トピックス

ホーム > トピックス > オーストラリア大使講演会開催

オーストラリア大使講演会開催

5月28日(水)、岡山大学国際センターと岡山コヤマダ国際協会の共催により、オーストラリア大使講演会を開催しました。講演会は、学内外から200人以上の参加者が集まり、大使の講演終了後は活発な質疑応答が行われました。
講演会当日は、岡山大学でインターンシップ中の岡山県立岡山操山中学校の4人の生徒さんが、受付や場内誘導を担当したほか、このウェブサイトの原稿も執筆してくれましたので、原文のとおり掲載します。
岡山操山中学校の皆さん、ありがとうございました。



5月28日、岡山大学国際センター及び岡山コヤマダ国際協会主催、オーストラリア大使ブルース・ミラー氏による講演会を岡山大学鹿田キャンパス内Junko Fukutake Hallにて行いました。
この講演会で、ミラー大使に「現在の日豪関係と展望」について、人的交流を中心に話していただきました。オーストラリアは、OECDの調査によると、世界で最も幸せな国に3年連続認定されているというお話がありました。ミラー大使は、10年以上もの間、日本に在住されており、講演会でも流ちょうな日本語でジェスチャーをまじえて語ってくださいました。特に日豪関係について、姉妹校、協定校の数などをふまえて、分かりやすく説明してくださいました。
今回の講演会では、現在の両国の関係の重要性について考えるきっかけとなりました。近年、オーストラリアは積極的に留学生を送り出しており、日本とも、今後、より深いつながりで連携することが期待されます。
(操山中学校 職場体験実習生/木村梨里子・平木桃子)