外国人留学生の皆様へ

ホーム > 外国人留学生の皆様へ > 岡山大学の概要

岡山大学の概要

岡山大学の概要

 1949年に設立された岡山大学は全国でも有数の広大なキャンパス(2,062,819m2)を有した国立大学です。現在は,11学部,7大学院,1附置研究所,1附属図書館2分室(館),1全国共同利用施設を有し,中国・四国地区の拠点大学として躍進しています。
学生数は2014年5月現在で学部生10,196名,大学院生2,919名であり,うち留学生は38か国から461名が各学部及び研究科で学んでいます。
キャンパスは概ね6つ(津島キャンパス,鹿田キャンパス,東山キャンパス,平井キャンパス,倉敷キャンパス,三朝キャンパス)に分けられます。
9学部・6大学院等を有する津島キャンパスは岡山駅の北2.5kmに位置し,2学部・1大学院・1病院を有する鹿田キャンパスは岡山駅の南2kmに位置しています。
倉敷キャンパスは倉敷市美観地区の近くに資源植物科学研究所を有しています。
※交通案内キャンパスマップ

岡山市について

 岡山市は岡山県の県庁所在地であり,中国・四国地域の教育及び文化の中心です。 人口は約70万人で,市内には日本三大名園の後楽園,岡山城等多くの歴史的な文化財や観光地があります。 気候は1年を通じて温暖で,瀬戸内海特有の風土により,春夏は快晴の日が多く,冬は中国山地により厳しい季節風が遮られるため積雪を見ることは稀です。 台風の影響も比較的少なく,非常に恵まれた気候です。 岡山へのアクセスは,東京から新幹線「のぞみ号」で約3時間,「ひかり」号で約4時間,新大阪から「のぞみ号」で約40分,「ひかり号」で約1時間です。また,本州と四国を結ぶ瀬戸大橋により,岡山から瀬戸大橋線「マリンライナー号」で香川県高松市まで約1時間で行けます。 岡山からの国内航空便は,東京・札幌・那覇,国際便はソウル(韓国)・上海(中国)を結んでいます。