外国人留学生の皆様へ

ホーム > 外国人留学生の皆様へ > 交換留学プログラム

海外の大学との学生交流協定に基づく交換留学制度による受入れ

 岡山大学では,本学と学生交流協定を締結した大学(以下「協定校」という。)に在籍する学生を,1年以内の期間で本学に受入れ,研究指導を受けたり,授業の聴講ができる交換留学制度があります。協定で「授業料相互不徴収」を定めていれば,岡山大学での授業料は免除されます。
 また,交換留学生の本学での在籍身分は,目的により以下の種類に分けられます。
  特別聴講学生:授業の聴講を目的とする者
  特別研究学生:研究指導を受けることを目的とする者

  (参考)協定校一覧(大学間協定部局間協定

受入れ時期

 特別聴講学生の場合:4月及び10月,又は集中講義開講時期
 特別研究学生の場合:随時

受入期間

 1年以内

交換留学生の出願資格

 協定校から推薦され,留学期間中を通して協定校に在籍している者

交換留学生が受講可能な授業科目

 受入を希望する学部・研究科が開講する科目の中から選択することになりますが,各授業担当教員の受講許可が必要です。ほとんどの授業は日本語で行われるため,日本語能力が十分でない場合は,希望する科目を受講できないこともあります。また,履修制限のある科目,実習実験科目等は,交換留学生が受講できない場合もあります。
 なお,交換留学生で「日本語」の学習を希望する場合は,言語教育センターの「全学日本語コース」を受講することができます。また,学部の交換留学生のために日本文化を紹介・体験する科目「日本事情」もあります。

申請方法

 在籍する大学の窓口を通して申込みをしてください。

 → 英語による交換留学プログラム(EPOK)についてはこちらをご覧ください。