先】
岡山大学体育会ウェイトトレーニング部
TEL:086-255-5889

(14.11.13)


66kg級で準優勝した西村さん(左)


290kgに成功(スクワット)


195kgに成功(ベンチプレス)


270kgに成功(デッドリフト)